81件中 31 - 40件表示
  • ヴァージン・ギャラクティック

    ヴァージン・ギャラクティックから見た宇宙旅行宇宙旅行

    ヴァージン・ギャラクティック () は、ヴァージン・グループ会長のリチャード・ブランソンが設立した宇宙旅行ビジネスを行う会社である。ヴァージン・ギャラクティック フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=ピエール・エニュレ

    ジャン=ピエール・エニュレから見た宇宙旅行宇宙旅行

    欧州宇宙機関での仕事の他に、エニュレはAlain Dupas及びLaurent Gathierと共同で設立した宇宙旅行を取り扱うAstronaute Club Européenの仕事も行っている。ジャン=ピエール・エニュレ フレッシュアイペディアより)

  • ギー・ラリベルテ

    ギー・ラリベルテから見た宇宙旅行者宇宙旅行

    2009年には世界で7人目の宇宙旅行者としてソユーズTMA-16に搭乗し国際宇宙ステーションに滞在した。宇宙では地球の水資源の大切さを訴える放送を行い、ソユーズTMA-14で地球に帰還の際には道化師が使用する「赤鼻」を付けるなどのパフォーマンスを行なった。ギー・ラリベルテ フレッシュアイペディアより)

  • 弾道飛行

    弾道飛行から見た宇宙旅行宇宙旅行

    宇宙飛行という観点から見ると、弾道飛行は宇宙空間に到達でき、かつ必要な速度は抑えられるため、最初の目標とされてきた。1961年、アメリカ初の有人宇宙飛行を実現したマーキュリー計画も、当初は16分間の弾道飛行であった。また、2004年に民間企業による宇宙船として初めて有人宇宙飛行を実現したスペースシップワンも、高度100km、マッハ3の弾道飛行であった。2010年現在、カーマン・ラインを超える弾道飛行は宇宙旅行の対象となっている。弾道飛行 フレッシュアイペディアより)

  • STS-41

    STS-41から見た宇宙旅行者宇宙旅行

    ユリシーズが太陽への途上にある間、STS-41の乗組員は、野心的なスケジュールで科学実験を行った。ケネディ宇宙センターとニューヨーク州立大学ストーニーブルック校の実験で、顕花植物のサンプルがCHROMEX-2で育てられた。1989年3月に行われた以前の同様な実験では、根端分裂組織の染色体の損傷が確認されていた。ディスカバリーで宇宙に運ばれた植物の分析により、根の細胞のどのような遺伝物質が微重力に反応するか決定され、ここで得られた情報は、計画されていたフリーダム宇宙ステーションの滞在研究者等の将来的な長期間の宇宙旅行者のために役立てられ、また地上での集約農業に寄与することが期待された。STS-41 フレッシュアイペディアより)

  • エクスカリバー・アルマース

    エクスカリバー・アルマースから見た宇宙旅行宇宙旅行

    エクスカリバー・アルマース()は民間宇宙飛行企業であり、近代化したTKS宇宙船とアルマース宇宙ステーションを利用しての有人宇宙飛行を計画している。これらの宇宙機は、かつて非公表であったソビエトの宇宙計画を基にしている。サービス(ミッション)としては、軌道宇宙旅行と下における実験のためのテストベッドが提供される見通しで、2012年ないし13年に初飛行を予定している。エクスカリバー・アルマース フレッシュアイペディアより)

  • エレクトロン (ISS)

    エレクトロン (ISS)から見た宇宙旅行宇宙旅行

    2006年9月18日 : 調子の悪いエレクトロン・ユニットから発生した煙により、NASAのフライトエンジニアが「宇宙船緊急事態」を宣言。焦げ臭いにおいから、別のエレクトロンの火災が疑われたが、そのユニットは「非常に熱い」だけであった。無臭で腐食性がある水酸化カリウムが漏れ出し、ISSクルーはやむを得ず手袋とフェイス・マスクを装着した。ゴム製の密封シールが過熱したために、異臭が発生したものと推測されている。事件が起きたのは、スペースシャトル・アトランティスが分離した直後、補給ミッション(宇宙旅行者のアニューシャ・アンサリが搭乗)が到着する直前である。2006年10月のプログレス補給船で新しい弁とケーブルが届けられ、2006年11月にようやくエレクトロンは復旧した。エレクトロン (ISS) フレッシュアイペディアより)

  • ユーリ・ロンチャコフ

    ユーリ・ロンチャコフから見た宇宙旅行者宇宙旅行

    ロンチャコフは、当初第19次長期滞在のフライトエンジニアに選ばれたが、サリザン・シャリポフが外れたのに伴って、第18次長期滞在にスライドした。ロンチャコフは機長のマイケル・フィンケと宇宙旅行者のリチャード・ギャリオットとともに2008年10月12日7:01 UTCにソユーズTMA-13で打ち上げられた。リチャード・ギャリオットの搭乗中、ロンチャコフはマイケル・フィンケ、グレゴリー・シャミトフ、リチャード・ギャリオットとともに、史上初の宇宙で撮影したSF映画であるApogee of Fearの撮影を行った。ロンチャコフは2009年4月8日に地球に帰還した。ユーリ・ロンチャコフ フレッシュアイペディアより)

  • 二段式宇宙輸送機

    二段式宇宙輸送機から見た宇宙旅行宇宙旅行

    まず、HOPE-Xを大型化したような機体にロケットエンジンと推進剤を搭載したものを開発する。この機体はNASDAのロケットプレーンに類似しているが、ロケットプレーン検討時に判明したとおり軌道速度に達しないため、衛星軌道に乗らずそのまま大気圏に再突入して、滑走路に着陸する。この機体は技術実験機というだけでなく、使い捨てロケットを搭載して衛星を打ち上げることや、準軌道宇宙観光などに使用できるとしている。二段式宇宙輸送機 フレッシュアイペディアより)

  • リード・リチャーズ

    リード・リチャーズから見た宇宙旅行宇宙旅行

    彼の強さは肉体的な力より、精神の力に由来する部分が多い。実際彼はスパイダーマンに対して、彼の知能に比べて彼の伸縮能力は消耗的であると考えていると述べている。 リード・リチャーズは観念的な理論家であり、機械工学のひらめきを有する職人であり、スペーストラベルやタイムトラベル、異次元トラベル、生化学、ロボティックス、コンピュータ、高分子合成、コミュニケーション、ミューテーション(突然変異)、トランスポーテーション、ホログラフ、エネルギー生成、スペクトル分析など多くの分野で技術的ブレークスルーをもたらしている。さらに数学、物理学、工学の博士号を持っていて、しばしばステファン・ホーキングの研究の改訂や異星人の言語の解読などで知られている。彼は地球上の科学的コミュニティの多くから、地球上で最も強力な知能の持ち主と見なされており、それはドクター・ドゥームをしばしば苛立たせる。リードは実質的に地球上のあらゆる科学における天才であるだけではなく、既知宇宙に存在する高度に発達した異星文明のいくつかの中でも有数の知性の持ち主である。リードの所有する特許は貴重なものであり、株式会社ファンタスティック・フォーの資金源となっており、彼らを無用な経済的ストレスから解放している。幾人かのライターが採用した設定では、リードの知能は伸縮可能な能力を与えた宇宙線により拡張されたものとしており、能力が無効化された時には同時に高度な知能も失われている(この時にはドクター・ドゥームについていくのがやっとになっていた)。自ら「エラスティック・コンシャスネス」と呼ぶ能力のおかげでマインドコントロールが通用することは滅多になく、仮に通用したとしても普通の人間の場合よりすぐに効果が切れる。リード・リチャーズ フレッシュアイペディアより)

81件中 31 - 40件表示

「宇宙旅行」のニューストピックワード