100件中 31 - 40件表示
  • クリーペル

    クリーペルから見た宇宙旅行宇宙旅行

    開発の主な目的は、再使用型宇宙船の手法を取り入れ有人宇宙飛行のコストを減らす、宇宙旅行の準備時間を短くするとともに受ける加速度を減らす、そして古くなったソユーズカプセルのデザインを更新することだと見られている。クリーペル フレッシュアイペディアより)

  • 有人宇宙飛行

    有人宇宙飛行から見た宇宙旅行宇宙旅行

    有人宇宙飛行(ゆうじんうちゅうひこう)とは、宇宙船に人が乗り、宇宙を飛行することである。宇宙飛行を行うために特に訓練された者を宇宙飛行士と呼び、そうでない者が宇宙飛行を行う場合、特に宇宙旅行と呼ぶ。有人宇宙飛行 フレッシュアイペディアより)

  • DX人生ゲームII

    DX人生ゲームIIから見た宇宙旅行宇宙旅行

    四季マップで登場。宇宙旅行をテーマとしたマップ。DX人生ゲームII フレッシュアイペディアより)

  • ふじ (宇宙船)

    ふじ (宇宙船)から見た宇宙旅行宇宙旅行

    ミニマムシステムを元に、宇宙旅行向けに低コスト化を図った構成。ふじ (宇宙船) フレッシュアイペディアより)

  • 小野裕史

    小野裕史から見た宇宙旅行宇宙旅行

    宇宙への夢を実現すべく、ヴァージン・ギャラクティック社の宇宙旅行に申込済みで、432番目のシートを持つ。小野裕史 フレッシュアイペディアより)

  • ファルカシュ・ベルタラン

    ファルカシュ・ベルタランから見た宇宙旅行者宇宙旅行

    ファルカシュ・ベルタラン(Farkas Bertalan、1949年8月2日 - )は初のハンガリー人宇宙飛行士で、宇宙に行った初のエスペランティストでもある。現在はAirlines Service and Tradeの会長。チャールズ・シモニーによって宇宙に行った唯一のハンガリー人ではなくなったが、シモニーは宇宙旅行者だったので、ファルカシュは2010年現在もハンガリー人唯一の宇宙飛行士である。ファルカシュ・ベルタラン フレッシュアイペディアより)

  • SF映画

    SF映画から見た宇宙旅行宇宙旅行

    SF映画(エスエフえいが)は、SF(サイエンス・フィクション)をモチーフにした映画。宇宙人の襲来、宇宙旅行、宇宙戦争、海底探検、タイムマシンなどの題材がよく扱われる。SF映画 フレッシュアイペディアより)

  • 第12次長期滞在

    第12次長期滞在から見た宇宙旅行者宇宙旅行

    アメリカ人実業家のグレゴリー・オルセンは、3人目の宇宙旅行者としてソユーズTMA-7でISSを訪れ、第11次長期滞在の乗組員とともに2005年10月11日にソユーズTMA-6で帰還した。第12次長期滞在 フレッシュアイペディアより)

  • ルネ・バルジャベル

    ルネ・バルジャベルから見た宇宙旅行宇宙旅行

    上記2作品は、後の時代になってバルジャベル最初の長編サイエンス・フィクションだと呼ばれるようになった。発表当時だと英語からの借用語「サイエンス・フィクション」の語はフランスでは使われておらず、人はこのジャンルをヴェルヌ、J・H・ロニー、アルベール・ロビダの時代と同様に、「科学的ロマンス」? roman scientifique ?、「驚異の旅」? roman extraordinaire ?、ないし「予言小説」? roman d'anticipation ?と呼称した。この2作品はフランス本土で出版され、英語圏でも翻訳が刊行された(1971年には日本語訳も出版された)。バルジャベルの作品にはベムも、狂ったロボットも、宇宙旅行もミュータントも登場しない。しかし世界的大災害、世界の終末、時間旅行、未開時代への退行、など1950年代的なアイディアが温められている。ルネ・バルジャベル フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・キバリチチ

    ニコライ・キバリチチから見た宇宙旅行宇宙旅行

    逮捕され、処刑されるまでの17日間に、キバリチチは、火薬を連続的に爆発させることによって推力を得て飛行する構想のメモを残した。このメモは拘置所当局に渡され、キバリチチはこのメモを専門家に渡して検討してもらうことを望んだが、このメモが世にでたのは革命後で、1917年にニコライ・リーニン(Nikolai Rynin)が発見し、1918年に、雑誌『ブィロエ』に掲載された。宇宙旅行のパイオニアの1人と評価された。ニコライ・キバリチチ フレッシュアイペディアより)

100件中 31 - 40件表示

「宇宙旅行」のニューストピックワード