100件中 41 - 50件表示
  • ユーリ・ロンチャコフ

    ユーリ・ロンチャコフから見た宇宙旅行者宇宙旅行

    ロンチャコフは、当初第19次長期滞在のフライトエンジニアに選ばれたが、サリザン・シャリポフが外れたのに伴って、第18次長期滞在にスライドした。ロンチャコフは機長のマイケル・フィンクと宇宙旅行者のリチャード・ギャリオットとともに2008年10月12日7:01 UTCにソユーズTMA-13で打ち上げられた。リチャード・ギャリオットの搭乗中、ロンチャコフはマイケル・フィンク、グレゴリー・シャミトフ、リチャード・ギャリオットとともに、史上初の宇宙で撮影したSF映画であるApogee of Fearの撮影を行った。ロンチャコフは2009年4月8日に地球に帰還した。ユーリ・ロンチャコフ フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙旅行協会

    宇宙旅行協会から見た宇宙旅行宇宙旅行

    1923年6月にヘルマン・オーベルトの『惑星空間へのロケット』()が出版されてから、宇宙旅行とロケット工学はドイツで人気を得ていた。オーベルトは1929年に『宇宙旅行への道』()という加筆本を発表している。宇宙旅行協会 フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・アレクサンドロヴィチ・ヴォルコフ

    セルゲイ・アレクサンドロヴィチ・ヴォルコフから見た宇宙旅行者宇宙旅行

    彼は2008年10月24日に、宇宙旅行者のリチャード・ギャリオットと一緒に地球に帰還した。ギャリオットは宇宙飛行士オーウェン・ギャリオットの息子でアメリカ合衆国で初めて親子で宇宙を訪れた人物だったため、米露の二世が一緒に帰還することになった。セルゲイ・アレクサンドロヴィチ・ヴォルコフ フレッシュアイペディアより)

  • ヴァージン・オービット

    ヴァージン・オービットから見た宇宙旅行宇宙旅行

    宇宙旅行のヴァージン・ギャラクティックから分社して設立された。当初は空中発射ロケットであるLauncherOneの母機としてスペースシップツーから発射する予定だったが、市場の要求では大きい衛星の方が需要があるので、それに対応するためヴァージン・アトランティック航空の引退したボーイング747-400を改造してエンジン運搬用の第5パイロンに懸架して打ち上げる予定になった。ヴァージン・オービット フレッシュアイペディアより)

  • コンスタンチン・ツィオルコフスキー

    コンスタンチン・ツィオルコフスキーから見た宇宙旅行宇宙旅行

    1867年、ツィオルコフスキーが10歳の時に猩紅熱に罹り、耳が聴こえなくなってしまう病に侵されながらも独学で数学や天文学を学び、1903年に発表した彼の代表的な論文である『反作用利用装置による宇宙探検()』の中で人工衛星や宇宙船の示唆、多段式ロケット、軌道エレベータなどの考案や、宇宙旅行の可能性としてロケットで宇宙に行けることを証明した業績から「宇宙旅行の父」と呼ばれる。コンスタンチン・ツィオルコフスキー フレッシュアイペディアより)

  • 弾道飛行

    弾道飛行から見た宇宙旅行宇宙旅行

    宇宙飛行という観点から見ると、弾道飛行は宇宙空間に到達でき、かつ必要な速度は抑えられるため、最初の目標とされてきた。1961年、アメリカ初の有人宇宙飛行を実現したマーキュリー計画も、当初は16分間の弾道飛行であった。また、2004年にAnsari X Prizeに参戦した民間企業による宇宙船として初めて有人宇宙飛行を実現したスペースシップワンも、高度100km、マッハ3の弾道飛行であった。2010年現在、カーマン・ラインを超える弾道飛行は宇宙旅行の対象となっている。弾道飛行 フレッシュアイペディアより)

  • エスレンジ

    エスレンジから見た宇宙旅行宇宙旅行

    ヴァージン・ギャラクティックのリチャード・ブランソンはこの場所で宇宙旅行に使用する宇宙港の建設を考えている。エスレンジ フレッシュアイペディアより)

  • ハンガリー宇宙局

    ハンガリー宇宙局から見た宇宙旅行宇宙旅行

    ハンガリー初の宇宙飛行士はファルカシュ・ベルタランで、1980年5月26日ソユーズ36号ミッションでソビエト連邦(当時)のワレリー・クバソフとともに宇宙に打ち上げられた。ハンガリー宇宙局が設立後、宇宙飛行士は誕生しておらず、2010年現在彼がハンガリー唯一の宇宙飛行士となっている。なお、民間人のチャールズ・シモニーは宇宙旅行を2度行っている。ハンガリー宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • 航空宇宙

    航空宇宙から見た宇宙旅行宇宙旅行

    1957年のスプートニク1号の打ち上げによって宇宙時代が始まり、1969年にはアポロ11号が初の有人月面着陸を達成した。1981年には、スペースシャトル「コロンビア」が打ち上げられ、定期的に人類が衛星軌道上にアクセスできるようになった。1986年のミールによって、そして続いて国際宇宙ステーションによって、衛星軌道上に人類が滞在できるようになった。宇宙の商業化や宇宙旅行は、更に最近の航空宇宙の焦点である。航空宇宙 フレッシュアイペディアより)

  • スイス交通博物館

    スイス交通博物館から見た宇宙旅行宇宙旅行

    宇宙や海の映像を見ることができるプラネタリウムや、スイスの風景や文化を360度パノラマ映像で映し出すスイソラマ、大迫力のIMAXムービーシアターなども備わる。そのほか、宇宙旅行や無重力の世界が体感できるコスモラマ、2万分の一のスケールでスイスの地図を表したスイスアリーナなどの体験型アトラクションもある。スイス交通博物館 フレッシュアイペディアより)

100件中 41 - 50件表示

「宇宙旅行」のニューストピックワード