81件中 61 - 70件表示
  • デニス・チトー

    デニス・チトーから見た宇宙旅行宇宙旅行

    デニス・チトー(Dennis Anthony Tito、1940年8月8日-)は、クイーンズ区出身のアメリカ合衆国の技術者、企業家、宇宙飛行関係者である。ニューヨーク大学出身。世界で初めて自費で宇宙旅行をした人物として知られている。2001年中旬、ソユーズTM-32で国際宇宙ステーションを訪れて8日間近く滞在し、ソユーズTM-31で地球に帰還した。デニス・チトー フレッシュアイペディアより)

  • 旅行

    旅行から見た宇宙旅行宇宙旅行

    (目的地による)温泉旅行 等々、国内旅行 / 海外旅行、宇宙旅行旅行 フレッシュアイペディアより)

  • SF映画

    SF映画から見た宇宙旅行宇宙旅行

    SF映画(エスエフえいが)は、SF(サイエンス・フィクション)をモチーフにした映画。宇宙人の襲来、宇宙旅行、宇宙戦争、海底探険、タイムマシンなどの題材がよく扱われる。SF映画 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年代

    2010年代から見た宇宙旅行宇宙旅行

    日本で民間宇宙旅行開始の予定。2010年代 フレッシュアイペディアより)

  • マーク・シャトルワース

    マーク・シャトルワースから見た宇宙旅行宇宙旅行

    マーク・シャトルワース(Mark Shuttleworth, 1973年9月18日 - )は、南アフリカ共和国の実業家。初めて宇宙に行ったアフリカ人であり、自腹で宇宙旅行した人物としては世界で2人目である。認証局Thawte社の創業者。LinuxディストリビューションのひとつであるUbuntuの創始者およびリーダーとして広く知られている。また、Pythonの熱烈な支持者。現在イギリスのマン島に在住。また、南アフリカとロンドンを行き来しており、南アフリカとイギリスの二重市民権を持っている。マーク・シャトルワース フレッシュアイペディアより)

  • 国際宇宙ステーション

    国際宇宙ステーションから見た宇宙旅行宇宙旅行

    ソユーズの軌道上での寿命は6ヵ月なので、6ヵ月ごとに新しいソユーズを打ち上げて交換する。この際、滞在3名中2名から3名がソユーズとともに交代するが、ソユーズは3人乗りなので、ロシア人用の1人分の空席が空く場合もある、その場合はISSへの短期訪問(新しいソユーズでISSへ向かい、古いソユーズで帰還する)に利用される。このような便乗者をタクシークルーと呼び、ロシアが利用権を販売している。私的宇宙旅行でのISS訪問や、マレーシアや韓国によるISS訪問はこの枠を利用したものである。ただし、シャトルでのクルーの交代2009年11月のSTS-129を最後になくなり、滞在人数も6名に増加したため、タクシークルーの搭乗機会はなくなった。国際宇宙ステーション フレッシュアイペディアより)

  • ロケット・ミサイル技術の年表

    ロケット・ミサイル技術の年表から見た宇宙旅行宇宙旅行

    1903年 - 、「宇宙旅行の父」コンスタンチン・エドゥアルドヴィッチ・ツィオルコフスキーは、大気圏外宇宙空間、宇宙服および太陽系の植民地化に到着するためにロケット工学の使用について議論する理論を創始。彼の論文で議論されたポイントは液体燃料と着陸であった。ロケット・ミサイル技術の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 巨人の惑星

    巨人の惑星から見た宇宙旅行宇宙旅行

    科学技術は地球より30年遅れ、宇宙旅行も実現されていない。そのため、珍しい小人としてだけではなく、彼らの宇宙船やその技術もが狙われることになる。ほどなく彼らは賞金を掛けられ、小人専従捜査官のコービックも登場し、いっそう執拗に探索される。だが、ときには友好的な巨人の助力も得ながら、彼らは地球への帰還を模索し続ける。巨人の惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 松本零士

    松本零士から見た宇宙旅行宇宙旅行

    宇宙への憧れが強く、「片道でもいいから俺を宇宙に行かせてくれ」などの言葉がある。また、民間宇宙飛行の第一号になるという夢を持っていた(しかし、第一号という夢は叶わなかった)。日本人初の「宇宙へ行った宇宙飛行士」となった秋山豊寛は松本作品『ワダチ』の解説を執筆している。松本零士 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・シモニー

    チャールズ・シモニーから見た宇宙旅行宇宙旅行

    また、シモニーは13歳のモスクワ旅行の際パベル・ポポビッチ宇宙飛行士に出会い、以来宇宙旅行を夢見ていた。そして2007年4月7日にロシアの宇宙船ソユーズTMA-10により宇宙へ向かい、国際宇宙ステーション(ISS)での滞在後帰還した。これにより ISS を訪れた5人目の民間宇宙旅行者となった。またハンガリー人としては2人目の宇宙飛行士でもある。さらに2009年3月26日にソユーズTMA-14で2度目の宇宙旅行を行い、2回の宇宙旅行を経験した唯一の人物となった。旅行代金は、一度目は2100万ドル、二度目は3500万ドル程度と自身が語っている。チャールズ・シモニー フレッシュアイペディアより)

81件中 61 - 70件表示

「宇宙旅行」のニューストピックワード