前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示
  • 宇宙旅行

    宇宙旅行から見た堀江貴文

    2005年、ライブドアの堀江貴文が同基金の理事に就任した。同年10月、堀江貴文は個人プロジェクトとして「ジャパン・スペース・ドリーム」を立ち上げることを発表した。このプロジェクトはロシアの宇宙機関NPO Mashinostroyeniaが所有するカプセル型宇宙船「Almaz Capsule」を使用し、事業の運営は米国のExcalibur Almazが行なう。宇宙旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙旅行

    宇宙旅行から見た毛利衛

    予定では、日本人初の宇宙飛行として宇宙開発事業団に所属する毛利衛が秋山より先に宇宙へと旅立つ事となっていた。しかし、チャレンジャー号爆発事故の影響で毛利のフライトが延期され、結果として日本人初の宇宙飛行は民間人である秋山となった。純粋な科学者ではない教育関係者などもスペースシャトルなどに搭乗しており、秋山は一応睡眠実験などの科学実験に参加しているので、宇宙飛行士という厳密な定義は出来ないが、彼が民間企業のスポンサーによって宇宙飛行を果たした人間の1人であることは間違いない。また、旧ソ連の宇宙飛行士の資格は、ロシア連邦となった現在でも有効である。宇宙旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙旅行

    宇宙旅行から見たアーサー・C・クラーク

    アーサー・C・クラーク原作の映画『2001年宇宙の旅』でも、地球から月に向かう宇宙旅行が描かれている。ロケットプレーン(パン・アメリカン航空のオリオン号)で地球軌道上の宇宙ステーションにランデブーした後、月着陸船に乗換え、月に向かうというものだが、宇宙での機内食、客室添乗員の履くグリップシューズ、宇宙トイレなど、綿密な科学考証のもと、宇宙旅行の様子が詳細に描かれている。宇宙旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙旅行

    宇宙旅行から見たソユーズ

    個人的な関心によって行われた初の旅行費用自己負担の宇宙旅行は2001年に米国の大富豪がソユーズの定期便に乗せてもらう形で実現した。宇宙旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙旅行

    宇宙旅行から見たライブドア

    2005年、ライブドアの堀江貴文が同基金の理事に就任した。同年10月、堀江貴文は個人プロジェクトとして「ジャパン・スペース・ドリーム」を立ち上げることを発表した。このプロジェクトはロシアの宇宙機関NPO Mashinostroyeniaが所有するカプセル型宇宙船「Almaz Capsule」を使用し、事業の運営は米国のExcalibur Almazが行なう。宇宙旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙旅行

    宇宙旅行から見たペプシコーラ

    米国の旅行会社「ジグラム社」は、ジェット機の背に搭載されたロケットプレーンを高度16kmで切り離し、そこからはロケットエンジンで高度100kmまで上昇し、地球を見ながら弾道飛行による2分半の無重力状態を体験できるという宇宙旅行を企画した。1998年、ペプシコーラを日本で販売するサントリーは、懸賞でこのロケットプレーン搭乗券をプレゼントするというキャンペーンを行った。当初は2000年に実現予定であったが、ロケットプレーンの開発の遅れなどから、未だ実現していない。宇宙旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙旅行

    宇宙旅行から見たジュール・ヴェルヌ

    SF小説では1865年にジュール・ヴェルヌによってDe la Terre a la Lune(「地球から月へ」という意味の題名。日本語訳『月世界旅行』)が書かれ多くの読者を得た。様々な派生作品も生まれた。宇宙旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙旅行

    宇宙旅行から見たハーバート・ジョージ・ウェルズ

    初めて宇宙旅行を描いたSF小説は1865年のジュール・ヴェルヌによる『月世界旅行』である。この作品とハーバート・ジョージ・ウェルズの『月世界最初の人間』(1901年)から着想され、1902年に発表されたジョルジュ・メリエスによる映画も有名である。ヴェルヌの小説の原題は『地球から月へ(De la Terre a la Lune)』、メリエスの映画の原題は『月世界旅行(Le Voyage dans la Lune)』だが、日本では双方とも『月世界旅行』となっている。また、ヴェルヌの小説には、後編にあたる『月世界探検』(原題『月めぐり(Autour de la Lune)』(1869年)がある。ヴェルヌは270mの巨大な大砲を用いて宇宙空間に到達する方法を比較的に科学的説得力のある内容で描いており、赤道付近に発射場を設置することなど、一世紀以上先に実現されることになる宇宙開発の基礎をいくつかの点で言い当てている。宇宙旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙旅行

    宇宙旅行から見たジョルジュ・メリエス

    初めて宇宙旅行を描いたSF小説は1865年のジュール・ヴェルヌによる『月世界旅行』である。この作品とハーバート・ジョージ・ウェルズの『月世界最初の人間』(1901年)から着想され、1902年に発表されたジョルジュ・メリエスによる映画も有名である。ヴェルヌの小説の原題は『地球から月へ(De la Terre a la Lune)』、メリエスの映画の原題は『月世界旅行(Le Voyage dans la Lune)』だが、日本では双方とも『月世界旅行』となっている。また、ヴェルヌの小説には、後編にあたる『月世界探検』(原題『月めぐり(Autour de la Lune)』(1869年)がある。ヴェルヌは270mの巨大な大砲を用いて宇宙空間に到達する方法を比較的に科学的説得力のある内容で描いており、赤道付近に発射場を設置することなど、一世紀以上先に実現されることになる宇宙開発の基礎をいくつかの点で言い当てている。宇宙旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙旅行

    宇宙旅行から見た秋山豊寛

    1990年12月2日にソビエト連邦のソユーズTM-11に搭乗、宇宙ステーションミールに9日間滞在した秋山豊寛は、世界で初めて宇宙空間に到達したジャーナリストであり、日本人初の宇宙旅行を体験した人物である。宇宙旅行 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示

「宇宙旅行」のニューストピックワード