54件中 11 - 20件表示
  • 宇宙旅行

    宇宙旅行から見たユーリイ・ガガーリン

    もしも、(出資者が誰であれ、また意図が何であれ) “人類が宇宙を旅する” という広義の宇宙旅行まで含めるならば、1961年4月12日ソ連のユーリイ・ガガーリン少佐がボストーク1号に乗り地球を1周する108分の旅(初の有人宇宙飛行)を行い「地球は青かった」という言葉を残したことも挙げられようが、これはあくまで国家政策によって行われた宇宙開発であり、その後にソ連および米国の宇宙開発によって行われた一連の有人宇宙飛行も同様であり、本記事が指す「宇宙旅行」とはいささか意味が異なっている。宇宙旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙旅行

    宇宙旅行から見たマーク・シャトルワース

    民間人が全額自己負担で宇宙旅行に旅立った世界初の例は、スペースアドベンチャーズ社がロシア宇宙局と契約を仲介することで実現したアメリカの大富豪デニス・チトーによるものである。彼は国際宇宙ステーション(ISS)に人員と物資を補給するソユーズの定期便でロシアから旅立ち、2001年4月28日から5月6日までISSに滞在した。それに続き、2002年には南アフリカ共和国の実業家マーク・シャトルワースが宇宙旅行を実現している。コロンビア号の事故からも分かるように2000年代においても宇宙開発には危険が伴い、気軽に民間人が宇宙旅行をする時代が来ているとは言い難い。ロシアは国家経済の事情で民間企業にソユーズの座席を売ることで打ち上げ資金を確保している状況であり、「宇宙旅行」に消極的なアメリカ航空宇宙局も、コロンビア号の事故以来ソユーズにISSの維持に必要な物資の輸送を頼っていることから、こうした宇宙開発の冷え込みが皮肉なことに宇宙旅行を実現させている側面もある。宇宙旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙旅行

    宇宙旅行から見たコンスタンチン・ツィオルコフスキー

    コンスタンチン・ツィオルコフスキー - 「宇宙旅行の父」と呼ばれるロシアのロケット研究者宇宙旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙旅行

    宇宙旅行から見たアメリカ航空宇宙局

    民間人が全額自己負担で宇宙旅行に旅立った世界初の例は、スペースアドベンチャーズ社がロシア宇宙局と契約を仲介することで実現したアメリカの大富豪デニス・チトーによるものである。彼は国際宇宙ステーション(ISS)に人員と物資を補給するソユーズの定期便でロシアから旅立ち、2001年4月28日から5月6日までISSに滞在した。それに続き、2002年には南アフリカ共和国の実業家マーク・シャトルワースが宇宙旅行を実現している。コロンビア号の事故からも分かるように2000年代においても宇宙開発には危険が伴い、気軽に民間人が宇宙旅行をする時代が来ているとは言い難い。ロシアは国家経済の事情で民間企業にソユーズの座席を売ることで打ち上げ資金を確保している状況であり、「宇宙旅行」に消極的なアメリカ航空宇宙局も、コロンビア号の事故以来ソユーズにISSの維持に必要な物資の輸送を頼っていることから、こうした宇宙開発の冷え込みが皮肉なことに宇宙旅行を実現させている側面もある。宇宙旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙旅行

    宇宙旅行から見たスペースシャトル

    予定では、日本人初の宇宙飛行として宇宙開発事業団に所属する毛利衛が秋山より先に宇宙へと旅立つ事となっていた。しかし、チャレンジャー号爆発事故の影響で毛利のフライトが延期され、結果として日本人初の宇宙飛行は民間人である秋山となった。純粋な科学者ではない教育関係者などもスペースシャトルなどに搭乗しており、秋山は一応睡眠実験などの科学実験に参加しているので、宇宙飛行士という厳密な定義は出来ないが、彼が民間企業のスポンサーによって宇宙飛行を果たした人間の1人であることは間違いない。また、旧ソ連の宇宙飛行士の資格は、ロシア連邦となった現在でも有効である。宇宙旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙旅行

    宇宙旅行から見た

    アーサー・C・クラーク原作の映画『2001年宇宙の旅』でも、地球からに向かう宇宙旅行が描かれている。ロケットプレーン(パン・アメリカン航空のオリオン号)で地球軌道上の宇宙ステーションにランデブーした後、月着陸船に乗換え、月に向かうというものだが、宇宙での機内食、客室添乗員の履くグリップシューズ、宇宙トイレなど、綿密な科学考証のもと、宇宙旅行の様子が詳細に描かれている。宇宙旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙旅行

    宇宙旅行から見た宇宙食

    アーサー・C・クラーク原作の映画『2001年宇宙の旅』でも、地球から月に向かう宇宙旅行が描かれている。ロケットプレーン(パン・アメリカン航空のオリオン号)で地球軌道上の宇宙ステーションにランデブーした後、月着陸船に乗換え、月に向かうというものだが、宇宙での機内食、客室添乗員の履くグリップシューズ、宇宙トイレなど、綿密な科学考証のもと、宇宙旅行の様子が詳細に描かれている。宇宙旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙旅行

    宇宙旅行から見た国際宇宙ステーション

    民間人が全額自己負担で宇宙旅行に旅立った世界初の例は、スペースアドベンチャーズ社がロシア宇宙局と契約を仲介することで実現したアメリカの大富豪デニス・チトーによるものである。彼は国際宇宙ステーション(ISS)に人員と物資を補給するソユーズの定期便でロシアから旅立ち、2001年4月28日から5月6日までISSに滞在した。それに続き、2002年には南アフリカ共和国の実業家マーク・シャトルワースが宇宙旅行を実現している。コロンビア号の事故からも分かるように2000年代においても宇宙開発には危険が伴い、気軽に民間人が宇宙旅行をする時代が来ているとは言い難い。ロシアは国家経済の事情で民間企業にソユーズの座席を売ることで打ち上げ資金を確保している状況であり、「宇宙旅行」に消極的なアメリカ航空宇宙局も、コロンビア号の事故以来ソユーズにISSの維持に必要な物資の輸送を頼っていることから、こうした宇宙開発の冷え込みが皮肉なことに宇宙旅行を実現させている側面もある。宇宙旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙旅行

    宇宙旅行から見た海外旅行

    多くの民間企業が、特別な訓練などが不必要で現在の海外旅行程度の手続き的・身体的負担で短時間、宇宙空間に滞在し帰還することをまずは目指し、技術開発にしのぎを削っている。宇宙旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙旅行

    宇宙旅行から見たTBSテレビ

    TBSが宇宙特派員として派遣した彼は、長期間にわたる訓練の後に宇宙へと旅立った。宇宙旅行 フレッシュアイペディアより)

54件中 11 - 20件表示

「宇宙旅行」のニューストピックワード