前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
263件中 1 - 10件表示
  • プラネテス

    プラネテスから見た宇宙開発宇宙開発

    『モーニング』(講談社)に1999年から2004年まで不定期連載された。単行本全4巻。表題は古代ギリシア語で「惑う人」、転じて「惑星」の意味も持つ(英語で惑星を表す"planet"の語源)。あまり顧みられることのない、宇宙開発によって生まれたスペースデブリ(宇宙ごみ)問題を取り上げ、その回収業者が主役のSF漫画である。2002年度星雲賞コミック部門および、テレビアニメ化された作品が2005年度星雲賞メディア部門を受賞。同賞の原作・アニメのダブル受賞は『風の谷のナウシカ』以来であり、更には連載中の作品については本作が初である。プラネテス フレッシュアイペディアより)

  • 日本の宇宙開発

    日本の宇宙開発から見た宇宙開発宇宙開発

    日本の宇宙開発(にほんのうちゅうかいはつ)では日本での宇宙開発について述べる。日本の宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • シテ・ド・レスパス

    シテ・ド・レスパスから見た宇宙開発宇宙開発

    シテ・ド・レスパス()はフランス南西部のトゥールーズにある宇宙開発を主題にしたテーマパークである。フランス、ロシアのロケット、宇宙船などを見ることができる。シテ・ド・レスパスは「宇宙の街」の意。シテ・ド・レスパス フレッシュアイペディアより)

  • ジェット推進研究所

    ジェット推進研究所から見た宇宙開発宇宙開発

    1958年より、NASA専属になって宇宙開発計画や宇宙探査計画の技術開発に携わるようになり、宇宙船や惑星探査機の設計など技術面を担当している。非常に高度な技術力を誇り、米国の宇宙開発計画において、月着陸船や、火星探査機、外惑星探査の機材開発などで大きく貢献している。パイオニアやボイジャーをはじめとして、火星探査機マーズ・エクスプロレーション・ローバーのスピリット・オポチュニティや、土星探査機カッシーニもこの研究所で開発された。ジェット推進研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 20世紀

    20世紀から見た宇宙開発宇宙開発

    輸送機器の飛躍的進歩 - 宇宙開発、飛行機、自動車、高速鉄道など20世紀 フレッシュアイペディアより)

  • 21世紀

    21世紀から見た宇宙開発宇宙開発

    20世紀半ばから後半における21世紀の未来像の定番要素に「テレビ電話」、「壁掛けテレビ」、「立体テレビ」、「電気自動車」、「空飛ぶ車」、「(超高速鉄道としての)リニアモーターカー」、「丸みを帯びた独特なビルディングの形状や上空を通る透明のチューブ」、「宇宙旅行や惑星間の移動、月面基地、大規模な宇宙開発」、「一家に一台のコンピュータや家庭用ロボット」などがあった。21世紀 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査

    宇宙探査から見た宇宙開発宇宙開発

    宇宙探査 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙機関

    宇宙機関から見た宇宙開発宇宙開発

    宇宙機関(うちゅうきかん、)とは、宇宙開発を行う政府系の機関・組織である。宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • Encyclopedia Astronautica

    Encyclopedia Astronauticaから見た宇宙開発宇宙開発

    Encyclopedia Astronauticaは宇宙開発に関する内容のオンライン事典。ロケットや宇宙技術、宇宙飛行士、飛行記録などを包括的に集録している。Encyclopedia Astronautica フレッシュアイペディアより)

  • 北海道宇宙科学技術創成センター

    北海道宇宙科学技術創成センターから見た宇宙開発宇宙開発

    北海道宇宙科学技術創成センター(Hokkaido Aerospace Science and Technology Incubation Center, HASTIC)は北海道内に点在する宇宙開発関連施設や宇宙関連大学研究室をネットワーク化し、宇宙開発技術を生かした新産業の創出や起業家の支援、次世代研究者・技術者の育成を行うことを主な目的としている民間宇宙団体。北海道宇宙科学技術創成センター フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
263件中 1 - 10件表示

「宇宙開発」のニューストピックワード