216件中 91 - 100件表示
  • 弾道学

    弾道学から見た宇宙開発宇宙開発

    元々は兵器の有効性を高めるための軍事研究の1つではあったが、宇宙開発では弾道学で培われた知識が必須のものとなり、弾道学は軍事だけに留まらない科学研究分野の1つとなっている。弾道学 フレッシュアイペディアより)

  • エイムズ研究センター

    エイムズ研究センターから見た宇宙開発宇宙開発

    エイムズ研究センターの研究分野は、航空工学、生物学、宇宙科学と、宇宙開発技術研究の一環として情報技術、特に機械学習と人工知能などである。世界最大の風洞があり、実際の大きさの航空機を試験可能である。ただし、2003年にNASAはこの風洞と関連部門を手放し、現在ではアメリカ空軍がアーノルド技術開発センター(AEDC)の支所として運営している。エイムズ研究センター フレッシュアイペディアより)

  • ロシアの宇宙開発

    ロシアの宇宙開発から見た宇宙開発宇宙開発

    ロシアの宇宙開発ではロシアでの宇宙開発について述べる。ロシアの宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • セネル・アエロナウティカ

    セネル・アエロナウティカから見た宇宙開発宇宙開発

    セネル・アエロナウティカ() はスペインのセネルグループに属する航空機メーカーである。1956年、フランコ政権下で設立され発電、宇宙開発、海洋開発を含む幅広い事業を手がける。グループはスペインの大学と連携する。セネル・アエロナウティカ フレッシュアイペディアより)

  • 天王星探査

    天王星探査から見た宇宙探査宇宙開発

    天王星に対する宇宙探査について述べる。現在まで天王星の探査は多くが望遠鏡で行われており、天王星に近接して探査したのは1986年のボイジャー2号のみである。ボイジャー2号は天王星の衛星、冷たい大気、天王星の環などを研究し、今まで知られていなかった10個の衛星や2つの環などを発見した。また、今までに知られていた5個の大きな衛星の画像も撮影し、クレーターや峡谷を多く見つけた。天王星探査 フレッシュアイペディアより)

  • ジュピター (ミサイル)

    ジュピター (ミサイル)から見た宇宙開発宇宙開発

    訳注:宇宙飛行士が英雄視されるようになった後の時代には、有人再突入カプセルの回収には海軍の航空母艦が出動している。設備が充実していることが重視されたこともあろうが、宇宙開発が始まったばかりのこの時代、得体の知れない実験に使用されたサルの回収には軍艦では無くタグボートのような補助艦艇で十分という事であろう。ジュピター (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • マーキュリー・アトラス6号

    マーキュリー・アトラス6号から見た宇宙開発宇宙開発

    米国初の有人地球周回飛行に成功し、先進していたソ連の宇宙開発レベルに追いついた歴史的なミッションとなった。なお、米国初の有人弾道飛行に成功したのは、マーキュリー・レッドストーン3号である。マーキュリー・アトラス6号 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田ロケット実験場

    秋田ロケット実験場から見た宇宙開発宇宙開発

    現在の秋田ロケット実験場跡地には、当時の施設類は一切現存していない。岩城町が建立した「日本ロケット発祥記念之碑」のみが、日本の宇宙開発最初期の舞台であった歴史を今に伝えている。秋田ロケット実験場 フレッシュアイペディアより)

  • 月その他の天体における国家活動を律する協定

    月その他の天体における国家活動を律する協定から見た宇宙開発宇宙開発

    発効から20年以上経過した2008年時点でも締約国が少なく、またほとんどの締約国は宇宙開発自体を行っていない。さらに、実際に有人宇宙飛行を行っている国にいたっては一ヶ国も締約していない。そのため、現状ではほとんど影響力を持っていない。月その他の天体における国家活動を律する協定 フレッシュアイペディアより)

  • 進歩

    進歩から見た宇宙開発宇宙開発

    ただ冷戦時代の迷走も必ずしも無益だったとは言い難く、例えば冷戦時下の宇宙開発発展は国威発揚の意図もあったことから、冷戦後の宇宙開発に比べ驚くほどの巨額予算が投入されたため、急速な進歩を遂げている。こういった事情もあり、進歩とそれ以外の状態は視点を返るだけでも簡単に入れ替わるなどするため、ことは単純ではない。進歩 フレッシュアイペディアより)

216件中 91 - 100件表示

「宇宙開発」のニューストピックワード