216件中 11 - 20件表示
  • 1957年 - 1969年の宇宙開発の重大事項

    1957年 - 1969年の宇宙開発の重大事項から見た宇宙開発宇宙開発

    1957年 - 1969年の宇宙開発の重大事項(1957ねん - 1969ねんのうちゅうひこうのじゅうだいじこう、)は、1957年 - 1969年中のアメリカとソ連の人工衛星打ち上げ、月面着陸などを含む宇宙開発競争の際に発生した宇宙開発史における重大事項の一覧である。1957年 - 1969年の宇宙開発の重大事項 フレッシュアイペディアより)

  • ブレンデッドウィングボディ

    ブレンデッドウィングボディから見た宇宙開発宇宙開発

    超音速機の誕生からその後の宇宙開発初期には、マッハ1を超えることができ、かつ安定した運航が可能な機体形状が模索された。マッハ1-3程度の飛行機(ジェット機)では音速突破の鍵となる技術としてエリアルールが重用され、これを適用する過程で胴翼一体の設計が盛んに行われるようになった。そのため、この部分を指してBWBがエリアルールの文脈で語られることがある。実際に、戦闘機F-16や爆撃機B-1がBWBを採用した機体としてしばしば言及されるほか、同時代に開発されたロシア(当時ソ連)製の戦闘機MiG-29やSu-27といった、アメリカ以外の国の軍用機でも形状から鑑みて同じコンセプトに基づく設計がなされていたと考えられる。また、アメリカ空軍の偵察機SR-71はマッハ3を超える高速巡航性能で知られるが、その機体形状のためにある程度のステルス性を有していた。ブレンデッドウィングボディ フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探検家協会

    宇宙探検家協会から見た宇宙開発宇宙開発

    1986年以来、年に一度総会(世界宇宙飛行士会議)を開いており、開催国の政府機関や宇宙関係機関、研究機関、一般者が参加の元、宇宙開発の現状についての意見交換や、有人宇宙開発に関する技術的問題、また開催国が決めるその年のテーマについて話し合う。2003年には日本で総会が開かれた。宇宙探検家協会 フレッシュアイペディアより)

  • 中村浩美

    中村浩美から見た宇宙開発宇宙開発

    中村 浩美(なかむら ひろみ、1946年2月8日 - 男性)は、航空・宇宙ジャーナリスト。北海道札幌市生まれ。北海道札幌旭丘高等学校、同志社大学法学部法律学科(国際法専攻)卒業。札幌市役所勤務、航空ジャーナル編集長を経て、1984年から宇宙・航空分野のジャーナリストとして独立。宇宙開発委員会専門委員、原子力委員会専門委員などを歴任する。航空、宇宙開発、国際関係論など扱う分野は広い。TBSラジオ「全国こども電話相談室」のレギュラー回答者。中村浩美 フレッシュアイペディアより)

  • アストロノミー

    アストロノミーから見た宇宙探査宇宙開発

    総じて本誌の前半では科学的な報告記事を扱われ、後半では趣味的な記事を扱う。科学記事では、宇宙論、宇宙探査、地球外生命、天文学者やプロ級のアマチュア天文家による研究成果を扱う。これらの記事の執筆者は、天文学者や科学ライター、ジャーナリストが務める。アストロノミー フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙の日

    宇宙の日から見た宇宙開発宇宙開発

    「宇宙の日」と10月4日から10月10日までの「国際宇宙週間」の両方を含む1ヶ月間を「『宇宙の日』ふれあい月間」として、後述のふれあいフェスティバルや宇宙開発関連施設の一般公開などが行われる。宇宙の日 フレッシュアイペディアより)

  • マニューバ

    マニューバから見た宇宙開発宇宙開発

    軌道マヌーバやランデブー・ピッチ・マニューバ等、宇宙開発関連の分野でも用いられ、バーニヤ等の噴射により、位置や姿勢の修正、高度保持・変更を行うことをいう。マニューバ フレッシュアイペディアより)

  • ポール・レヴィンソン

    ポール・レヴィンソンから見た宇宙開発宇宙開発

    レヴィンソンはSFとファンタジー、そして両者の融合を、未来のコミュニケーション・メディアや表現の自由、宇宙探査の重要性、ポピュラーカルチャーについての哲学的な含意を与え描いている。その作品は中国語、日本語、韓国語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語、チェコ語、ポーランド語、ルーマニア語、マケドニア語、クロアチア語、トルコ語など12の言語に翻訳されている。ポール・レヴィンソン フレッシュアイペディアより)

  • 再使用ロケット実験

    再使用ロケット実験から見た宇宙開発宇宙開発

    宇宙開発が抱える問題のひとつに、地球から宇宙へ人や物を運ぶのに要する費用が莫大であることが挙げられるが、最大の原因は輸送手段であるロケットを使い捨てにしているということである。宇宙ロケットの製造費用は数十?数百億円であり、輸送費用の過半を占めている。しかし、ロケットが航空機のように帰還し、整備と燃料補給を受けて繰り返し飛行することが可能であれば、飛行1回あたりの減価償却費ははるかに安くなるため、輸送費用を劇的に安くできると考えられた。再使用ロケット実験 フレッシュアイペディアより)

  • オスポック

    オスポックから見た宇宙開発宇宙開発

    組み込みソフトウェア(オーディオ・ビジュアル分野、宇宙開発研究分野・衛星関係)オスポック フレッシュアイペディアより)

216件中 11 - 20件表示

「宇宙開発」のニューストピックワード