216件中 31 - 40件表示
  • ハードランディング

    ハードランディングから見た宇宙開発宇宙開発

    ハードランディング(硬着陸)とは、航空機等が、急激に降下し地面に叩き付けられる形で着陸をすることをいう。宇宙開発においては月や火星などの衛星・惑星に探査機や着陸船を衝突させること。反対語はソフトランディング(軟着陸)。ハードランディング フレッシュアイペディアより)

  • 遠望型衛星追跡艦

    遠望型衛星追跡艦から見た宇宙開発宇宙開発

    中国の弾道ミサイル開発と宇宙開発を成功させるにあたって、中国領外からの長期に渡る精密な観測が必要であることが一つの課題であった。当時孤立状態にあった中国の外交状況では他国に追跡局を設けることは難しく、艦船による観測追跡が行われることになった。遠望型衛星追跡艦 フレッシュアイペディアより)

  • バリイ・N・マルツバーグ

    バリイ・N・マルツバーグから見た宇宙開発宇宙開発

    マルツバーグは、長く精巧に組み立てられ、句点(カンマ)をほとんど使わない文体を特徴とする。そのSF小説の多くは一人称の現在時制で書かれている。『アポロの彼方』(1972年)や The Falling Astronauts(1971年)に見られるように、アメリカの宇宙開発をテーマとし、官僚制とテクノロジーが人間性を奪う様を描くことが多い。「信頼できない語り手」の手法を伴うため、フランツ・カフカの作風に酷似する場合がある。Galaxies(1975年)や Herovit's World(1973年)といった小説ではメタフィクションの技法を使い、英雄譚の体裁をとりつつスペースオペラの文学的限界を風刺している。バリイ・N・マルツバーグ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道宇宙科学技術創成センター

    北海道宇宙科学技術創成センターから見た宇宙開発宇宙開発

    北海道宇宙科学技術創成センター(Hokkaido Aerospace Science and Technology Incubation Center, HASTIC)は北海道内に点在する宇宙開発関連施設や宇宙関連大学研究室をネットワーク化し、宇宙開発技術を生かした新産業の創出や起業家の支援、次世代研究者・技術者の育成を行うことを主な目的としている民間宇宙団体。北海道宇宙科学技術創成センター フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙医学

    宇宙医学から見た宇宙開発宇宙開発

    宇宙医学(うちゅういがく、英語:space medicine)とは宇宙空間、宇宙飛行下の諸条件が人体に及ぼす影響を解明し、その適性、順応、保護などを研究する学問。生理学的、心理学的研究が行われる。ロケット打ち上げや降下の際の加速度、放射線(宇宙線)、強い光線、高・低温からの人体の保護、宇宙船内での酸素濃度や気圧の変化、無重力状態下の生活と人体への影響、生活周期の乱れや孤独感、不安感などの精神的負荷など、研究内容は多岐にわたる。スペースシャトルや宇宙ステーション内での人為的活動を行なう際に、健康維持の方法を考察する。今後の宇宙開発の重要テーマでもある。宇宙医学 フレッシュアイペディアより)

  • NASA (小惑星)

    NASA (小惑星)から見た宇宙開発宇宙開発

    この小惑星は、アメリカ合衆国の宇宙開発や宇宙探査をしているアメリカ航空宇宙局 (National Aeronautics and Space Administration; NASA) に因んで命名された。NASA (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • NASA (小惑星)

    NASA (小惑星)から見た宇宙探査宇宙開発

    この小惑星は、アメリカ合衆国の宇宙開発や宇宙探査をしているアメリカ航空宇宙局 (National Aeronautics and Space Administration; NASA) に因んで命名された。NASA (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙軍

    宇宙軍から見た宇宙開発宇宙開発

    SFなどでは、宇宙空間を担当する軍隊の名称として使用されてきたが、宇宙開発の発展により、アメリカ合衆国の宇宙軍(United States Space Command)など、実際に「宇宙軍」の名称をつける国も現れている。しかし、いずれも人工衛星の運用や大陸間弾道ミサイルの早期警戒・迎撃という防衛、衛星攻撃兵器による人工衛星の破壊が主な任務である。宇宙軍 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス国立宇宙センター

    イギリス国立宇宙センターから見た宇宙開発宇宙開発

    イギリス国立宇宙センター(イギリスこくりつうちゅうセンター、British National Space Centre, BNSC)は、かつて存在したイギリスの11の行政組織や研究機関が自発的に参加する集合体である。1985年に、イギリスの文民的宇宙開発活動を調整することを目的として組織された。2010年4月1日、イギリス国立宇宙センターは解消され、イギリス宇宙局(UK Space Agency)が設立された。イギリス国立宇宙センター フレッシュアイペディアより)

  • ペイロード (航空宇宙)

    ペイロード (航空宇宙)から見た宇宙開発宇宙開発

    ペイロードは航空、宇宙開発、軍事等の分野において利用される航空機、ロケットなどの積載物の可搬量のこと。日本語では可搬重量や有効荷重とも表される。また、転じて積載物自体やミサイルの弾頭なども指す。ペイロード (航空宇宙) フレッシュアイペディアより)

216件中 31 - 40件表示

「宇宙開発」のニューストピックワード