263件中 51 - 60件表示
  • ドイツの宇宙開発

    ドイツの宇宙開発から見た宇宙開発宇宙開発

    ドイツの宇宙開発(ドイツのうちゅうかいはつ)ではドイツにおける宇宙開発について述べる。ドイツの宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • ソビエト連邦の宇宙開発

    ソビエト連邦の宇宙開発から見た宇宙開発宇宙開発

    ソビエト連邦の宇宙開発では1930年代から1991年の崩壊までの、ソビエト連邦によるロケット開発計画と宇宙開発計画全般について述べる。ソビエト連邦の宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • Doom 3

    Doom 3から見た宇宙開発宇宙開発

    Doom 3は2145年が舞台である。ゲームのストーリーや会話の多くはによって作成された。ゲームのバックストーリーによれば、ユニオン・エアロスペース・コーポレーション(UAC)は現存する中で最も巨大な法人になるまでに成長し、火星に研究施設を築いた。この基地でUACは、高度な武器の開発や、生物学、宇宙開発、瞬間移動などの多くの科学的分野の研究を行うことができた。火星という研究所の位置により、UACは法とモラルの境界を越えて活動を行うことができた。プレイヤーがゲームを進めていくにつれ、基地の雇用者たちが、声を聞いていることや、不明なものを見ること、偏執病や狂気のケースが増加していることに関するたくさんの出来事のため、不安定な状態にあり、しばしば施設の機械との深刻な事故につながってしまうことが分かってくる。UACのデルタラボ部門での実験の本質に関する噂は特に基地の雇用者の間で広まっている。Doom 3 フレッシュアイペディアより)

  • ゆりかご

    ゆりかごから見た宇宙開発宇宙開発

    「人類のゆりかご」とは、ツィオルコフスキーが地球を指していった言葉。やがて成熟した人類は、宇宙に飛び出すだろうと予見した科白としてしばしば引用され、宇宙開発の歴史上で利用される。ゆりかご フレッシュアイペディアより)

  • 再使用ロケット実験

    再使用ロケット実験から見た宇宙開発宇宙開発

    宇宙開発が抱える問題のひとつに、地球から宇宙へ人や物を運ぶのに要する費用が莫大であることが挙げられるが、最大の原因は輸送手段であるロケットを使い捨てにしているということである。宇宙ロケットの製造費用は数十〜数百億円であり、輸送費用の過半を占めている。しかし、ロケットが航空機のように帰還し、整備と燃料補給を受けて繰り返し飛行することが可能であれば、飛行1回あたりの減価償却費ははるかに安くなるため、輸送費用を劇的に安くできると考えられた。再使用ロケット実験 フレッシュアイペディアより)

  • 生息地

    生息地から見た宇宙開発宇宙開発

    どの程度の規模・環境を再現するかは設置・運営側の意向にも拠りまちまちではあるものの、往々にしてその活動は数年にも及ぶ期間を掛けて安定させることが行われている。こういった活動の一部はバイオスフィア2などのように、将来的な宇宙開発に向けて、地球環境外で地球の自然環境を再構築するための研究にも、その裾野を見出すことが可能である。生息地 フレッシュアイペディアより)

  • Nautilus-X

    Nautilus-Xから見た宇宙開発宇宙開発

    Nautilus-X(Non-Atmospheric Universal Transport Intended for Lengthy United States eXploration、長期の米国宇宙探査のための大気圏外宇宙輸送手段)は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) の Technology Applications Assessment Team により構想された多目的宇宙探査船。宇宙船は6名の乗員による長期(1-24か月)の宇宙空間の旅を想定して設計されており、微小重力環境における人体への影響を抑えるため、遠心力による人工重力区画を備える。Nautilus-X フレッシュアイペディアより)

  • 有人宇宙飛行

    有人宇宙飛行から見た宇宙開発宇宙開発

    宇宙ロケットに人間が乗り込むことには、依然安全上の大きなリスクがあり、実際に宇宙開発においては、惑星探査などその多くをロボットが担っているが、人間が行わなくてはならない活動も少なくない。宇宙船内での高度な実験、宇宙ステーションの建設などを行うことは、すなわち宇宙開発の主導権を握ることを意味する。現在建設中の国際宇宙ステーションでは有人飛行実績の高いロシアとアメリカが、主導的な立場を担っている。有人宇宙飛行 フレッシュアイペディアより)

  • 航空宇宙工学

    航空宇宙工学から見た宇宙開発宇宙開発

    航空宇宙工学(こうくううちゅうこうがく、)とは、航空工学と宇宙工学の総称であり、航空機・ロケット・人工衛星などの設計・製造・運用に関する工学の一分野。宇宙開発は航空機の発展ときわめて密接に関係しながら発達してきた歴史的経緯もあり、航空機と宇宙機はともに研究・開発されることが多い。航空宇宙工学 フレッシュアイペディアより)

  • ソ連の宇宙犬

    ソ連の宇宙犬から見た宇宙開発宇宙開発

    ソ連の宇宙犬(ソれんのうちゅうけん)とは、宇宙開発の実験のため、ソビエト連邦の宇宙船に乗って地球外へ行った犬たちのことである。1950年代から1960年代にかけてソ連は、人間の宇宙飛行は可能かどうかを決定するために、少なくとも57回、犬を宇宙空間に送った。ただし1匹の犬が複数回宇宙へ行くケースもあるため、実際に宇宙旅行をした犬の数はこの数字よりも少ない。ほとんどの犬は生きて地球に戻り、死んでしまった数匹もほとんどは技術的なミスが原因だった。ソ連の宇宙犬 フレッシュアイペディアより)

263件中 51 - 60件表示

「宇宙開発」のニューストピックワード