216件中 51 - 60件表示
  • 宇宙征服者のオベリスク

    宇宙征服者のオベリスクから見た宇宙探査宇宙開発

    宇宙征服者のオベリスク(Monument to the Conquerors of Space、ロシア語:)は、宇宙探査におけるソビエト人の達成を記念して1964年にモスクワに建てられた記念碑である。その基部に宇宙飛行士記念博物館が位置している。宇宙征服者のオベリスク フレッシュアイペディアより)

  • リフティングボディ

    リフティングボディから見た宇宙開発宇宙開発

    リフティングボディがその狭義の概念と代表的な形態を確立するのは1950年代に本格的な宇宙開発が開始された後のことである。当時の宇宙船は大気圏への再突入時に滑空性と操舵性が考慮されていないカプセル型のものであったが、1950年代半ばにNACA(NASAの前身)のエームズ研究所が通常の飛行機と同様の着陸によって基地へ帰還できるような宇宙船の発案を行い、リフティングボディの概念が形成されることとなった。リフティングボディ フレッシュアイペディアより)

  • Students for the Exploration and Development of Space

    Students for the Exploration and Development of Spaceから見た宇宙開発宇宙開発

    Students for the Exploration and Development of Space (SEDS) は、宇宙探査と宇宙開発を促進するための、国際的な学生組織。「宇宙探査・開発のための学生組織」、「宇宙探査・開発学生連盟」などと訳されることもあるが、広く使われている日本語名称はない。Students for the Exploration and Development of Space フレッシュアイペディアより)

  • Students for the Exploration and Development of Space

    Students for the Exploration and Development of Spaceから見た宇宙探査宇宙開発

    Students for the Exploration and Development of Space (SEDS) は、宇宙探査と宇宙開発を促進するための、国際的な学生組織。「宇宙探査・開発のための学生組織」、「宇宙探査・開発学生連盟」などと訳されることもあるが、広く使われている日本語名称はない。Students for the Exploration and Development of Space フレッシュアイペディアより)

  • 空力ブレーキ

    空力ブレーキから見た宇宙開発宇宙開発

    宇宙開発分野では、エアロブレーキング (aerobraking, aerodynamic braking)・大気制動・空気制動などと、方法としての名称で知られる。その名称通り、大気が存在する場合に使用可能となる制動方法である。空力ブレーキ フレッシュアイペディアより)

  • アルファ磁気分光器

    アルファ磁気分光器から見た宇宙開発宇宙開発

    原型の飛行が終了した後、ティンは直ちに完全装備型のAMS-02の製作に取りかかった。この研究にはエネルギー省の支援のもと、世界16ヶ国から500人の科学者と56の機関が参加した。AMS-02が必要とする電力は通常の宇宙船ではまかないきれないほど大きなものであると考えられるため、国際宇宙ステーション(International Space Station, ISS)外部のトラスに取りつけて、ISSの電力で稼働するように設計された。コロンビア号空中分解事故の後再開された宇宙開発計画では、AMS-02は国際宇宙ステーション組立順序UF4.1に従い2005年にISSに設置されるはずだったが、技術的困難やシャトルの飛行予定の変更により予定は大幅に遅れ、一時は打ち上げの目処が立たない状態にもなった。アルファ磁気分光器 フレッシュアイペディアより)

  • 使い捨て型ロケット

    使い捨て型ロケットから見た宇宙開発宇宙開発

    より有効な推力活用のため、死荷重の問題を最小とするために宇宙開発の初期より、ほぼ全てのロケット・システムは多段式の使い捨て型ロケットであった。大気圏再突入や機器の再整備の問題もあり、再利用はほぼ省みられてこなかった。使い捨て型ロケット フレッシュアイペディアより)

  • メガプロジェクト

    メガプロジェクトから見た宇宙開発宇宙開発

    メガプロジェクトには橋、トンネル、高速道路、鉄道、空港、港湾、発電所、ダム、下水道、経済特区、石油・天然ガスの採掘、公共の建築物、情報技術、航空・宇宙開発、兵器開発が含まれる。メガプロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • 松浦晋也

    松浦晋也から見た宇宙開発宇宙開発

    東京都出身。慶應義塾大学理工学部卒業、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了。日経BP社にて、機械工学、宇宙開発、パソコン、通信、放送などの分野の取材と執筆を経験。2000年にフリーランスのジャーナリストとして独立し、主に航空宇宙工学分野での取材・執筆活動に入る。松浦晋也 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾国家宇宙センター

    台湾国家宇宙センターから見た宇宙探査宇宙開発

    台湾国家宇宙センター(繁体字:國家太空中心、簡体字:国家太空中心、通用ピン音:Guójia Tàikong Jhongsin、ピン音:Guójiā Tàikōng Zhōngxīn、英:National Space Organization, NSPO。以前は国家宇宙計画室 - National Space Program Office として知られていた)は、中華民国行政院の行政院国家科学委員会の支援のもとに運営されている中華民国の宇宙機関である。NSPOが携わる事業は、宇宙探査、人工衛星(FORMOSATなどの地球観測衛星を含む)の製造開発およびそれに関連する技術開発や基盤整備、航空宇宙工学・遠隔探査 ・天体物理学 ・大気科学 ・情報科学 ・宇宙兵器などの関連技術の研究、そして中華民国の国家安全保障などである。台湾国家宇宙センター フレッシュアイペディアより)

216件中 51 - 60件表示

「宇宙開発」のニューストピックワード