263件中 61 - 70件表示
  • 宇宙の日

    宇宙の日から見た宇宙開発宇宙開発

    「宇宙の日」と10月4日から10月10日までの「国際宇宙週間」の両方を含む1ヶ月間を「『宇宙の日』ふれあい月間」として、後述のふれあいフェスティバルや宇宙開発関連施設の一般公開などが行われる。宇宙の日 フレッシュアイペディアより)

  • ウイリアム・ポーグ

    ウイリアム・ポーグから見た宇宙開発宇宙開発

    1975年9月1日、NASAと空軍から引退した後は航空宇宙産業におけるフリーのコンサルタントとなり、また宇宙開発を民間に広報するためのビデオ制作なども行った。ウイリアム・ポーグ フレッシュアイペディアより)

  • オスポック

    オスポックから見た宇宙開発宇宙開発

    組み込みソフトウェア(オーディオ・ビジュアル分野、宇宙開発研究分野・衛星関係)オスポック フレッシュアイペディアより)

  • Fallen Astronaut

    Fallen Astronautから見た宇宙開発宇宙開発

    Fallen Astronautは高さ8.5cmの、宇宙服を着た宇宙飛行士のアルミニウム製彫刻。宇宙開発の発展において死去した宇宙飛行士を追悼するためのものである。1971年8月1日にアポロ15号のクルーによって月のハドリー山に置かれた。Fallen Astronaut フレッシュアイペディアより)

  • ランチャー

    ランチャーから見た宇宙開発宇宙開発

    発射装置としてのランチャーは、ミサイルやロケットといったものを発射するための装置である。宇宙開発のための大型のロケットを発射する発射台施設も、その意味ではランチャーである。ランチャー フレッシュアイペディアより)

  • 研究開発

    研究開発から見た宇宙開発宇宙開発

    古来より科学の知識を道具に活用することは古代文明の時代から認められているが、それらは体系的な研究開発と言えるものではなかった。18世紀にフランスの革命政府は直面する国防上の必要に応じて研究開発に乗り出し、薬莢、手旗信号電報などの成果を挙げているが、これも継続されなかった。これは近代までのヨーロッパやアメリカにおける多くの科学者や技術者たちは個別に自らの研究を進めることが主流であったことと関連している。しかしドイツのジーメンス、クルップ、ザイス社などは研究所を設置して大量の研究者を雇用して研究開発を行い、1870年には国立理工学部研究所が度量衡の標準化のために準備された。研究開発は第一次世界大戦で大きく変わり、ドイツに続いて1915年にイギリスで科学産業研究庁、1916年にはアメリカで全米研究評議会が設置された。第一次世界大戦後にはほぼすべての先進国の大企業は独自の研究所を設置して研究開発を管理した結果、自動車、飛行機、ラジオなどの分野で技術が画期的に発展した。また第二次世界大戦後にはそれまで主だった軍事分野と民事分野の区別があいまいになっていく傾向も見られるようになる。冷戦期においてアメリカは技術力が戦争の勝敗を左右しうる重要事項であると考えて研究開発を進めた結果、軍事、航空、コンピュータ、宇宙の分野でアメリカ産業の技術力を大幅に向上させた。研究開発 フレッシュアイペディアより)

  • バリイ・N・マルツバーグ

    バリイ・N・マルツバーグから見た宇宙開発宇宙開発

    マルツバーグは、長く精巧に組み立てられ、句点(カンマ)をほとんど使わない文体を特徴とする。そのSF小説の多くは一人称の現在時制で書かれている。『アポロの彼方』(1972年)や The Falling Astronauts(1971年)に見られるように、アメリカの宇宙開発をテーマとし、官僚制とテクノロジーが人間性を奪う様を描くことが多い。「信頼できない語り手」の手法を伴うため、フランツ・カフカの作風に酷似する場合がある。Galaxies(1975年)や Herovit's World(1973年)といった小説ではメタフィクションの技法を使い、英雄譚の体裁をとりつつスペースオペラの文学的限界を風刺している。バリイ・N・マルツバーグ フレッシュアイペディアより)

  • レトロフューチャー

    レトロフューチャーから見た宇宙開発宇宙開発

    1930年代から1970年代前半にかけ、人類の科学技術の発達や革新的技術による先進的な未来像への盲信的な憧れや信頼感を持った時代が存在し、多くの人々は原子力の平和利用・プラスチック製品の普及・宇宙開発などに強い憧れを持ち、これらを強く支持した。レトロフューチャー フレッシュアイペディアより)

  • 大スペースシャトル展

    大スペースシャトル展から見た宇宙開発宇宙開発

    大スペースシャトル展(だいスペースシャトルてん)とは、日米協会主催で1983年に6月から14ヵ月に渡って東京・大阪・名古屋で開催された宇宙開発に関する催し物である。大スペースシャトル展 フレッシュアイペディアより)

  • ユーリ・グラズコフ

    ユーリ・グラズコフから見た宇宙探査宇宙開発

    グラズコフにはいくつかの著作があり、1977年に宇宙遊泳の技術ガイド「Outside Orbiting Spacecraft」を、1986年には宇宙探査に関する書物「The World Around Us」を出版している。またSF小説をいくつか執筆しており、その1つ(ブラック・サイエンス)は同僚の宇宙飛行士であるVladimir Dzhanibekovのイラストつきで、1987年に出版されている。ユーリ・グラズコフ フレッシュアイペディアより)

263件中 61 - 70件表示

「宇宙開発」のニューストピックワード