216件中 71 - 80件表示
  • 山野正登

    山野正登から見た宇宙開発宇宙開発

    山野 正登(やまの まさと、1925年(大正14年)1月1日 ? 2012年(平成24年)8月15日)は日本の元官僚。科学技術事務次官。宇宙開発事業団理事長。通商産業省にて日本初の民間輸送機YS-11の開発事業等、航空機の開発行政に従事、科学技術庁にて宇宙開発委員会の発足・宇宙開発事業団の創設等、主に宇宙開発事業草創期の礎を築くとともに、宇宙開発事業団では自主技術である純国産大型ロケットH-IIの打ち上げ成功・国際宇宙ステーション計画の推進等、日本の宇宙開発を欧米先発国と肩を並べるまで導いた功労者のひとり。山野正登 フレッシュアイペディアより)

  • HOPE

    HOPEから見た宇宙開発宇宙開発

    独自の宇宙開発のため再利用可能な宇宙往還機計画はアメリカ合衆国以外でも、ソビエト連邦のブラン、フランス・ESAのエルメス、そしてアメリカの次世代スペース・シャトルベンチャースターなどがあったが、いずれも資金難で計画倒れとなった。HOPE フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士記念博物館

    宇宙飛行士記念博物館から見た宇宙開発宇宙開発

    宇宙飛行士記念博物館(ロシア語:)は、ロシアの首都モスクワにある宇宙開発専門の博物館。宇宙征服者のオベリスクというモニュメントの1階部分に位置している。モスクワ・コスモミュージアムとも呼ばれている。宇宙飛行士記念博物館 フレッシュアイペディアより)

  • ロシア宇宙科学研究所

    ロシア宇宙科学研究所から見た宇宙開発宇宙開発

    ロシア宇宙科学研究所(、ロシア科学アカデミー宇宙研究所、略語: , IKI RAN)とは基礎科学目的の宇宙探査を行うロシア科学アカデミーの組織。ロシア宇宙科学研究所 フレッシュアイペディアより)

  • ロシア宇宙主義

    ロシア宇宙主義から見た宇宙開発宇宙開発

    コンスタンチン・ツィオルコフスキー (1857年-1935年): 宇宙開発や宇宙工学の理論面での先駆者。1903年に出版した『』 (反応機器を使った宇宙空間の探検)は、宇宙旅行を真面目に科学的に扱った世界初の書籍であった。彼は宇宙移民によって人類が種として完成し、不死性を獲得すると信じていた。また、"animated atom"(生きている原子、汎神論)や "radiant mankind"(輝ける人類)といった考えを生み出した。ロシア宇宙主義 フレッシュアイペディアより)

  • そう言えば あの時このうた

    そう言えば あの時このうたから見た宇宙開発宇宙開発

    (当時の東京都心部の風景・ベトナム戦争勃発・米ソ宇宙開発競争など)そう言えば あの時このうた フレッシュアイペディアより)

  • ゆりかご

    ゆりかごから見た宇宙開発宇宙開発

    「人類のゆりかご」とはツィオルコフスキーが地球を指していった言葉。やがて成熟した人類は、宇宙に飛び出すだろうと予見した科白としてしばしば引用され、宇宙開発の歴史上で利用される。ゆりかご フレッシュアイペディアより)

  • 弾道飛行

    弾道飛行から見た宇宙開発宇宙開発

    弾道飛行(だんどうひこう、)は、大砲の弾のように弧の弾道を描く飛行形態。一般的には、弾道ミサイルや軌道に到達しないロケットの飛行経路を指す言葉として使われる。宇宙開発の分野では宇宙弾道飛行や準軌道飛行と呼ばれることもある(英:Sub-orbital spaceflight)。弾道飛行 フレッシュアイペディアより)

  • 月面基地

    月面基地から見た宇宙開発宇宙開発

    月面基地(げつめんきち、moon base、またはlunar base)は、月(地球の衛星)の表面に建設される、人間の居住空間を伴ってある程度恒久的な基地のこと。各国の計画やSFを含むフィクション作品に出現する。アポロ計画が成し遂げた月面着陸時から、にわかに現実味を帯びてきたが、その後の宇宙開発計画の縮小・凍結により実現は遠くなった。しかし2000年代に入り再び、世界各国で建設に向けた動きが活発化している。月面基地 フレッシュアイペディアより)

  • JAXAi

    JAXAiから見た宇宙開発宇宙開発

    入場料は無料で、主に日本の宇宙開発に関するイベントや展示などが行われていたが、2010年4月26日に行われた事業仕分け第2弾において事業の廃止を判定された。この判定を受け、2010年12月28日に閉館した。JAXAi フレッシュアイペディアより)

216件中 71 - 80件表示

「宇宙開発」のニューストピックワード