216件中 81 - 90件表示
  • 第二次産業革命

    第二次産業革命から見た宇宙開発宇宙開発

    過去に、「第二次産業革命」という言葉が大衆紙や技術者、実業家によって使われることがあったが、これは第一次世界大戦後に新しい技術が拡がったときの変化を言ったものだった。原子力の危険性と恩恵に関する議論の盛り上がりは、宇宙開発によるものよりも大きく長く続いたが、どちらも(個別にあるいは共に)もう一つの産業革命に導いたと認識されている。21世紀の初めには、分子ナノ技術が社会に与える仮説的予想効果を表現するときに「第二次産業革命」という言葉が使われた。この命題での最近のシナリオは、ナノ製造技術が今日の製造工程の大半を時代遅れにするものであり、経済のあらゆる面で衝撃を生むというものである。第二次産業革命 フレッシュアイペディアより)

  • ロナルド・レーガン弾道ミサイル防衛試験場

    ロナルド・レーガン弾道ミサイル防衛試験場から見た宇宙開発宇宙開発

    ロナルド・レーガン弾道ミサイル防衛試験場()は、太平洋のマーシャル諸島に存在するミサイル試射場。レーガン試験場やクェゼリン射場としても知られる。1,900,000 km2の範囲とクェゼリン環礁、ウェーク島、オール環礁のロケット射場が含まれる。主にアメリカのミサイル防衛と宇宙開発の研究施設として使われている。レーガン試験場は米軍クェゼリン環礁隊(USAKA)の指令下にある。ロナルド・レーガン弾道ミサイル防衛試験場 フレッシュアイペディアより)

  • センテニアル・チャレンジ

    センテニアル・チャレンジから見た宇宙開発宇宙開発

    センテニアル・チャレンジ(英語:Centennial Challenges)は、アメリカ航空宇宙局主催の宇宙開発に係る一連の賞金付きコンテストである。アメリカ国内の複数の非政府グループ同士が、政府の資金に頼らないで宇宙開発に関係する技術を創造し、その成果を競う。センテニアル・チャレンジ フレッシュアイペディアより)

  • 地球大気開発計画

    地球大気開発計画から見た宇宙開発宇宙開発

    1961年12月に開かれた国連総会で、宇宙開発の一環として大気大循環の研究を促進することが、に対して勧告された。これを受けて、 は国連に対して、(世界気象監視計画)を提案した。国連はこの提案に基づき、(国際学術連合会議)に大気科学に関連する当研究計画への協力を求めた。その後、 傘下の (国際測地学・地球物理学連合)が計画に協力することを表明し、その下に大気科学委員会 (; ) を設置して、各国の研究機関・団体によって実行力を持って を実施していくことが決定した。地球大気開発計画 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス宇宙局

    イギリス宇宙局から見た宇宙開発宇宙開発

    イギリス宇宙局(UK Space Agency)は、イギリス政府の宇宙開発を担当する部局である。2010年4月1日、イギリス国立宇宙センターを発展的に解消して設立され、国家の宇宙開発に関する政策立案と予算管理の業務を引き継ぎ、イギリスの宇宙に関わるすべての交渉の代表者となる。「連合王国(United Kingdom)のすべての宇宙事業を一つに統括する」と言われている。本部はウィルトシャー(Wiltshire)州スウィンドン(Swindon)にあった国立宇宙センターのものをそのまま引き継ぐ。イギリス宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • ニュー・ミレニアム計画

    ニュー・ミレニアム計画から見た宇宙探査宇宙開発

    ニュー・ミレニアム計画(英: New Millennium Program - NMP)とは宇宙探査・人工衛星における新技術の革新を目指すNASAのプロジェクト。ブッシュ政権下のFY2009予算より、計画への資金援助が削除されたため、事実上中止された計画であるニュー・ミレニアム計画 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の科学技術

    日本の科学技術から見た宇宙探査宇宙開発

    日本は航空宇宙工学や宇宙探査でも世界有数の国である。宇宙航空研究開発機構 (JAXA) は航空宇宙研究、ロケットや人工衛星の開発を行なっている。JAXAは様々なロケットを開発しており、最新鋭のロケットはH-IIBロケットである。H-IIA/Bロケットは最大8トンの静止トランスファ軌道 (GTO) への打ち上げ能力を持ち 、現在三菱重工業が製造、打ち上げを行なっている。三菱重工業はきぼうの開発にも携わっている。「きぼう」は2008年にスペースシャトルで国際宇宙ステーションへと運ばれて運用が開始され、宇宙ステーション補給機 (HTV) は2009年に国際宇宙ステーションへ補給物資を運搬する役割を果たした。日本の科学技術 フレッシュアイペディアより)

  • 生息地

    生息地から見た宇宙開発宇宙開発

    どの程度の規模・環境を再現するかは設置・運営側の意向にも拠りまちまちではあるものの、往々にしてその活動は数年にも及ぶ期間を掛けて安定させることが行われている。こういった活動の一部はバイオスフィア2などのように、将来的な宇宙開発に向けて、地球環境外で地球の自然環境を再構築するための研究にも、その裾野を見出すことが可能である。生息地 フレッシュアイペディアより)

  • フレキシブルプリント基板

    フレキシブルプリント基板から見た宇宙開発宇宙開発

    変形可能な配線部品としてフラットケーブルが古くから使われてきたが、特に小型軽量化が望まれる宇宙開発や航空機などにおいては1960年代からフレキシブルケーブルが使われ始めた。1966年、フレキシブルケーブルに適する素材ポリイミドがデュポンによって開発され、広く利用されるようになった。一般的な製品としては1972年に発売されたヤシカ製一眼レフカメラエレクトロAXの内部配線や、1975年に発売されたシャープ製コンパクト型電卓EL-8009の蝶番部に採用された例がある。現在ではほとんどの携帯機器に使用されている。フレキシブルプリント基板 フレッシュアイペディアより)

  • モルニヤ (人工衛星)

    モルニヤ (人工衛星)から見た宇宙開発宇宙開発

    モルニヤ(ロシア語:、ラテン文字表記の例:Molniya、雷の意味)とは、ソビエト連邦と、その宇宙開発事業を引き継いだロシア連邦によって運用されている通信衛星である。モルニヤ軌道という特有の軌道を採用しており、すべての打ち上げにモルニヤロケットが使用されている。試作機が1964年に打ち上げられて以降、現在でも使用が続けられており、これまでに打ち上げられたモルニヤ衛星の総数は150以上にのぼる。モルニヤ (人工衛星) フレッシュアイペディアより)

216件中 81 - 90件表示

「宇宙開発」のニューストピックワード