263件中 81 - 90件表示
  • 宇宙開発競争の年表

    宇宙開発競争の年表から見た宇宙開発宇宙開発

    ここでは、宇宙開発競争によって達成された記録のうち主なものを提示する。宇宙開発競争の年表 フレッシュアイペディアより)

  • アポロ9号

    アポロ9号から見た宇宙開発宇宙開発

    1967年1月27日、グリソムたちは2月21日に発射が予定されている1号の飛行の予行演習ともいえる最終調整を、発射台上で行っていた。そのとき突然、電気系統のショートが原因と見られる火花が発生し、司令船内は瞬く間に炎に包まれた。三人の飛行士は逃げる間もなく、アメリカの宇宙開発史上初めての犠牲者となった。この事故によりアポロ計画は18ヶ月に及ぶ停滞を余儀なくされ、安全上の問題点が数多く指摘された司令船は根本から設計を見直された。アポロ9号 フレッシュアイペディアより)

  • 永遠の陽射しの頂

    永遠の陽射しの頂から見た宇宙開発宇宙開発

    永遠の陽射しの頂(えいえんのひざしのいただき、英: Peak of Eternal Light、PEL)とは、太陽系の天体において、常に太陽光が差している場所。 赤道傾斜角のきわめて小さな天体上であり、かつ標高が高い必要がある。1837年、ヴィルヘルム・ベーアとヨハン・ハインリッヒ・メドラーによって初めて存在が提唱された。二人は月の極付近にある山々について、「……これらの山頂の多くは、(地球による食の時を除いて)永遠の陽射しの中にある」と述べた。1879年にもカミーユ・フラマリオンが、月の極には永遠の陽射しの頂があるだろう、と推測している。PELは、常時太陽エネルギーを受けられるため電気装置の設置が可能なこと、また比較的安定した温度範囲が保たれることから、宇宙開発や宇宙移民に有用であると考えられる。永遠の陽射しの頂 フレッシュアイペディアより)

  • ランド研究所

    ランド研究所から見た宇宙開発宇宙開発

    業績はシステム分析の開発から生じている。重要な寄与としては、米国の宇宙開発、情報処理、人工知能などがある。ランドの研究者はインターネットを構築するのに使われている様々な原則も開発している。多くの解析手法がランドで発明されている。例えば、動的計画法、ゲーム理論、デルファイ法、線形計画法、システム分析、exploratory modeling などである。ランド研究所はウォーゲームを分析手段として開発し使用したことでも知られている。ランド研究所 フレッシュアイペディアより)

  • スペースガード

    スペースガードから見た宇宙開発宇宙開発

    スペースガード(Space Guard)とは、地球に衝突する恐れのある天体や宇宙活動の結果として宇宙空間を彷徨うスペースデブリを観測し、かつまた、追跡を行うことである。そして、それらの天体の地球衝突の回避を目指した警報の発令や、今後の宇宙活動の障害となるスペースデブリの位置を正確に予測することで、それらの危機を未然に回避するための観測計画。スペースガード フレッシュアイペディアより)

  • ATP測定法

    ATP測定法から見た宇宙開発宇宙開発

    宇宙開発分野では、惑星などで生物が存在しているかどうかの方法としてATP測定法が活用されている。ATP測定法 フレッシュアイペディアより)

  • 土星探査

    土星探査から見た宇宙開発宇宙開発

    土星探査(どせいたんさ)は、主に土星専用の無人探査機によって行われているが、地球からの距離が遠いこともあり探査の進み方は遅い。初期のミッションはフライバイによるものであったが、2016年現在は土星周回軌道上にカッシーニが存在し、探査を続けている。土星探査 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士記念博物館

    宇宙飛行士記念博物館から見た宇宙開発宇宙開発

    宇宙飛行士記念博物館(ロシア語:)は、ロシアの首都モスクワにある宇宙開発専門の博物館。宇宙征服者のオベリスクというモニュメントの1階部分に位置している。モスクワ・コスモミュージアムとも呼ばれている。宇宙飛行士記念博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙からの脱出

    宇宙からの脱出から見た宇宙開発宇宙開発

    宇宙開発関係の著書を多く著していたマーティン・ケイディンが、1964年に発表した小説である。東西冷戦下の宇宙開発競争のさなか、宇宙空間で帰還不能に陥ったマーキュリー宇宙船を、実験段階だったジェミニ宇宙船と、ソ連のボストーク宇宙船が救出する物語であった。後述のように、1969年に当時の実情に合わせた脚色がなされて映画化されるが、その際、小説も映画の内容に沿って書き改められ出版された。日本で出版された早川書房版も、この改訂版に基づいている。宇宙からの脱出 フレッシュアイペディアより)

  • GM HydroGen

    GM HydroGenから見た宇宙開発宇宙開発

    宇宙開発の盛んだった1966年にGMは最初の燃料電池自動車であるElectrovanを走らせた。Electrovanは極低温のタンクに充填された液体水素と液体酸素を使用して一充填での走行距離が240kmで最高速度は110kmだった。固体高分子形燃料電池はユニオンカーバイト製で定格出力は32kWで短時間では160kWの出力で90kWの三相交流電動機を駆動した。しかし、当時は時期尚早で普及にはいたらず、開発は中断した。1998年11月以降、GMの燃料電池開発はロチェスターのWarrenのGlobal Alternative Propulsion Center(GAPAC)とドイツのMainz-Kastekで進められる。GM HydroGen フレッシュアイペディアより)

263件中 81 - 90件表示

「宇宙開発」のニューストピックワード