889件中 111 - 120件表示
  • クローンは故郷をめざす

    クローンは故郷をめざすから見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    クローン技術が発達した近未来の日本。不慮の事故で殉職した宇宙飛行士・高原耕平は合法的にクローンとして蘇る。クローンは故郷をめざす フレッシュアイペディアより)

  • コンスタンチン・コゼエフ

    コンスタンチン・コゼエフから見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    コンスタンチン・ミロヴィチ・コゼエフ(、1967年12月1日 - )はロシアの宇宙飛行士コンスタンチン・コゼエフ フレッシュアイペディアより)

  • スペイス・オディティ

    スペイス・オディティから見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    実際にはセカンド・アルバムだが、ボウイの原点といえる内容で、実質的なファースト・アルバムともいえる。アポロ11号の月面着陸に世が浮かれていた頃、架空の宇宙飛行士、トム少佐が宇宙遊泳とともに己の無力さを感じ、広大な宇宙の果てへと漂流してしまうという、近代化に対するアンチテーゼを含んだ1曲目「スペイス・オディティ」を収録している。スペイス・オディティ フレッシュアイペディアより)

  • アーマルコライト

    アーマルコライトから見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    1970年に月面で発見された新鉱物。名前は、アポロ11号に搭乗していた3名の宇宙飛行士のアームストロング ()、オルドリン ()、コリンズ () に由来する。アーマルコライト フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー・ハーツフィールド

    ヘンリー・ハーツフィールドから見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    ヘンリー・ハーツフィールド(Henry Hartsfield、1933年11月21日 - 2014年7月17日)はアメリカ合衆国の宇宙飛行士ヘンリー・ハーツフィールド フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・M・ラウンジ

    ジョン・M・ラウンジから見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    ジョン・M・ラウンジ(John Michael "Mike" Lounge、1946年6月28日-2011年3月1日)は、アメリカ合衆国の技術者、アメリカ海軍の軍人、アメリカ航空宇宙局の宇宙飛行士である。スペースシャトルで3度の宇宙飛行を経験し、482時間以上を宇宙で過ごした。1985年のSTS-51-1と1988年のSTS-26ではミッションスペシャリスト、1990年のSTS-35ではフライトエンジニアを務めた。ジョン・M・ラウンジ フレッシュアイペディアより)

  • ポポヴィッチ

    ポポヴィッチから見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    パーヴェル・ポポーヴィチ - ソビエト連邦(ウクライナ)出身の元宇宙飛行士ポポヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ジョアン・ヒギンボサム

    ジョアン・ヒギンボサムから見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    ジョアン・ヒギンボサム(Joan Elizabeth Higginbotham、1964年8月3日-)は、アメリカ合衆国の技術者、アメリカ航空宇宙局の宇宙飛行士である。スペースシャトルディスカバリーでミッションスペシャリストとしてSTS-116のミッションに参加した。ジョアン・ヒギンボサム フレッシュアイペディアより)

  • ハーバーセンター

    ハーバーセンターから見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    ハーバーセンターの展望デッキはオフィスが入居してるビルの上にあり、1977年にオープンした。オープンには人類で初めて月面に降り立った宇宙飛行士ニール・アームストロングが大きくかかわっており、現在でもデッキに彼の足跡が展示されている。円形の展望デッキからはバンクーバー市内が一望でき、晴れた日にはアメリカのワシントン州にあるベーカー山までも肉眼で確認することができる。ハーバーセンター フレッシュアイペディアより)

  • ボリス・アンドレーエフ

    ボリス・アンドレーエフから見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    ボリス・アンドレーエフ(、1940年10月6日 - )はロシアの元宇宙飛行士。1983年に身体的理由で引退し、結果的に1度も宇宙飛行をすることが無かった。しかしいくつかのミッションではバックアップメンバーとして務めた。ボリス・アンドレーエフ フレッシュアイペディアより)

889件中 111 - 120件表示