889件中 121 - 130件表示
  • エベルハルト・ケルナー

    エベルハルト・ケルナーから見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    エベルハルト・ケルナー(Eberhard Köllner、1939年9月29日 - )はドイツ民主共和国の軍人、宇宙飛行士エベルハルト・ケルナー フレッシュアイペディアより)

  • 嘔吐彗星

    嘔吐彗星から見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    嘔吐彗星()は、NASAが軽減重力研究計画に使う航空機の愛称。この用途に使用される航空機は、引き起こし後に放物線状の飛行経路をとり、この際に重力が軽減された状態を作り出すことができる。飛行経路の変更によって、重力軽減の程度を変更することもできる。一般的に、この航空機は宇宙飛行士を訓練するために使用され、引き起こしから通常飛行に戻るまでの65秒間のうち、25秒間の無重力状態を作り出すことができる。この際に搭乗者、特に不慣れな者は乗り物酔いによる吐き気をもよおすことが多く、このような愛称が付けられることとなった。嘔吐彗星 フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ダナ

    ビル・ダナから見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    ビル・ダナ(William Harvey "Bill" Dana、1930年11月3日-2014年5月6日)は、アメリカ航空宇宙局のテストパイロット、宇宙飛行士である。ビル・ダナ フレッシュアイペディアより)

  • フレッド・ヘイズ

    フレッド・ヘイズから見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    フレッド・ヘイズ(Fred Wallace Haise, Jr.、1933年11月14日-)は、アメリカ航空宇宙局の宇宙飛行士である。フレッド・ヘイズ フレッシュアイペディアより)

  • ニール・R・ジョーンズ

    ニール・R・ジョーンズから見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    ニール・ロナルド・ジョーンズ(、1909年5月29日 - 1988年2月15日)は、アメリカ合衆国のSF作家。専業作家ではなく、ニューヨーク州の公務員だった。本国でも忘れられた作家となっているが、サイエンス・フィクションの歴史に大きな足跡を残している。処女作 "The Death's Head Meteor" は 1930年に エア・ワンダー・ストーリーズ に掲載されたが、この中で世界で初めて「宇宙飛行士; astronaut」という用語が使われた。サイボーグやロボットを登場させたのも早く、人体冷凍保存の考え方にも影響を与えている。作品の多くは、1つの未来史に属しており、その手法が後のロバート・A・ハインラインやコードウェイナー・スミスに影響を与えたといわれている。ニール・R・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 王亜平

    王亜平から見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    王 亜平(おう あへい、Wang Yaping、中国語:王 ?平、1978年4月 - )は、山東省煙台市出身の中国人の軍事パイロット、宇宙飛行士である。王亜平 フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・ホワイト

    エドワード・ホワイトから見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    エドワード・ヒギンズ・ホワイト2世(Edward Higgins White, II、1930年11月14日 - 1967年1月27日)はアメリカ空軍の将校で、アメリカ航空宇宙局の宇宙飛行士である。180cm、80kg。1965年6月3日、彼はアメリカ人初の宇宙遊泳を行った。ホワイトは、アポロ1号の訓練中の事故で死亡し、死後に合衆国名誉宇宙飛行士勲章を授与された。それ以前にも、ジェミニ4号の飛行に対して、NASA宇宙飛行メダルを受章している。エドワード・ホワイト フレッシュアイペディアより)

  • クラウス=ディートリッヒ・フラーデ

    クラウス=ディートリッヒ・フラーデから見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    クラウス=ディートリッヒ・フラーデ(Klaus-Dietrich Flade、1952年8月23日 - )はドイツの軍人、宇宙飛行士。ドイツ航空宇宙センター所属。クラウス=ディートリッヒ・フラーデ フレッシュアイペディアより)

  • オニズカ情報ステーション

    オニズカ情報ステーションから見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    オニズカ情報ステーション(Onizuka Information Station)は米国ハワイ州ハワイ島のマウナ・ケア山(4,207米)の中腹にある休憩施設兼教育施設である。 売店、飲用給水、トイレ、DVD投影機などがあり、前庭には中小型望遠鏡が数台置かれていて、ボランティアにより天体観測ができるようになっている。1986年のチャレンジャー号爆発事故で亡くなったハワイ出身の日系宇宙飛行士のエリソン・オニヅカを記念して命名されている。オニズカ情報ステーション フレッシュアイペディアより)

  • ミニ・リサーチ・モジュール2

    ミニ・リサーチ・モジュール2から見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    MRM2は2009年11月12日にズヴェズダ(Zvezda)区画の上部ドッキングポートに結合され、ソユーズ宇宙船やプログレス補給船のための新たなドッキング場所として使われている。また、宇宙飛行士が船外活動をする際のエアロックとしても使用可能であり、2012年末に「ピアース」が廃棄されると、こちらがロシアのエアロックとして使用されるようになる。また科学実験に必要な空間を提供したり、ロシア科学アカデミーが開発する船外実験装置用に、電力供給とデータの送受信用のインタフェースを有する設置場所を2箇所装備している。ミニ・リサーチ・モジュール2 フレッシュアイペディアより)

889件中 121 - 130件表示