889件中 21 - 30件表示
  • 宇宙服

    宇宙服から見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    宇宙服(うちゅうふく)とは、宇宙飛行士が宇宙空間で安全に生存・活動するために着用する、生命維持装置を備えた気密服のこと。宇宙船内で着用する船内服(与圧服)と、船外活動時に着用する船外服に大別される。ここでは、主に船外宇宙服について記述する。宇宙服 フレッシュアイペディアより)

  • 毛利衛

    毛利衛から見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    毛利 衛(もうり まもる、1948年(昭和23年)1月29日 - )は、北海道出身の宇宙飛行士、宇宙航空研究開発機構 (JAXA) 宇宙環境利用システム本部有人宇宙活動推進室長、日本科学未来館館長、京都大学大学院特任教授、東京工業大学大学院総合理工学研究科連携教授、公益財団法人日本宇宙少年団団長。毛利衛 フレッシュアイペディアより)

  • 月面着陸

    月面着陸から見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    そのころ、ソビエト連邦は月面着陸計画への態度を決めかねていた。ソビエトの指導者であったニキータ・フルシチョフは他のいかなる力によっても「敗北」することを好まなかったが、そうした多額の費用を必要とする計画もまた望んでいなかった。1963年10月、彼はソビエト連邦が「宇宙飛行士による宇宙航行は現在は計画していない」と述べた上で、競争から落後したわけではないという主張を付け加えた。月面着陸 フレッシュアイペディアより)

  • ハッケンサック (ニュージャージー州)

    ハッケンサック (ニュージャージー州)から見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    フェアリー・ディキンソン大学の都市圏キャンパスがハッケンサック川沿いにあり、ハッケンサック市とティーネック・タウンシップに跨っている。またニュージャージー海軍博物館が市内にあり、第二次世界大戦時の潜水艦USSリングが展示されている。宇宙飛行士のウォルター・シラーはハッケンサック出身者の中でも名高い存在である。ハッケンサック (ニュージャージー州) フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・スレイトン

    ドナルド・スレイトンから見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    ドナルド・ケント・ディーク・スレイトン(Donald Kent "Deke" Slayton、1924年3月1日 ? 1993年6月13日)は、アメリカ合衆国の宇宙飛行士。マーキュリー計画に選抜された7人の宇宙飛行士(マーキュリー・セブン)の中の一人。ドナルド・スレイトン フレッシュアイペディアより)

  • 国家人民軍航空軍

    国家人民軍航空軍から見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    ドイツ民主共和国はワルシャワ条約機構各国による宇宙開発計画として提案された「インターコスモス計画」に参加していた。ジークムント・イェーン航空軍中佐は1976年から1978年まで星の街での訓練を積み、1978年8月26日のソユーズ31号のミッションにドイツ人初の宇宙飛行士として参加した。サリュート6号での滞在を経て、ソユーズ29号によって帰還を果たしたイェーンはドイツ民主共和国の最高位勲章である「カール・マルクス勲章」や「ドイツ民主共和国英雄」の称号を与えられ、さらに彼の為に新設された「」の称号が送られた。国家人民軍航空軍 フレッシュアイペディアより)

  • 土井隆雄

    土井隆雄から見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    土井 隆雄(どい たかお、1954年(昭和29年)9月18日 - )は、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)に所属する宇宙飛行士。これまでに2回、スペースシャトル搭乗ミッションを行った。天文家。東京都南多摩郡(現・町田市)出身。既婚。土井隆雄 フレッシュアイペディアより)

  • スカイラブ計画

    スカイラブ計画から見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    この間、1973年5月から1974年2月にかけ3度にわたって宇宙飛行士が滞在し、アメリカの宇宙機関NASAによる様々な研究や太陽観測、システムの開発などが行われた。機体はサターン5型ロケットの第三段S-IVBを改造して製造され、総重量は68.175 トンであった。それぞれの飛行ではアポロ司令・機械船を搭載したサターン5型より小型のサターンIBロケットが、一度に3名の宇宙飛行士を送り届けた。最後の2回の飛行では予備のアポロ宇宙船を載せたサターンIBが地上に待機し、緊急時に軌道上にいる飛行士を救出するのに備えていた。スカイラブ計画 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙開発競争

    宇宙開発競争から見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    ソ連において、スプートニク打ち上げとそれに続く宇宙開発計画は大衆の非常な関心を巻き起こした。壊滅的な独ソ戦から復興したばかりのソ連にとって、スプートニクは新しい時代における技術力の挑戦の成果として国民を勇気付ける重要な意味を持っていた。フォン・ブラウンのライバルで、R.7ロケットの設計者・開発責任者であり後にA1ロケットも設計したセルゲイ・コロリョフは、人工衛星にとどまらず月にコスモノートを送り込むことを目標としていた。宇宙開発競争 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ギャリオット

    リチャード・ギャリオットから見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    イングランドのケンブリッジ出身。幼少期はアメリカ合衆国テキサス州オースティンナッソー・ベイで育った。その一方で両親の都合からたびたびイギリスに戻る事があったため、イギリス訛りが強い英語を話す。この特徴から後述する様に「ブリティッシュ」(「イギリス風の」という意味)という綽名で呼ばれる。父親のは、第2回スカイラブ・ミッションへ参加した宇宙飛行士であり、工学博士や大学教授としても著名な人物で、母親も芸術家であった。リチャードが11歳の頃、手作りの「銀の蛇」をデザインしたペンダントを父に送り、オーウェンはそのペンダントを持って宇宙へ旅立った。ウルティマシリーズに蛇や宇宙を題材にするシナリオがあるのは、これらの影響が強いといわれている。リチャード・ギャリオット フレッシュアイペディアより)

889件中 21 - 30件表示