889件中 31 - 40件表示
  • STS-119

    STS-119から見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    また若田光一がJAXA宇宙飛行士としては初めてのISS長期滞在ミッションを開始し、STS-127(2J/A)で帰還するまで約4ヶ月間の滞在を行った。STS-119 フレッシュアイペディアより)

  • グッバイ、レーニン!

    グッバイ、レーニン!から見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    主人公の青年。幼少時代には宇宙飛行士に憬れ、卒業後は東ドイツでテレビ修理工として働く。ベルリンの壁崩壊で国営事業所の解体により失職してしまうが、運良く衛星放送のサービスを行なう会社に再就職した。長き眠りから目覚めた母のために東ドイツが健在であるという偽装を行うため、消えつつある東ドイツ製品を求めて奔走し、失業や貧困といった問題に直面していく。やがて、姉や恋人がアレックスの無理には付き合えずに背を向けていき、アレックス自身も、東ドイツの生活を愛しく懐かしいものと感じるようになっていくが、急速な時代の変化は、東西冷戦時代を忘却の彼方へと押しやってゆく。グッバイ、レーニン! フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2013年10月

    訃報 2013年10月から見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    10月10日 - スコット・カーペンター、アメリカ合衆国出身の宇宙飛行士、海軍軍人(* 1925年)訃報 2013年10月 フレッシュアイペディアより)

  • パデュー大学

    パデュー大学から見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    世界で初めて航空工学を取り入れた大学であり、航空宇宙工学のレベルはMITに並ぶ。これまで多くの宇宙飛行士を輩出しており、1969年7月20日に人類史上初めて月面に着陸し、あの有名な足跡を残してきた宇宙飛行士のニール・アームストロング(Neil Armstrong)もパデュー大学の卒業生である。パデュー大学 フレッシュアイペディアより)

  • 老年期の終り

    老年期の終りから見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    地球から5000光年離れ、銀河系の中心近くに位置する星ラグラング。歴史が始まって5000年が過ぎたこの星は、都市の大半が無人となり、わずかな住民が残るだけとなっていた。そんな中、5000年間一度も鳴らなかった警報装置が鳴り響く。この警報装置は船籍不明のロケットが上空に侵入すると鳴るというもので、着陸したロケットの内部には人工冬眠状態の少年がただ1人寝ていた。医者のタマゴであるマリモの治療により意識を取り戻した少年は、6000年前に地球から異星の文明と出会うための旅に出たイケダという宇宙飛行士で、総督と面会を果たし地球代表としての友好の意を伝える。だが、そこで総督は衝撃的な事実を告げる。ラグランクは恒星間航路の拠点としての役目を終え、明日にも無人の星と化すどころか、なんとイケダを含む最後の住民はワープ航法で60日後には地球に戻るのだ。家族や恋人をも捨てた6000年間が無駄となったことに、イケダは絶望して気絶してしまう。老年期の終り フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ空軍

    アメリカ空軍から見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    人類初の月面着陸を果たした宇宙飛行士アメリカ空軍 フレッシュアイペディアより)

  • アトランティック・サウスイースト航空2311便墜落事故

    アトランティック・サウスイースト航空2311便墜落事故から見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    アトランティック・サウスイースト航空2311便墜落事故(あとらんてぃっく・さうすいーすとこうくう2311びんついらくじこ)はハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港発ブランズウィック・ゴールデンアイルズ空港行きの定期便だったアトランティック・サウスイースト航空のEMB-120 ブラジリアが1991年4月5日にジョージア州、ブランズウィックのすぐ北に墜落し、乗員乗客23名全員が死亡した事故。乗客に宇宙飛行士のと共和党上院議員のジョン・タワーが居たため、大々的に報道された。また、4年後に同じASAの同じEMB-120で、似たような事故が起こりジョージア州の田園地帯に墜落し9人の死者を出した。アトランティック・サウスイースト航空2311便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • 月の植民

    月の植民から見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    地球以外の天体上の恒久的な人間の居住地(コロニー)はSF作品の主要なテーマの一つである。技術の向上と地球上での人類の将来についての関心が高まるにつれ、幾人かの人々によって、宇宙移民は達成でき、遂行する価値のある目標だと主張されるようになった。地球からの近さと、早くからの望遠鏡による山や平地などの観察で、月は長い間、宇宙の中で人間の植民が可能な候補として見られてきた。しかしながら、アポロ計画により月への旅が(たとえ高コストだとしても)可能であると実証されたものの、宇宙飛行士が持って帰ってきた石と土のサンプルにより、生命に必要ないくつかの元素が極めて少ないことも証明されたせいで、月の植民に対する熱狂は削がれることになった。月の植民 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア号空中分解事故

    コロンビア号空中分解事故から見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    コロンビア号空中分解事故(コロンビアごうくうちゅうぶんかいじこ)は、2003年2月1日、アメリカ合衆国の宇宙船スペースシャトル「コロンビア号」が大気圏に再突入する際、テキサス州とルイジアナ州の上空で空中分解し、7名の宇宙飛行士が犠牲になった事故である。コロンビアは、その28回目の飛行であるSTS-107を終え、地球に帰還する直前であった。コロンビア号空中分解事故 フレッシュアイペディアより)

  • 有人火星探査

    有人火星探査から見た宇宙飛行士宇宙飛行士

    MARS500とは将来の有人火星飛行の際、宇宙飛行士の人体や精神にどのような影響が出るのかを研究するため行われた実験である。有人火星探査 フレッシュアイペディアより)

889件中 31 - 40件表示