45件中 11 - 20件表示
  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見た自衛官

    日本では自衛官が地位を保持したままJAXAの宇宙飛行士選抜試験を受けることは可能であるが、合格した場合にはJAXAの職員となるため自衛隊を退職する必要がある。2015年までに油井亀美也と金井宣茂が宇宙飛行士に選ばれ退職している。なお自衛隊に復帰できるのかは不明。宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見たエドウィン・オルドリン

    燃え尽き症候群の例としては、アポロ11号で人類として初めて月に到達したエドウィン・オルドリンは地球帰還後に鬱病をわずらったことが挙げられる。宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見た鬱病

    燃え尽き症候群の例としては、アポロ11号で人類として初めて月に到達したエドウィン・オルドリンは地球帰還後に鬱病をわずらったことが挙げられる。宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見たTBSテレビ

    日本人に関しての報道では、宇宙開発事業団(現・宇宙航空研究開発機構)所属の飛行士を「宇宙飛行士」と主に指す。またロシアのソユーズロケットに搭乗し日本人初の宇宙飛行を果たしたTBSテレビの記者秋山豊寛、また、その補欠であった菊池涼子の両飛行士は旧ソ連宇宙飛行士資格を取得しているため、現在もソユーズ宇宙船に乗る資格がある。宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見た空軍

    米国の場合宇宙飛行士の初期において多くは空軍、海軍のテスト・パイロットから選抜された。彼らは軍に籍を置いたまま出向の形でNASAに所属し、任務が終了したり、適性を失うと古巣に戻るのが一般である。彼らは宇宙飛行士としては元の軍の階級で呼称される。ロシアの場合もこれに似ている。宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見た大気圏

    宇宙飛行士(うちゅうひこうし、、ソ連/ロシアの飛行士はコスモノート カスマナーフト kosmonavt、中国の飛行士は宇航員や太空人と呼ぶのが通例)とは、宇宙船による大気圏外の飛行を行なうよう選ばれた人のこと。宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見た操縦手 (スペースシャトル)

    操縦手(Pilot (PLT)、パイロット)(船長は操縦手より選出される)宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見たソユーズTM-11

    ロシアで宇宙飛行士訓練をした宇宙飛行士をコスモノート、アメリカで訓練をした者をアストロノート、中国で訓練をした者をタイコノートという。そのため、アメリカ人であっても、アストロノートとコスモノートがいる。ちなみに、アメリカ人初のコスモノートは、ソユーズTM-11に搭乗したノーマン・サガード宇宙飛行士である。宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見た宇宙空間

    国際航空連盟(FAI、航空に関する記録を行う団体)ではカーマン・ラインと呼ばれる海抜高度100km以上、アメリカ軍では50海里(50ノーティカルマイル、92.6km)、FAA(アメリカ政府の航空局)では80km以上の高空を宇宙空間と定義する。アメリカ軍では定義以上の高度を飛行した機体の全搭乗員(機長・操縦士に限らず航法士などでもよい、全ての当該機乗組員)に宇宙飛行士記章 (Astronaut Badge) を授与している。宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見た燃え尽き症候群

    「宇宙から帰還した飛行士の中には、長年の目標を失い、一種の“燃え尽き症候群”に陥る人がいる」宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

45件中 11 - 20件表示