40件中 21 - 30件表示
  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見た搭乗運用技術者

    搭乗運用技術者(Mission Specialist (MS)、ミッションスペシャリスト)宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見た戦闘機

    初期の宇宙飛行では、とにかく宇宙に行って無事に帰ってくる事が最優先され、過酷な打ち上げに耐える体力と不測の事態への対処能力が重視された事から、主に軍の戦闘機パイロットから選抜されていた。近年では科学研究が主体になり、スペースシャトルでは打ち上げ時の負担も軽い事から、科学研究者が訓練を受けて宇宙飛行士になるケースが多い。宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見た宇宙飛行関係者

    宇宙飛行関係者(Spaceflight participant、商用の宇宙旅行者、教師など)宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見た宇宙飛行

    ロシアやアメリカではそれぞれ、宇宙飛行士の資格を設けているが、宇宙飛行士であるかどうか世界に共通するような厳密な規定や定義はない。今の所(2011年において)は「1度でも宇宙に行った人」が宇宙飛行士であるとしている様であるが、何が宇宙飛行であるかの判断には幅がある。たとえばロシアは衛星ミサイル、衛星爆弾は軌道を一周しなければ宇宙法に抵触しないとの立場を採っているが、有人飛行については弾道飛行も宇宙飛行であるとしている。宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見たニューヨーク・タイムズ

    精神医学を専門とするカリフォルニア大学のニック・カナス教授は、ニューヨーク・タイムズ紙(2007年2月7日付)で、以下のようなことを指摘した。宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見た感情

    「彼らは(訓練のおかげで)宇宙でのストレスにはうまく対処はするが、飛行の後の(地上での)現実にはうまく適応できなくなる事例がある。また、感情や人間関係の問題については、いつも上手に対処できるというわけではない」宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見た海抜

    国際航空連盟(FAI、航空に関する記録を行う団体)ではカーマン・ラインと呼ばれる海抜高度100km以上、アメリカ軍では50海里(50ノーチカルマイル、92.6km、ノート参照。)、FAAでは80km以上の高空を宇宙空間と定義する。アメリカ軍では定義以上の高度を飛行した機体の全搭乗員(機長・操縦士に限らず航法士などでもよい、全ての当該機乗組員)に宇宙飛行士徽章(“星条旗を背景に打ち上げられる宇宙船”の翼章)を授与している。宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見た海軍

    米国の場合宇宙飛行士の初期において多くは空軍、海軍のテスト・パイロットから選抜された。彼らは軍に籍を置いたまま出向の形でNASAに所属し、任務が終了したり、適性を失うと古巣に戻るのが一般である。彼らは宇宙飛行士としては元の軍の階級で呼称される。宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見たアポロ11号

    燃え尽き症候群の例としては、アポロ11号で人類として初めて月に到達したエドウィン・オルドリンは地球帰還後に鬱病をわずらったことが挙げられる。宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見た国際航空連盟

    国際航空連盟(FAI、航空に関する記録を行う団体)ではカーマン・ラインと呼ばれる海抜高度100km以上、アメリカ軍では50海里(50ノーチカルマイル、92.6km、ノート参照。)、FAAでは80km以上の高空を宇宙空間と定義する。アメリカ軍では定義以上の高度を飛行した機体の全搭乗員(機長・操縦士に限らず航法士などでもよい、全ての当該機乗組員)に宇宙飛行士徽章(“星条旗を背景に打ち上げられる宇宙船”の翼章)を授与している。宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

40件中 21 - 30件表示

「宇宙飛行士」のニューストピックワード