1 2 3 4 5 次へ
45件中 41 - 45件表示
  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見た搭乗科学技術者

    搭乗科学技術者(Payload Specialist (PS)、ペイロードスペシャリスト)宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見たカーマン・ライン

    国際航空連盟(FAI、航空に関する記録を行う団体)ではカーマン・ラインと呼ばれる海抜高度100km以上、アメリカ軍では50海里(50ノーティカルマイル、92.6km)、FAA(アメリカ政府の航空局)では80km以上の高空を宇宙空間と定義する。アメリカ軍では定義以上の高度を飛行した機体の全搭乗員(機長・操縦士に限らず航法士などでもよい、全ての当該機乗組員)に宇宙飛行士記章 (Astronaut Badge) を授与している。宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見たアメリカ空軍の記章

    国際航空連盟(FAI、航空に関する記録を行う団体)ではカーマン・ラインと呼ばれる海抜高度100km以上、アメリカ軍では50海里(50ノーティカルマイル、92.6km)、FAA(アメリカ政府の航空局)では80km以上の高空を宇宙空間と定義する。アメリカ軍では定義以上の高度を飛行した機体の全搭乗員(機長・操縦士に限らず航法士などでもよい、全ての当該機乗組員)に宇宙飛行士記章 (Astronaut Badge) を授与している。宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見た

    米国の場合宇宙飛行士の初期において多くは空軍、海軍のテスト・パイロットから選抜された。彼らはに籍を置いたまま出向の形でNASAに所属し、任務が終了したり、適性を失うと古巣に戻るのが一般である。彼らは宇宙飛行士としては元の軍の階級で呼称される。ロシアの場合もこれに似ている。宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行士

    宇宙飛行士から見た人間関係

    「彼らは(訓練のおかげで)宇宙でのストレスにはうまく対処はするが、飛行の後の(地上での)現実にはうまく適応できなくなる事例がある。また、感情や人間関係の問題については、いつも上手に対処できるというわけではない」宇宙飛行士 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
45件中 41 - 45件表示