前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
162件中 1 - 10件表示
  • 野々村病院物語

    野々村病院物語から見た宇津井健宇津井 健

    野々村隆之(ののむら たかゆき):宇津井健野々村病院物語 フレッシュアイペディアより)

  • 赤い疑惑

    赤い疑惑から見た宇津井健宇津井 健

    『赤い疑惑』(あかいぎわく)は、1975年10月3日から1976年4月16日までTBSで放送されたテレビドラマ。赤いシリーズ第2弾。平均視聴率23.4%、最高30.9%(関東地区)を記録した。主な出演者は宇津井健、山口百恵、三浦友和。赤い疑惑 フレッシュアイペディアより)

  • 水曜ドラマ (日本テレビ)

    水曜ドラマ (日本テレビ)から見た宇津井健宇津井 健

    4月-6月:『ごくせん』 出演:仲間由紀恵、松本潤、伊東美咲、沢村一樹、生瀬勝久、宇津井健ほか水曜ドラマ (日本テレビ) フレッシュアイペディアより)

  • 山口百恵

    山口百恵から見た宇津井健宇津井 健

    テレビドラマでの初レギュラー出演は1973年10月スタート、大映テレビ制作TBS系の「顔で笑って」。この作品で宇津井健との親子役が始まり、以降宇津井健を公私共に「お父さん」と慕い、後の実際の結婚の際に仲人をお願いしている。1974年10月からはTBSのテレビドラマ赤いシリーズ(いわゆる大映ドラマ)に出演、1作目「赤い迷路」続く「赤い疑惑」「赤い運命」でもやはり宇津井健との親子役。「赤い疑惑」「赤い衝撃」では三浦友和と共演。高い人気を集め、シリーズは6年にも及び、百恵のレギュラー出演作品は6作品にもなった人気ドラマとなる。山口百恵 フレッシュアイペディアより)

  • さすらい刑事旅情編

    さすらい刑事旅情編から見た宇津井健宇津井 健

    主演は宇津井健演じる高杉俊介であったが、物語上の主役は三浦洋一演じる香取達男である。そのため、劇中や予告でのナレーションは基本的に三浦洋一が担当した(?の6話にて、臨時寝台特急エルムに関してのナレーションは相川恵里が行った。)。シリーズごとにキャストの入れ替わりが激しく、全シリーズ出演はこの2人と香取の妹役を演じた相川恵里の3人だけであった。さすらい刑事旅情編 フレッシュアイペディアより)

  • 豊島たづみ

    豊島たづみから見た宇津井健宇津井 健

    それと同時に自分自身のレコーディングも始まり、1977年ポリドールレコードよりアルバム『ちぎれ雲』でデビュー。代表的なヒット曲にテレビドラマ「たとえば愛」(大原麗子主演)のテーマソング「とまどいトワイライト」(作曲:宇崎竜童 作詞:阿木燿子)、「オレンジ色の愛たち」(宇津井健、秋吉久美子、風吹ジュン 出演)のテーマソング「行き暮れて」(作詞:落合恵子、作曲:桜井順、編曲:大村雅朗)等がある。豊島たづみ フレッシュアイペディアより)

  • 野田弥生

    野田弥生から見た宇津井健宇津井 健

    岡倉大吉(藤岡琢也→宇津井健)・節子(山岡久乃)夫婦の長女として誕生。のんびりした優しい性格だが、頑固な一面もある。野田弥生 フレッシュアイペディアより)

  • 岡倉大吉

    岡倉大吉から見た宇津井健宇津井 健

    岡倉大吉(おかくら だいきち)は、TBSのホームドラマ『渡る世間は鬼ばかり』の主人公で同ドラマに登場する架空の人物。第1シリーズから第7シリーズでは藤岡琢也、第8シリーズ以降は宇津井健が演じている。俗に『日本のお父さん』と称されることもある。岡倉大吉 フレッシュアイペディアより)

  • 岡倉葉子

    岡倉葉子から見た宇津井健宇津井 健

    岡倉大吉(藤岡琢也→宇津井健)・節子(山岡久乃)夫婦の四女として誕生。現姓大原岡倉葉子 フレッシュアイペディアより)

  • 小島五月

    小島五月から見た宇津井健宇津井 健

    岡倉大吉(藤岡琢也→宇津井健)・節子(山岡久乃)夫婦の次女として誕生。とても家族思いで我慢強い性格である。小島五月 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
162件中 1 - 10件表示

「宇津井健」のニューストピックワード