205件中 101 - 110件表示
  • 愛しの座敷わらし

    愛しの座敷わらしから見た宇津井健宇津井健

    松本(日栄フーズ社長):宇津井健愛しの座敷わらし フレッシュアイペディアより)

  • 印南高一

    印南高一から見た宇津井健宇津井健

    学生は暇つぶしの中で個性を見出し、それを磨くのが学校・大学である、という学生観・学校観を印南は持っており、教員の責任は、その学生の才能の開花と助成であるという。印南によると、六代目 中村東藏(歌舞伎役者)、九代目 松本幸四郎(歌舞伎役者)、二代目 中村吉右衛門(歌舞伎役者)、宇津井健(俳優。印南が主任教授)、北大路欣也(俳優)、吉永小百合(俳優)、橋田壽賀子(脚本家)、篠田正浩(映画監督)らの有能な諸氏は、授業にあまり出ず、試験の成績は振るわなかった。その諸氏らにとっての大学の存在価値は、役者等の本職では得られない空気を学園で体感しての、人間としての成長にあったという。(『ひとりごと: 私家版』より)印南高一 フレッシュアイペディアより)

  • 桜庭裕一郎

    桜庭裕一郎から見た宇津井健宇津井健

    2001年に学校の校長だった新井真澄(宇津井健)の四女・さくら(竹内結子)と結婚。桜庭裕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 点と線

    点と線から見た宇津井健宇津井健

    三原 紀一(警視庁捜査二課警部補):高橋克典→現在の三原:宇津井健(特別出演)点と線 フレッシュアイペディアより)

  • NISSANミッドナイトステーション ザ・欽グルスショー

    NISSANミッドナイトステーション ザ・欽グルスショーから見た宇津井健宇津井健

    1985年2月23日の放送では、「腹痛がする」と言って関根が途中でスタジオを抜け出し、残った小堺が放送作家の鶴間政行と一緒に番組を進めていたが、数分後に関根がトレンチコートに茶色のタートルネックという、当時TBSテレビで放送されていたドラマ『少女に何が起ったか』の中で宇津井健がしていた格好と同じ様な姿で「窓辺に立つぞうです」と言って現れ、小堺が笑い転げていたということがあった。実は関根、鶴間とディレクターの門脇覚が小堺向けに仕掛けたものだったという(これがリスナー間では「窓辺に立つぞう事件」と言われている)。この3週間後には今度は小堺が「雑誌の取材と撮影でスタジオ入りが遅れる」として関根を仕掛けようとし、関根と当時のマネージャーと2人で番組を進めているところへブリーフ1枚にトイレットペーパーを体中にぐるぐる巻きにした姿で現れるということをしたが、関根には「今までずっとその姿で撮影していたの」と思い込まれて全くウケなかったという。NISSANミッドナイトステーション ザ・欽グルスショー フレッシュアイペディアより)

  • 佃 (東京都中央区)

    佃 (東京都中央区)から見た宇津井健宇津井健

    『車椅子の弁護士・水島威』 - 主演は宇津井健。テレビ朝日土曜ワイド劇場。主人公の水島威が佃に居住している設定。佃 (東京都中央区) フレッシュアイペディアより)

  • 肉体女優殺し 五人の犯罪者

    肉体女優殺し 五人の犯罪者から見た宇津井健宇津井健

    モダニズムの鬼才・石井輝男の監督デビュー初年度にして、すでに6本目の監督作である。「スーパージャイアンツ」シリーズ以来の宇津井健とのタッグで、同シリーズの合間に撮影されている。脚本を中田勇と共同執筆した三輪彰は、本作以降、石井のチーフ助監督として定着した。肉体女優殺し 五人の犯罪者 フレッシュアイペディアより)

  • 中谷一郎

    中谷一郎から見た宇津井健宇津井健

    1952年に俳優座に第4期生として入団。同期には仲代達矢・宇津井健・佐藤慶・佐藤允らがいる。なお、このうち佐藤允、仲代、中谷の3人は、後年岡本喜八監督作品の常連として喜八一家と呼ばれるようになり(中谷は助演ばかりだが本数は一番多い)、佐藤慶も二本の岡本作品に出演している。舞台のみならず、映画・テレビで存在感のある脇役として活躍した。中谷一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 相棒シリーズ X DAY

    相棒シリーズ X DAYから見た宇津井健宇津井健

    “トリオ・ザ・捜一”のリーダー格・伊丹憲一役の川原和久と本作で登場する岩月彬役の田中圭のダブル主演で、川原は本作で映画初主演を務める。脚本は櫻井武晴、監督は橋本一が担当。またTVシリーズのメインキャストに加えて片山雛子役の木村佳乃と金子文郎役の宇津井健らシリーズからのゲスト、season10で『相棒』を卒業した右京の2代目相棒・神戸尊役の及川光博も出演する。また、season10の半ばで小料理屋『花の里』の女将を引き継いだ月本幸子演じる鈴木杏樹は本作が初の映画シリーズの登場となり、以後の劇場版シリーズでも登場している。本作では伊丹と警視庁サイバー犯罪対策課専門捜査官である岩月彬の互いに性格や捜査の姿勢が正反対のコンビの捜査活動が描かれ、やがてその2人の捜査がある企業の秘密漏洩に行き着いていく。相棒シリーズ X DAY フレッシュアイペディアより)

  • 松川事件

    松川事件から見た宇津井健宇津井健

    出演は宇野重吉(岡林弁護士役)をはじめ西村晃(吉田警察部長)、宇津井健(大塚弁護士役)、千田是也、名古屋章、寺島幹夫、小沢弘治(被告・赤間勝美役)、下元勉、多々良純(司検察官役)、加藤嘉(藤木裁判長役)、永井智雄、殿山泰司、北林谷栄(武田シモ役)、岸旗江、沢村貞子、稲葉義男、井上昭文、大塚道子、永田靖、織田政雄、高友子、岸輝子、鶴丸睦彦、浜田寅彦、殿山泰司、宮坂将嘉、中村俊一、城所英夫、矢野宣、小峰千代子、山本学、林昭夫、市原清彦、五月藤江、谷育子、永井柳太郎〈俳優〉、福原秀雄、荘司肇、後藤陽吉、高松政雄、国創典 等。松川事件 フレッシュアイペディアより)

205件中 101 - 110件表示

「宇津井健」のニューストピックワード