205件中 21 - 30件表示
  • 池内淳子

    池内淳子から見た宇津井健宇津井健

    1955年(昭和30年)、『皇太子の花嫁』で映画デビュー。続く清水宏監督の『次郎物語』で姉役を演じ注目される。以来池部良、宇津井健の相手役として多くの作品に出演する。池内淳子 フレッシュアイペディアより)

  • 七人の侍

    七人の侍から見た宇津井健宇津井健

    町を歩く浪人:仲代達矢※、宇津井健※、加藤武※七人の侍 フレッシュアイペディアより)

  • 赤い衝撃

    赤い衝撃から見た宇津井健宇津井健

    赤いシリーズで、山口百恵が初めて主演することになったドラマである。それまで主演を務めてきた宇津井健が初めて退き(初回と後半に特別出演を果たしている)、山口百恵と三浦友和の主演作として、純愛、サスペンス、ドラマを成立させ、その人気をさらに強く決定づけた。赤い衝撃 フレッシュアイペディアより)

  • 野田弥生

    野田弥生から見た宇津井健宇津井健

    岡倉大吉(藤岡琢也→宇津井健)・節子(山岡久乃)夫婦の長女として誕生。のんびりした優しい性格だが、頑固な一面もある。野田弥生 フレッシュアイペディアより)

  • 本間長子

    本間長子から見た宇津井健宇津井健

    岡倉大吉(藤岡琢也→宇津井健)・節子(山岡久乃)夫婦の五女(末っ子)として誕生。末娘らしいお調子者で要領もよく、ちゃっかりした甘えん坊の性格。英語が得意。本間長子 フレッシュアイペディアより)

  • ぴあの

    ぴあのから見た宇津井健宇津井健

    現在の大阪・西天満の音楽好きの元小学校教師(宇津井健)の父子家庭に育った四姉妹(竹下景子・萬田久子・國生さゆり・純名里沙)の、一見何気ない日常やさまざまな生き様を、童話作家志望の末っ子・ぴあのを中心に複数の視点で描いた。タイトルおよびヒロインの役名の「ぴあの」は、「ぴ」にアクセントがつく。ぴあの フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のテレビ (日本)

    2006年のテレビ (日本)から見た宇津井健宇津井健

    2月21日 - 藤岡琢也が、肺炎による長期加療が必要なため、1990年の放送開始から出演していた『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)のレギュラーを降板することを発表。代役は、宇津井健。藤岡は同年10月20日に死去。2006年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • FNS27時間テレビ

    FNS27時間テレビから見た宇津井健宇津井健

    スペシャル・ドラマは「東京物語」、出演は宇津井健、八千草薫、松たか子の3人。FNS27時間テレビ フレッシュアイペディアより)

  • コサキンDEワァオ!

    コサキンDEワァオ!から見た宇津井健宇津井健

    特に大物時代劇俳優(里見浩太朗、加藤剛、高橋英樹、平幹二朗、北大路欣也、伊吹吾郎、あおい輝彦、西郷輝彦など)や水野晴郎らを女性アイドルのように扱うネタや、宇津井健を題材にしたネタは、番組初期から最末期まで定番の投稿ネタとして扱われ続けた。コサキンDEワァオ! フレッシュアイペディアより)

  • 1974年のテレビ (日本)

    1974年のテレビ (日本)から見た宇津井健宇津井健

    TBS系で大映テレビ制作のドラマ『赤い迷路』が放送開始( - 1975年3月28日、全26回)。宇津井健、山口百恵らが主役を務めた「赤いシリーズ」が始まる。1974年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

205件中 21 - 30件表示

「宇津井健」のニューストピックワード