205件中 31 - 40件表示
  • 赤いシリーズ

    赤いシリーズから見た宇津井健宇津井健

    本項では、上記のオリジナルシリーズについて扱う。山口百恵と宇津井健がシリーズの顔であり、最終作『赤い死線』は山口の芸能界引退作品となった。作品一覧についてはこちらを参照。赤いシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 大映テレビ

    大映テレビから見た宇津井健宇津井健

    前身は、大映株式会社のテレビ映画制作セクションとして、1958年10月に発足した大映テレビ製作室(大映テレビ室)。1971年に、大映の倒産直前に分社化され、大映が全額出資する完全子会社の大映テレビ株式会社として設立された。その後、大映の映画資産は、徳間書店グループ傘下の新会社を経て、角川グループに譲渡されて角川映画が所有しているが、同社とは資本的な関係はなくなっている。しかし、映画監督の増村保造や俳優の宇津井健など旧大映に所属していた人物が大映テレビ作品に関わるなど、人脈的には一定の流れは汲んでいる。大映テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 三浦友和

    三浦友和から見た宇津井健宇津井健

    二十歳の春、TBS『シークレット部隊』で芸能界デビューする。芸名の「友和」は、先輩の宇津井健が同ドラマプロデューサーの野添和子(現・大映テレビ顧問)の名前の「和」の字を取って命名したものである。長髪と汚れた服というイメージの当時の若者とは正反対の「こんな奴はいないだろう」(本人談)というような七三分けの真面目なガードマン役だった。このとき忌野清志郎に「七三分け?お前なんかもう友達じゃないよ」と言われるが、それでも忌野はドラマを見て、たった一言だけの三浦のセリフを何度も真似た。三浦友和 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線大爆破

    新幹線大爆破から見た宇津井健宇津井健

    宇津井健:倉持運転指令室長新幹線大爆破 フレッシュアイペディアより)

  • 渡る世間は鬼ばかり

    渡る世間は鬼ばかりから見た宇津井健宇津井健

    最終シリーズ終了からおよそ1年が経過した2012年9月17日と9月24日に「月曜ゴールデン」枠の21時 - 22時54分で、最終シリーズ終了から1年が経った岡倉家や「幸楽」を描いた「ただいま!!2週連続スペシャル〜前後編」が放送された。全シリーズ・全単発スペシャルを通して放送曜日が初めて月曜日となり、解説放送も実施した。2013年にも5月27日と6月3日に「月曜ゴールデン」枠で「2013年2時間スペシャル〜前後編」が放送された。2014年秋も新作スペシャルの収録が予定されていたが、大吉役の宇津井健が死去したために、大吉が急逝した後の岡倉家を描いた「2015年2時間スペシャル〜前後編」が2015年2月16日と2月23日に放送された。2016年9月18日と9月19日に、中華料理店「幸楽」を改装する小島家を描く「2016年2時間スペシャル〜前後編」が放送された。最終シリーズ以降に放送された単発スペシャルはいずれも前後編を2週に分けて放送したが、初めて2夜連続の放送で、初めて日曜日に放送される。テーマソングに歌詞がつき、天童よしみが歌った。2017年9月18日に「渡る世間は鬼ばかり 3時間スペシャル」が放送され、番組史上初の3時間の放送である。渡る世間は鬼ばかり フレッシュアイペディアより)

  • 岡倉節子

    岡倉節子から見た宇津井健宇津井健

    熊本県出身。岡倉大吉(藤岡琢也→宇津井健)と結婚し、長女・弥生(長山藍子)、次女・五月(泉ピン子)、三女・文子(中田喜子)、四女・葉子(野村真美)、五女・長子(藤田朋子)の5人の娘を立派に育て上げる。岡倉節子 フレッシュアイペディアより)

  • スター・システム

    スター・システムから見た宇津井健宇津井健

    大映が1960年代が1970年代にかけて新東宝から大映に移籍した宇津井健主演のザ・ガードマンをロングヒットさせ、宇津井はその後も大映テレビの顔として活躍した。1970年代は「赤いシリーズ」で三浦友和、山口百恵のコンビが特に有名。「京都地検の女」と「京都迷宮案内」の主人公が同じドラマ同士で出演あり。石立鉄男も大映テレビの常連のスターであった。スター・システム フレッシュアイペディアより)

  • 女体棧橋

    女体棧橋から見た宇津井健宇津井健

    モダニズムの鬼才・石井輝男の監督デビュー2年目にして、すでに10本目の監督作である。前年に連打した「スーパージャイアンツ」シリーズ以来の宇津井健とのタッグであるが、日活無国籍アクション的な新東宝の潜入捜査ものである。女体棧橋 フレッシュアイペディアより)

  • 日本名画遺産

    日本名画遺産から見た宇津井健宇津井健

    監督曲谷守平、脚本柳川創造・大野康豊、主演宇津井健、製作・配給新東宝、1961年3月22日公開、収録81分 / 原版84分日本名画遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼平犯科帳スペシャル 一本眉

    鬼平犯科帳スペシャル 一本眉から見た宇津井健宇津井健

    清洲の甚五郎 - 宇津井健鬼平犯科帳スペシャル 一本眉 フレッシュアイペディアより)

205件中 31 - 40件表示

「宇津井健」のニューストピックワード