205件中 41 - 50件表示
  • ブランド (テレビドラマ)

    ブランド (テレビドラマ)から見た宇津井健宇津井健

    川嶋哲雄(68) - 宇津井健(特別出演)ブランド (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ケンとエリカ

    ケンとエリカから見た宇津井健宇津井健

    宇津井健にそっくりな宇宙人。ケンとエリカ フレッシュアイペディアより)

  • わが家は11人

    わが家は11人から見た宇津井健宇津井健

    ジョン・ウォルトン(父):ラルフ・ウェイト(吹替:宇津井健わが家は11人 フレッシュアイペディアより)

  • 富士映画

    富士映画から見た宇津井健宇津井健

    『剣豪対豪傑誉れの決戦』 : 製作・監督近江俊郎、主演宇津井健、1956年3月13日公開富士映画 フレッシュアイペディアより)

  • 松川事件 (映画)

    松川事件 (映画)から見た宇津井健宇津井健

    1960年2月13日、「松川事件劇映画製作委員会」(会長・広津和郎、副会長・太田薫、事務局長・加藤万吉)結成大会が開催され、総評、国鉄労働組合、日本ジャーナリスト会議など、78の団体が参加、常任実行委員会には22団体が選ばれた。大会には、各県の代表120名と、佐多稲子(作家、松川事件対策協議会副会長)、阿部知二(作家、松川事件対策東京協議会会長)、映画監督の山本薩夫、脚本家の八木保太郎、俳優の宇津井健、三島雅夫、左幸子らも出席した。松川事件 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 長生き競争!

    長生き競争!から見た宇津井健宇津井健

    宇津井健と津川雅彦が、ドラマ『野々村病院物語』(TBS系)以来25年ぶりに共演を果たした。なお、過去に東海テレビが制作しゴールデンタイム枠で全国ネットで放送された特別番組は、フジテレビも制作に参加していた関係で、提供クレジットの送出はフジテレビが行っていた。本作はその点において、初めて東海テレビ自身が提供クレジットの送出を行っている。長生き競争! フレッシュアイペディアより)

  • 思春の泉

    思春の泉から見た宇津井健宇津井健

    『思春の泉』(ししゅんのいずみ)は、1953年(昭和28年)11月3日公開の日本映画である。中川信夫監督、新東宝と俳優座の製作提携作品、新東宝の配給作品である。白黒映画、スタンダードサイズ、10巻 / 2,420メートル(1時間28分)。宇津井健の映画デビュー作である。のちに『草を刈る娘』(くさをかるむすめ)と改題した。思春の泉 フレッシュアイペディアより)

  • 検事 (テレビドラマ)

    検事 (テレビドラマ)から見た宇津井健宇津井健

    俳優・宇津井健の連続テレビドラマ初出演作品であったが、当時所属していた大映の圧力により途中降板させられた。検事 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 前田通子

    前田通子から見た宇津井健宇津井健

    父が三越宮城支店に勤めていたこともあり、女学校を中退し三越に入社する。その美貌が評判になり、「赤い羽根」のPR映画に出演している。1955年(昭和30年)、新東宝にスカウトされ、『三等社員と女秘書』で純情社員(宇津井健)を相手に、当時としては大胆なベッドシーンで銀幕デビューする。1956年(昭和31年)、志村敏夫監督の映画『群狼』『女真珠王の復讐』で売り出す。初主演の『女真珠王の復讐』では後姿の全裸シーンが話題になり、大型グラマー女優として一躍スターダムへのし上がり、わずか2年の間に20本以上に主演し、新東宝の屋台骨を支えた。1957年(昭和32年)の映画『海女の戦慄』では主題歌も歌いヒットする。前田通子 フレッシュアイペディアより)

  • 赤い激突

    赤い激突から見た宇津井健宇津井健

    大谷高(おおたに・たかし):宇津井健赤い激突 フレッシュアイペディアより)

205件中 41 - 50件表示

「宇津井健」のニューストピックワード