前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
106件中 1 - 10件表示
  • 宇津井 健

    宇津井健から見た佐藤允

    千葉県立千葉高等学校卒業、早稲田大学第一文学部演劇専修中退。勝新太郎とは幼馴染であった。大学時代は馬術部に所属。在学中の1952年に俳優座養成所に第4期生として入団。同期には佐藤慶・佐藤允・仲代達矢・中谷一郎らがいる。この間に『思春の泉』(1953年、中川信夫監督)で華々しく映画初主演を飾る。配役理由は「裸馬を乗りこなす」ことが条件だったため、適任者がなかなか見つからず、宇津井に白羽の矢がたった。仲代、佐藤慶・中谷からは「ほんとにもう・・・。健ちゃん、馬に乗れて良かったね」と羨ましがられた。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た藤原紀香藤原 紀香

    藤原紀香と所属事務所が同じである。その縁もあり紀香と陣内智則の結婚披露宴では乾杯の音頭を取った。なお契約時期が紀香より若干遅く、事務所内では紀香が「先輩」であると、披露宴の際に打ち明けた。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た仲代達矢仲代 達矢

    千葉県立千葉高等学校卒業、早稲田大学第一文学部演劇専修中退。勝新太郎とは幼馴染であった。大学時代は馬術部に所属。在学中の1952年に俳優座養成所に第4期生として入団。同期には佐藤慶・佐藤允・仲代達矢・中谷一郎らがいる。この間に『思春の泉』(1953年、中川信夫監督)で華々しく映画初主演を飾る。配役理由は「裸馬を乗りこなす」ことが条件だったため、適任者がなかなか見つからず、宇津井に白羽の矢がたった。仲代、佐藤慶・中谷からは「ほんとにもう・・・。健ちゃん、馬に乗れて良かったね」と羨ましがられた。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た小堺一機小堺 一機

    新東宝制作の映画『スーパージャイアンツ』シリーズは、コサキン(小堺一機・関根勤)などが、宇津井演じる主人公の股間部が目立つ(いわゆる「モッコリ」)タイツ姿を頻繁に笑いのネタに(特に「スジですね!」など)していたが、番組内で「江戸前でキュート」と評しているようにこの2人を嫌ってはおらず、ラジオにも度々ゲスト出演、ライオンのごきげんようにも出演している。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た陣内智則

    藤原紀香と所属事務所が同じである。その縁もあり紀香と陣内智則の結婚披露宴では乾杯の音頭を取った。なお契約時期が紀香より若干遅く、事務所内では紀香が「先輩」であると、披露宴の際に打ち明けた。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た山口百恵

    1960年代半ばから80年代前半まで大映テレビドラマの大黒柱として活躍。山口百恵と共演した「赤い」シリーズ、1988年10月から1995年3月まで7シリーズにわたって放送された『さすらい刑事旅情編』などに出演する。また、「赤い」シリーズの前作となるTBS系ドラマ『顔で笑って』では、主題歌「パパは恋人」を山口百恵とデュエットしている。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た小柳ゆき

    自宅にはトレーニングルームがあり、テレビ通販で購入したマシンがたくさん置かれている。小柳ゆきのCDをかけて体を鍛えることが毎日の日課である。ただ有酸素運動は嫌いだという。また、ドラマの収録時の合間には持参した鉄アレイで体を鍛えている。座右の銘は「才能の器は小さい、努力の器は大きい」。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た石井ふく子

    2006年4月12日、長年連れ添った夫人が膵臓癌のため亡くなった。死去した当日も、宇津井は普段通りの態度でラジオやドラマ『渡る世間は鬼ばかり』の仕事をこなした。この時、石井ふく子プロデューサーは「奥さんの死を口止めされていた。セリフもつかえることなく、変わらず仕事をする宇津井さんには本当にプロフェッショナルを感じた。頭が下がる思い」と語っている。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た関根勤関根 勤

    新東宝制作の映画『スーパージャイアンツ』シリーズは、コサキン(小堺一機・関根勤)などが、宇津井演じる主人公の股間部が目立つ(いわゆる「モッコリ」)タイツ姿を頻繁に笑いのネタに(特に「スジですね!」など)していたが、番組内で「江戸前でキュート」と評しているようにこの2人を嫌ってはおらず、ラジオにも度々ゲスト出演、ライオンのごきげんようにも出演している。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た及川光博及川 光博

    芸歴50年以上犯人役を演じたことが無くテレビ朝日の『相棒』に、「この作品なら犯人役として参加したい」と自らラブコールをしていた。結果は『相棒』シーズン9「予兆」と「相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜」で別の役として参加することになった。犯人役ではないものの、近年の当たり役である温厚な男性役ではなく、「一癖も二癖もある食えないエリート」という近年のイメージとは全く異なる人物を好演した。なお、同作品の主演の一人である及川光博と同じ誕生日である。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
106件中 1 - 10件表示

「宇津井健」のニューストピックワード