106件中 21 - 30件表示
  • 宇津井 健

    宇津井健から見た勝新太郎

    千葉県立千葉高等学校卒業、早稲田大学第一文学部演劇専修中退。勝新太郎とは幼馴染であった。大学時代は馬術部に所属。在学中の1952年に俳優座養成所に第4期生として入団。同期には佐藤慶・佐藤允・仲代達矢・中谷一郎らがいる。この間に『思春の泉』(1953年、中川信夫監督)で華々しく映画初主演を飾る。配役理由は「裸馬を乗りこなす」ことが条件だったため、適任者がなかなか見つからず、宇津井に白羽の矢がたった。仲代、佐藤慶・中谷からは「ほんとにもう・・・。健ちゃん、馬に乗れて良かったね」と羨ましがられた。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た佐藤慶

    千葉県立千葉高等学校卒業、早稲田大学第一文学部演劇専修中退。勝新太郎とは幼馴染であった。大学時代は馬術部に所属。在学中の1952年に俳優座養成所に第4期生として入団。同期には佐藤慶・佐藤允・仲代達矢・中谷一郎らがいる。この間に『思春の泉』(1953年、中川信夫監督)で華々しく映画初主演を飾る。配役理由は「裸馬を乗りこなす」ことが条件だったため、適任者がなかなか見つからず、宇津井に白羽の矢がたった。仲代、佐藤慶・中谷からは「ほんとにもう・・・。健ちゃん、馬に乗れて良かったね」と羨ましがられた。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た中谷一郎

    千葉県立千葉高等学校卒業、早稲田大学第一文学部演劇専修中退。勝新太郎とは幼馴染であった。大学時代は馬術部に所属。在学中の1952年に俳優座養成所に第4期生として入団。同期には佐藤慶・佐藤允・仲代達矢・中谷一郎らがいる。この間に『思春の泉』(1953年、中川信夫監督)で華々しく映画初主演を飾る。配役理由は「裸馬を乗りこなす」ことが条件だったため、適任者がなかなか見つからず、宇津井に白羽の矢がたった。仲代、佐藤慶・中谷からは「ほんとにもう・・・。健ちゃん、馬に乗れて良かったね」と羨ましがられた。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た中条静夫

    デパート!夏物語(1991年) - 中条静夫の代役宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見たコサキン

    新東宝制作の映画『スーパージャイアンツ』シリーズは、コサキン(小堺一機・関根勤)などが、宇津井演じる主人公の股間部が目立つ(いわゆる「モッコリ」)タイツ姿を頻繁に笑いのネタに(特に「スジですね!」など)していたが、番組内で「江戸前でキュート」と評しているようにこの2人を嫌ってはおらず、ラジオにも度々ゲスト出演、ライオンのごきげんようにも出演している。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た大映テレビ

    1960年代半ばから80年代前半まで大映テレビドラマの大黒柱として活躍。山口百恵と共演した「赤い」シリーズ、1988年10月から1995年3月まで7シリーズにわたって放送された『さすらい刑事旅情編』などに出演する。また、「赤い」シリーズの前作となるTBS系ドラマ『顔で笑って』では、主題歌「パパは恋人」を山口百恵とデュエットしている。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た石川啄木

    情熱の詩人 琢木 (1962年、大映)宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た中川信夫

    千葉県立千葉高等学校卒業、早稲田大学第一文学部演劇専修中退。勝新太郎とは幼馴染であった。大学時代は馬術部に所属。在学中の1952年に俳優座養成所に第4期生として入団。同期には佐藤慶・佐藤允・仲代達矢・中谷一郎らがいる。この間に『思春の泉』(1953年、中川信夫監督)で華々しく映画初主演を飾る。配役理由は「裸馬を乗りこなす」ことが条件だったため、適任者がなかなか見つからず、宇津井に白羽の矢がたった。仲代、佐藤慶・中谷からは「ほんとにもう・・・。健ちゃん、馬に乗れて良かったね」と羨ましがられた。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た大隈重信

    巨人 大隈重信 (1963年、大映)宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た演劇

    千葉県立千葉高等学校卒業、早稲田大学第一文学部演劇専修中退。勝新太郎とは幼馴染であった。大学時代は馬術部に所属。在学中の1952年に俳優座養成所に第4期生として入団。同期には佐藤慶・佐藤允・仲代達矢・中谷一郎らがいる。この間に『思春の泉』(1953年、中川信夫監督)で華々しく映画初主演を飾る。配役理由は「裸馬を乗りこなす」ことが条件だったため、適任者がなかなか見つからず、宇津井に白羽の矢がたった。仲代、佐藤慶・中谷からは「ほんとにもう・・・。健ちゃん、馬に乗れて良かったね」と羨ましがられた。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

106件中 21 - 30件表示

「宇津井健」のニューストピックワード