204件中 31 - 40件表示
  • 宇津井健

    宇津井健から見た倉石功

    『ザ・ガードマン』の共演者だった倉石功から「そろそろ嫁さんが欲しい」と相談された宇津井が、自身が贔屓にしていた料亭の娘に「金は持っていないけど堅実な男がいるから」と言って倉石を紹介して引きあわせた。倉石はその女性と交際期間半年で結婚した。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井健

    宇津井健から見た中谷一郎

    千葉県立千葉高等学校卒業、早稲田大学第一文学部演劇専修中退。勝新太郎とは幼馴染であった。大学時代は馬術部に所属。在学中の1952年に俳優座養成所に第4期生として入団。同期には佐藤慶・中谷一郎・仲代達矢・佐藤允らがいる。この間に1953年の映画『思春の泉』で初主演をした。配役理由は「裸馬を乗りこなす」ことが条件だったため、適任者がなかなか見つからず、宇津井に白羽の矢がたった。仲代、佐藤慶、中谷からは「ほんとにもう……。健ちゃん、馬に乗れて良かったね」と羨ましがられた。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井健

    宇津井健から見たコサキン

    関根勤と小堺一機が出演していたラジオ番組『コサキン』シリーズにおいては、『スーパージャイアンツ』で宇津井が演じた主人公の股間部が目立ったことに端を発した宇津井の股間ネタが頻繁に扱われ、さらに『新幹線大爆破』や『少女に何が起ったか』、関根も出演した『赤い激突』における宇津井の演技もネタにされた。だが宇津井は、番組内で「江戸前でキュート」と評しているようにこの2人には好感を持っており、ラジオにも度々ゲスト出演、小堺が司会の『ライオンのごきげんよう』にも出演している。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井健

    宇津井健から見た中条静夫

    デパート!夏物語(1991年) - 相馬秀之(第7話以降、中条静夫の代役)宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井健

    宇津井健から見た佐藤慶

    千葉県立千葉高等学校卒業、早稲田大学第一文学部演劇専修中退。勝新太郎とは幼馴染であった。大学時代は馬術部に所属。在学中の1952年に俳優座養成所に第4期生として入団。同期には佐藤慶・中谷一郎・仲代達矢・佐藤允らがいる。この間に1953年の映画『思春の泉』で初主演をした。配役理由は「裸馬を乗りこなす」ことが条件だったため、適任者がなかなか見つからず、宇津井に白羽の矢がたった。仲代、佐藤慶、中谷からは「ほんとにもう……。健ちゃん、馬に乗れて良かったね」と羨ましがられた。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井健

    宇津井健から見た大映テレビ

    『赤いシリーズ』等多くの大映ドラマで共演した三浦友和(本名・稔)の芸名の名付け親でもあり、芸名の"和"という字は、宇津井の親友である大映テレビの野添和子プロデューサーの名前「和子」から拝借して名付けた。尚、三浦のデビュー作は宇津井主演・野添プロデュースの『シークレット部隊』である。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井健

    宇津井健から見た尾崎士郎

    自身の結婚式の仲人は、自身が1960年に初主演したテレビドラマ『人生劇場』の作家・尾崎士郎が務めた。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井健

    宇津井健から見た竹内てるよ

    海のオルゴール(2003年) - 竹内てるよの祖父宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井健

    宇津井健から見た福島正則

    忍者がえし水の城(1996年) - 福島正則、茂市宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井健

    宇津井健から見た野添和子

    『赤いシリーズ』等多くの大映ドラマで共演した三浦友和(本名・稔)の芸名の名付け親でもあり、芸名の"和"という字は、宇津井の親友である大映テレビの野添和子プロデューサーの名前「和子」から拝借して名付けた。尚、三浦のデビュー作は宇津井主演・野添プロデュースの『シークレット部隊』である。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

204件中 31 - 40件表示

「宇津井健」のニューストピックワード