106件中 51 - 60件表示
  • 宇津井 健

    宇津井健から見たまぼろし探偵

    まぼろし探偵 恐怖の宇宙人 (1960年、新東宝) ?宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た千葉県立千葉高等学校

    千葉県立千葉高等学校卒業、早稲田大学第一文学部演劇専修中退。勝新太郎とは幼馴染であった。大学時代は馬術部に所属。在学中の1952年に俳優座養成所に第4期生として入団。同期には佐藤慶・佐藤允・仲代達矢・中谷一郎らがいる。この間に『思春の泉』(1953年、中川信夫監督)で華々しく映画初主演を飾る。配役理由は「裸馬を乗りこなす」ことが条件だったため、適任者がなかなか見つからず、宇津井に白羽の矢がたった。仲代、佐藤慶・中谷からは「ほんとにもう・・・。健ちゃん、馬に乗れて良かったね」と羨ましがられた。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見たアンダルシア馬

    早稲田大学に入学直後、新宿で颯爽と馬に乗る同大学の馬術部員に惹かれ、馬術部に入部。以来、乗馬歴は60年に及び、乗馬技術のみならず馬の習性・乗馬用具にも造詣が深く、日本の俳優の中でも、屈指の馬術の達人の一人として挙げられている。上述の通り、乗馬のおかげで初主演を早々に得るなど、「役者としての幸運なスタートが切れたのも、ひとえに乗馬のおかげ」と語っている。映画・テレビドラマで乗馬のシーンでは愛馬を持ち込み撮影に臨むほどで、『武田信玄 (NHK大河ドラマ)』の第四回川中島の戦いでは、愛馬を駆っているシーンを観ることができる。愛馬はアメリカやアラブから輸入したものを自ら調教し、暇さえあれば愛馬を預けてある山梨県の牧場に通っていた。70歳の時に妻が病気になったため、愛馬を手放し、一旦乗馬を止めたが、2011年11月22日に放送されたドキュメンタリー番組『旅のチカラ 「宇津井健80歳 馬上人生を過ぐ」』(NHKBSプレミアム)では10年ぶりに乗馬をした。かつて輸入したかったが、いろいろな障害で愛馬にできずに断念した、念願のアンダルシア馬で、1泊2日の乗馬旅をしている。馬肉も食し「お皿の上に乗っかっている物を可哀想がっても仕方ない。おいしく頂く事が供養だ」と語っている。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た張込み

    松本清張シリーズ・黒い断層 「張込み」(1960年) - 柚木刑事宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た乗馬

    特技は乗馬、ナイフ製作。サムデイ所属。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見たクリスチャン

    2005年6月23日の『とんねるずのみなさんのおかげでした』に息子の宇津井隆(フジテレビ事業センター事業推進担当部長)が出演している。2005年の自身の誕生日に、重病を患うもクリスチャンになり気丈に振舞っていた妻の姿に心を打たれクリスチャンになった。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た人間の壁 (映画)

    人間の壁 (1959年、新東宝)宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た黒い福音

    松本清張スペシャル・黒い福音(1984年) - 藤沢刑事宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た検事霧島三郎

    検事霧島三郎 (1964年、大映)宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井 健

    宇津井健から見た時代劇

    俳優座を経て、新東宝に入社。若手映画スターの一人として活躍。新東宝倒産後、大映に移り、テレビドラマにも進出し、以来60年近く現代劇・時代劇双方で幅広く活躍してきた名優の一人。代表作は『スーパージャイアンツ』シリーズ、『東京警備指令 ザ・ガードマン』、『新幹線大爆破』、『赤いシリーズ』、『さすらい刑事旅情編』、『信長 KING OF ZIPANGU』、『渡る世間は鬼ばかり』など。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

106件中 51 - 60件表示

「宇津井健」のニューストピックワード