204件中 71 - 80件表示
  • 宇津井健

    宇津井健から見たたんぽぽ (テレビドラマ)

    たんぽぽ』出演以降、橋田壽賀子作品にはたびたび起用され、「橋田(石井)ファミリー」の一員と見なされた(2006年4月6日からは、11年ぶりに『渡る世間は鬼ばかり』で藤岡琢也に代わり岡倉大吉を演じていた)。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井健

    宇津井健から見たシークレット部隊

    『赤いシリーズ』等多くの大映ドラマで共演した三浦友和(本名・稔)の芸名の名付け親でもあり、芸名の"和"という字は、宇津井の親友である大映テレビの野添和子プロデューサーの名前「和子」から拝借して名付けた。尚、三浦のデビュー作は宇津井主演・野添プロデュースの『シークレット部隊』である。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井健

    宇津井健から見た新幹線大爆破

    俳優座を経て、新東宝に入社。若手映画スターの一人として活躍。新東宝倒産後は大映に移籍、大映倒産後はフリーとなる。大映在籍時からテレビドラマにも進出し、以来60年近く第一線で活躍した。代表作は『スーパージャイアンツ』シリーズ、『ザ・ガードマン』、『新幹線大爆破』、『赤いシリーズ』、『さすらい刑事旅情編』、『信長 KING OF ZIPANGU』、『渡る世間は鬼ばかり』など。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井健

    宇津井健から見た岡倉大吉

    『たんぽぽ』出演以降、橋田壽賀子作品にはたびたび起用され、「橋田(石井)ファミリー」の一員と見なされた(2006年4月6日からは、11年ぶりに『渡る世間は鬼ばかり』で藤岡琢也に代わり岡倉大吉を演じていた)。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井健

    宇津井健から見た俳優座

    俳優座を経て、新東宝に入社。若手映画スターの一人として活躍。新東宝倒産後は大映に移籍、大映倒産後はフリーとなる。大映在籍時からテレビドラマにも進出し、以来60年近く第一線で活躍した。代表作は『スーパージャイアンツ』シリーズ、『ザ・ガードマン』、『新幹線大爆破』、『赤いシリーズ』、『さすらい刑事旅情編』、『信長 KING OF ZIPANGU』、『渡る世間は鬼ばかり』など。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井健

    宇津井健から見た思春の泉

    千葉県立千葉高等学校卒業、早稲田大学第一文学部演劇専修中退。勝新太郎とは幼馴染であった。大学時代は馬術部に所属。在学中の1952年に俳優座養成所に第4期生として入団。同期には佐藤慶・中谷一郎・仲代達矢・佐藤允らがいる。この間に1953年の映画『思春の泉』で初主演をした。配役理由は「裸馬を乗りこなす」ことが条件だったため、適任者がなかなか見つからず、宇津井に白羽の矢がたった。仲代、佐藤慶、中谷からは「ほんとにもう……。健ちゃん、馬に乗れて良かったね」と羨ましがられた。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井健

    宇津井健から見たタイムスクープハンター

    映画作品の遺作は、2013年8月31日公開『劇場版 タイムスクープハンター -安土城 最後の一日-』。テレビドラマの遺作は2013年5月27日、6月3日の2週にかけて前・後編で放送された『渡る世間は鬼ばかり 2013年スペシャル』であった。最後の渡鬼収録時は肺気腫の影響もあって呼吸が困難であったため、撮影の合間に呼吸器をつけて息を整えながら臨み、1分以上の長台詞も最小限に抑える配慮の下で無事に乗り切った。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井健

    宇津井健から見た山田太郎ものがたり

    山田太郎ものがたり(2007年) - 一ノ宮校長宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井健

    宇津井健から見た武蔵 MUSASHI

    武蔵 MUSASHI(2003年) - 児島備前宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井健

    宇津井健から見たABO式血液型

    宇津井 健(うつい けん、1931年(昭和6年)10月24日 - 2014年(平成26年)3月14日)は、日本の俳優である。身長173cm、血液型はA型。東京府東京市深川区出身。(現在の東京都江東区出身)宇津井健 フレッシュアイペディアより)

204件中 71 - 80件表示

「宇津井健」のニューストピックワード