51件中 31 - 40件表示
  • 宇津木妙子

    宇津木妙子から見た三冠王

    世界選手権に出場した宇津木を少女時代に見て「世界一の選手」と感じ、宇津木が現役引退した後の1988年に中華人民共和国から来日して日立高崎で宇津木の指導を受けたのが宇津木麗華(任彦麗)だった。1994年の日本リーグで三冠王を獲得した後、1995年に日本に帰化し、「宇津木」の姓を名乗った。その後、シドニーとアテネの2度のオリンピックでは宇津木妙子監督の下で日本代表チームの主砲として活躍し、現役引退後は宇津木妙子を継いでルネサス高崎の監督に就任している。宇津木妙子 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津木妙子

    宇津木妙子から見たアテネオリンピック (2004年)

    2004年8月、アテネオリンピック銅メダル。同年9月、日本代表監督退任。宇津木妙子 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津木妙子

    宇津木妙子から見た日本ソフトボールリーグ

    埼玉県川島町立川島中学校1年時からソフトボールを始める。その後、三塁手として星野女子高等学校を経て日本ソフトボールリーグ女子1部のユニチカ垂井に所属し、1974年世界選手権出場。宇津木妙子 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津木妙子

    宇津木妙子から見た国際ソフトボール連盟

    2005年、国際ソフトボール連盟殿堂入り。日本人で初の栄誉となる。宇津木妙子 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津木妙子

    宇津木妙子から見たアトランタオリンピック

    高山樹里(たかやまじゅり 1976年10月21日- 神奈川県横須賀市出身)は豊田自動織機所属。身長162cm、血液型B。右投げ右打ち。 アトランタ、シドニー、アテネと五輪3大会連続で出場、アトランタとシドニーでは開幕投手。先発のほかリリーフでも登場して、ストレートと得意のライズボールで、『女大魔神』と呼ばれる。宇津木妙子 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津木妙子

    宇津木妙子から見た川島町立川島中学校

    埼玉県川島町立川島中学校1年時からソフトボールを始める。その後、三塁手として星野女子高等学校を経て日本ソフトボールリーグ女子1部のユニチカ垂井に所属し、1974年世界選手権出場。宇津木妙子 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津木妙子

    宇津木妙子から見たプロジェクトX〜挑戦者たち〜

    NHKのテレビ番組「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」の第38回として、2001年1月30日に「女子ソフト銀メダル 知られざる日々」が放送され、宇津木の半生が取り上げられた。これは後にダウンロードデータ化、および書籍化されている。宇津木妙子 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津木妙子

    宇津木妙子から見たジャパンコンソーシアム

    2008年8月、北京オリンピックではジャパンコンソーシアムでのテレビ解説者となった。宇津木妙子 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津木妙子

    宇津木妙子から見たライズボール

    上野由岐子(うえのゆきこ 1982年7月22日- 福岡県福岡市出身)はルネサス高崎所属。身長173cm、右投げ右打ち。最高球速119km/hの直球(世界最速で、野球での体感速度160 - 170kmに匹敵するといわれる)とライズボール、ドロップを持つエース。五輪直前のジャパンカップではアメリカ戦でノーヒットノーラン、アテネ五輪では中国戦で完全試合を達成。宇津木妙子 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津木妙子

    宇津木妙子から見た星野学園中学校・星野高等学校

    埼玉県川島町立川島中学校1年時からソフトボールを始める。その後、三塁手として星野女子高等学校を経て日本ソフトボールリーグ女子1部のユニチカ垂井に所属し、1974年世界選手権出場。宇津木妙子 フレッシュアイペディアより)

51件中 31 - 40件表示

「宇津木妙子」のニューストピックワード