前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2605件中 1 - 10件表示
  • 伊勢貞興

    伊勢貞興から見た安土桃山時代安土桃山時代

    戦国時代後期から安土桃山時代の人物。本項で詳述する。伊勢貞興 フレッシュアイペディアより)

  • 骨法 (格闘技)

    骨法 (格闘技)から見た安土桃山時代安土桃山時代

    虎倒流(ことうりゅう) - 戦国時代に玉虎流骨指術から分流した骨法術の流派であり、安土桃山時代の戸田左京一心斎が流祖とされる。骨法 (格闘技) フレッシュアイペディアより)

  • 前野長康

    前野長康から見た安土桃山時代安土桃山時代

    前野 長康(まえの ながやす)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名。豊臣氏の家臣。但馬国出石城主。前野長康 フレッシュアイペディアより)

  • 陽泰院

    陽泰院から見た安土桃山時代安土桃山時代

    陽泰院(ようたいいん、天文10年(1541年) - 寛永6年1月8日(1629年2月1日))は、戦国時代から安土桃山時代・江戸時代にかけての女性。陽泰院 フレッシュアイペディアより)

  • 荒川豊蔵

    荒川豊蔵から見た桃山時代安土桃山時代

    荒川 豊藏(あらかわ とよぞう、1894年3月21日 - 1985年8月11日)は、昭和を代表する美濃焼の陶芸家。岐阜県多治見市出身。桃山時代の志野に陶芸の原点を求め、古志野の筍絵陶片を発見した牟田洞古窯跡のある大萱に桃山時代の古窯を模した半地上式穴窯を築き、古志野の再現を目指して作陶を重ねた。終には「荒川志野」と呼ばれる独自の境地を確立した。斗出庵、無田陶人と号す。荒川豊蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 鍔

    から見た安土桃山時代安土桃山時代

    日本の刀装の場合、太刀様式のものではなく打刀様式の“差す”刀に鍔が付くようになったのは南北朝時代から室町時代に入った時期であり、下級の足軽の用いるような普及品の刀装に至るまで刀(打刀)に大型の鍔が付くようになったのは大坂の陣の前後のことである。各種の資料や寺社の遺品からは、安土桃山時代ではまだ消耗品としての低級な刀装では鍔がないか、付いたとしても総じて小振りなものであったことが伺われる。 フレッシュアイペディアより)

  • 破風

    破風から見た安土桃山時代安土桃山時代

    破風は、元は切妻造、入母屋造の造形である。のち、平安時代頃以降に千鳥破風や唐破風が現れ、室町時代末期から安土桃山時代にかけての時期に、神社の権現造や城郭の天守のように複数の破風を組み合わせるデザインが考え出された。破風 フレッシュアイペディアより)

  • 美鈴湖

    美鈴湖から見た安土桃山時代安土桃山時代

    農業(かんがい)用水を確保するため池として築かれた人造湖で、古くからの名は芦の田池(あしのたいけ)。その歴史は安土桃山時代に始まり、昭和の大改修工事で規模を拡大し現在の姿になった。1953年(昭和28年)には美鈴湖と改称されている。美鈴湖 フレッシュアイペディアより)

  • 下緒

    下緒から見た安土桃山時代安土桃山時代

    繁打(しげうち):重打/重組(しげくみ)とも。厚手で織り目の目立つ組紐の様式で、天正期の拵えによく使われた。下緒 フレッシュアイペディアより)

  • 教林坊

    教林坊から見た桃山時代安土桃山時代

    境内の地面は至るところで苔生して古刹然としており、桃山時代に作られた小堀遠州作と伝わる庭には苔生した庭石、巨石が点在している。この様を白洲正子は著書『かくれ里』で『石の寺』と題し紹介している。教林坊 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2605件中 1 - 10件表示

「安土桃山時代」のニューストピックワード