3666件中 91 - 100件表示
  • 大石良定

    大石良定から見た安土桃山時代安土桃山時代

    大石 良定(おおいし よしさだ、生年不詳(1540年代) - 慶長13年1月13日(1608年2月28日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。通称は平左衛門(へいざえもん)。大石良定 フレッシュアイペディアより)

  • 桑折政長

    桑折政長から見た安土桃山時代安土桃山時代

    桑折 政長(こおりまさなが)は、安土桃山時代の武将。伊達氏重臣。桑折政長 フレッシュアイペディアより)

  • 黒川清実

    黒川清実から見た安土桃山時代安土桃山時代

    黒川 清実(くろかわ きよざね)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。越後国の国人領主黒川氏の当主。相模国の名族で鎌倉幕府創立の功臣、平姓三浦氏、和田氏の流れである。沼垂郡(北蒲原郡)奥山庄の黒川城城主。揚北衆三浦党の一人。黒川清実 フレッシュアイペディアより)

  • 広橋国光

    広橋国光から見た安土桃山時代安土桃山時代

    広橋 国光(ひろはし くにみつ、大永6年5月19日(1526年7月8日) - 永禄11年11月12日(1568年12月10日))は戦国時代、安土桃山時代の公家。藤原北家日野流、家格は名家で、広橋兼秀の子。母は勧修寺政顕の娘。妻は高倉永家の娘。子に広橋兼勝、日野輝資、日禎(本圀寺16世、常寂光寺開山。)。号は後引接院。法名は尊寂。官位は正二位権大納言。正親町天皇に仕える。広橋国光 フレッシュアイペディアより)

  • 三条公広

    三条公広から見た安土桃山時代安土桃山時代

    三条 公広(さんじょう きんひろ、天正5年2月4日(1577年2月21日) ‐ 寛永3年10月7日(1626年11月25日))は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての公卿。主に後陽成天皇(107代)・後水尾天皇(108代)の二代にわたり朝廷に仕えた。内大臣三条西公国の次男。母は左大臣西園寺公朝の娘。兄に右大臣実条が、子に左大臣実秀がいる。正室は権中納言正親町三条公仲の娘。初名は公盛(きんもり)。三条公広 フレッシュアイペディアより)

  • 旧家

    旧家から見た織豊政権安土桃山時代

    旧家(きゅうけ)とは、公家の家格の1つ。天正年間以前に設立された家門を持つ家を指す。ただし、公家法としての初出は寛延3年(1750年)の「官位御定(官位定条々)」が最初であり、これが制定された当時に存続していた家に限定するのが普通である。また、同法では摂関家や七清華は家格が別格であるとして旧家に加えていない。同法制定時の旧家は54、摂関家・七清華を含めて数えると66で、織豊政権成立期に存在していた公家のほぼ全てであったとみられている。旧家 フレッシュアイペディアより)

  • 冷泉派

    冷泉派から見た安土桃山時代安土桃山時代

    室町時代の代表歌人は今川貞世。安土桃山時代には当主が勅勘をこうむり没落するも、今川貞世の末裔を正室(築山殿)として迎えていた徳川家康の尽力により再興される。ちなみに、家康自身は飛鳥井派門弟である。江戸時代の一時期、徳川吉宗の治世時に限っては栄えた。二条派の繁栄には及ぶべくもないが、京極派と対照的に長くは続いた。京極派に比べ歌風としては特筆すべきものはないが、宗匠家の血統のみは主流派の二条派からも尊ばれた。冷泉派 フレッシュアイペディアより)

  • 田中宗慶

    田中宗慶から見た安土桃山時代安土桃山時代

    田中 宗慶(たなか そうけい 1535年? - 没年未詳)は、安土桃山時代の陶芸家。利休の意向を受けて長次郎と共に楽焼を生産していた共同経営者であったと目され、楽吉左衛門家の成立に深く関わった人物とされる。田中宗慶 フレッシュアイペディアより)

  • 桑折景長

    桑折景長から見た安土桃山時代安土桃山時代

    桑折 景長(こおり かげなが)は、戦国時代から安土桃山時代の武将。伊達氏重臣。出羽国長井郡小松城主。桑折景長 フレッシュアイペディアより)

  • 松平民部

    松平民部から見た安土桃山時代安土桃山時代

    松平 民部(まつだいら みんぶ、1582年(天正10年) - 1616年(元和2年))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。徳川家康の落胤とされる。母は法光院()。永見民部とも。松平民部 フレッシュアイペディアより)

3666件中 91 - 100件表示

「安土桃山時代」のニューストピックワード