2605件中 21 - 30件表示
  • 日本料理

    日本料理から見た安土桃山時代安土桃山時代

    したがって、日本で独自に発生した料理で、外国から伝来したものではないにもかかわらず、日本料理とはみなされないものもある。例えばお好み焼きは、原型が安土桃山時代以前からあったものの鉄板焼きという料理技法が一般化したのは第二次世界大戦後であることから、日本国内では日本料理と区別されている。日本料理 フレッシュアイペディアより)

  • 運河

    運河から見た安土桃山時代安土桃山時代

    日本は、周りを海に囲まれており、時代の要請に合わせて海運が発達したため、川船のための運河を造るよりも河口の港同士を結ぶ海運航路が開発された。安土桃山時代にかけて治水能力が向上し、江戸時代にかけて、地方政権(藩)が各地に出来て資本集中と城下町建設(都市化)が発生したため、各地で河川改修や運河開削が行われ、川船流通が発達した。明治以降は、速く大量に物資を運ぶことが出来る鉄道が発達したため、近代的な運河は六大都市の大量物流に関わる部分や国際貿易港周辺に主に造られた。昭和時代になると、トラック流通が発達したため、堀や運河を埋め立てて道路にする動きが活発化した。現在の街の幹線道路がかつての堀の跡だったところも多い。運河 フレッシュアイペディアより)

  • 慶長

    慶長から見た安土桃山時代安土桃山時代

    5月8日 - 近衛前久、安土桃山時代から江戸時代初期の公家(* 天文5年)慶長 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後川

    筑後川から見た安土桃山時代安土桃山時代

    筑後川の開発が積極的に行われるようになったのは豊臣秀吉が全国統一を果たした安土桃山時代末期、筑後川の中州開拓からである。1592年(天正20年)緒方将監は道海島を開拓するために入部し、肥前国住民からの妨害にも負けず1610年(慶長15年)に18年の歳月を掛けて開墾に成功した。1605年(慶長10年)からは肥後国菊池氏の末裔である菊池十左衛門が浮島を、1610年からは筑後国三潴郡(みずまぐん)住人三郎左衛門が大野島の開拓を行い新田を開墾した。これらの島は筑後国領域と認定され、現在でも福岡県の一部となっている。1622年(元和8年)には柳河藩貨幣方だった三潴郡の豪商・紅粉屋七郎左衛門が干拓によって80町歩を開拓している。この頃干拓地は『搦』(からみ)、または『開』(ひらき)と呼ばれていた。『搦』については干拓堤防の中心となる杭に竹などの枝を絡み付ける技法から、『開』は開拓・開墾・開発から語源が来ていると考えられている。筑後川 フレッシュアイペディアより)

  • 元安橋

    元安橋から見た安土桃山時代安土桃山時代

    安土桃山時代に木橋として築造されたものを、1926年に鋼橋に永久橋化、1945年原爆被災の際、爆心地より約130mに位置し爆心地から最も近い橋であったが、落橋を免れた。その被災状況から、爆心地特定の手がかりとなった。戦後も長く使用されてきたが、1992年に架け替えられた。日本百名橋の一つ。元安橋 フレッシュアイペディアより)

  • 本川橋

    本川橋から見た安土桃山時代安土桃山時代

    安土桃山時代に木橋として築造されたものを、1897年に鋼トラス橋に永久橋化され、落橋に伴い現在の橋は1949年に再架橋されたもの。本川橋 フレッシュアイペディアより)

  • 弓術

    弓術から見た安土桃山時代安土桃山時代

    平安時代の10世紀頃、武士が登場して以来、騎射・弓術は武士の表芸として弓馬の道とされた。騎射・弓術は実戦武術としての稽古も盛んに行われるなど、戦国中期までは戦での主戦力であった。また、弓矢は邪を祓う力があるとされ、霊器・神器として、精神性の高いものとして扱われていた(現在でも破魔弓として信仰の名残や各地で弓道、流鏑馬神事が行われている)。鎌倉時代には「騎射三物」と言われる、流鏑馬・犬追物・笠懸が武芸の一つとして、また行事ごとにおいて盛んに行われたが、室町時代・安土桃山時代と時代が進むにつれ一時的に衰退する。戦国後期に「弓」が戦場の主戦力から後退するが、依然「弓射」は武士の表芸とされ武士の間での人気も高く、心身鍛練の道として泰平の江戸の世においても弓は引かれ弓術流派、射術は発展していく。江戸時代に入ると流派単位の活動が盛んになる。江戸初期には三十三間堂の軒下(長さ約120m)を射通す「通し矢」が次第に盛んとなり、「天下総一」をかけて各藩腕利きの藩士が藩の威信と己の命を懸けて競い合った。寛文9年(1669年)星野勘左衛門(日置流尾州竹林派)によって総矢数10,242本・通し矢数8,000本、貞享3年(1686年)和佐大八郎(日置流紀州竹林派)によって総矢数13,053本・通し矢数8,133本という大記録が生まれる。江戸中期、徳川吉宗により一時衰退していた流鏑馬が奨励され、以降、復興した流鏑馬が全国の神社等で神事として行われる。弓術 フレッシュアイペディアより)

  • 北条氏照

    北条氏照から見た安土桃山時代安土桃山時代

    北条 氏照(ほうじょう うじてる)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。北条氏康の3男。宗家の虎に呼応し、「如意成就」と刻まれた龍の印章を使用した。北条氏照 フレッシュアイペディアより)

  • 北般若村

    北般若村から見た安土桃山時代安土桃山時代

    砺波平野で一般的に見られる散居村はこの地域では見られない。地域の東側を流れる庄川と、西側を流れる千保川の間の微高地に沿って南から北へ西部金屋、石代、吉住、春日の各集落が形成されている。また大清水は安土桃山時代から江戸時代初期に北陸本街道に沿って形成された街村集落である。徳市、吉住新、吉住又新集落は塊村となっている。北般若村 フレッシュアイペディアより)

  • 12月17日

    12月17日から見た安土桃山時代安土桃山時代

    1596年(慶長元年10月28日)- 酒井忠次、(* 1527年)- 戦国時代、安土桃山時代の武将(1596年12月17日12月17日 フレッシュアイペディアより)

2605件中 21 - 30件表示

「安土桃山時代」のニューストピックワード