3666件中 31 - 40件表示
  • 日本語

    日本語から見た安土桃山時代安土桃山時代

    安土桃山時代から江戸時代極初期にかけては、ポルトガル人の宣教師が数多くのキリシタン資料を残しているが、その中に各地の方言を記録したものがある。京都のことばを中心に据えながらも九州方言を多数採録した『日葡辞書』(1603年?1604年)や、筑前や備前など各地の方言の言語的特徴を記した『ロドリゲス日本大文典』(1604年?1608年)はその代表である。日本語 フレッシュアイペディアより)

  • コンブ

    コンブから見た安土桃山時代安土桃山時代

    日本では、古くから昆布が食べられてきた。縄文時代の遺跡からは、ワカメなどの海藻の植物遺存体が見つかっており、コンブもまた、この時代から食されていたかもしれない。文字資料で残っているものとしては、前述の「軍布(め)」は、音から推測して、コンブであった可能性がある。続日本紀(797年)の霊亀元年(715年)十月丁丑条には、蝦夷(大和朝廷に属さない東北人一般とする説と、アイヌ人説がある)の須賀古麻比留が「先祖代々、朝廷に献上している昆布はこの地で取れるもので、毎年欠かしたことがない」と言った、とある。平安時代の延喜式(927年)にも、陸奥から貢納されていたことが記されている。また、三管領の一家に数えられた細川氏は、元海賊であった水軍の舟で京都に持ち込んだとされる。安土桃山時代には城建築の際に石を滑らせるための材料として使用していた。安土城や大阪城でもこの工法が使われている。コンブ フレッシュアイペディアより)

  • 骨法 (格闘技)

    骨法 (格闘技)から見た安土桃山時代安土桃山時代

    虎倒流(ことうりゅう) - 戦国時代に玉虎流骨指術から分流した骨法術の流派であり、安土桃山時代の戸田左京一心斎が流祖とされる。骨法 (格闘技) フレッシュアイペディアより)

  • 諱

    から見た安土桃山時代安土桃山時代

    戦国時代から安土時代には外交手段として一字を貰い受けることもあった(織田信長→長宗我部信親など)。桃山時代には、豊臣秀吉が積極的に大名の子息に「秀」の字を与えている。結城秀康、徳川秀忠(家康の次男、三男)、宇喜多秀家、毛利秀元、伊達秀宗などがそうである。 フレッシュアイペディアより)

  • 前野長康

    前野長康から見た安土桃山時代安土桃山時代

    前野 長康(まえの ながやす)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名。豊臣氏の家臣。但馬国出石城主。前野長康 フレッシュアイペディアより)

  • 大正

    大正から見た安土桃山時代安土桃山時代

    大正時代は大正天皇の治世を指している。日本の歴史の時代区分は通常、飛鳥・奈良・平安・鎌倉・室町・安土・桃山・江戸と政権の中心地による呼称である。大正時代は(年数が大正元年〜大正15年の15年間で、期間は1912年〜1926年の14年間)で日本史で一番短い時代区分である。大正 フレッシュアイペディアより)

  • 近世

    近世から見た安土桃山時代安土桃山時代

    ?安土桃山時代と江戸時代を合わせたものを近世とする。近世 フレッシュアイペディアより)

  • 運河

    運河から見た安土桃山時代安土桃山時代

    日本は、周りを海に囲まれており、時代の要請に合わせて海運が発達したため、川船のための運河を造るよりも河口の港同士を結ぶ海運航路が開発された。安土桃山時代にかけて治水能力が向上し、江戸時代にかけて、地方政権(藩)が各地に出来て資本集中と城下町建設(都市化)が発生したため、各地で河川改修や運河開削が行われ、川船流通が発達した。明治以降は、速く大量に物資を運ぶことが出来る鉄道が発達したため、近代的な運河は六大都市の大量物流に関わる部分や国際貿易港周辺に主に造られた。明治初期には河川水運を念頭において河川が整備され、それに伴い運河も整備されたが、明治中期以降は河川水運はほぼ放棄され、運河の重要性も低下した。それでも都市の沿岸部を中心に運河は命脈を保ち続けたが、昭和時代後期になると、トラック流通が発達したため、堀や運河を埋め立てて道路にする動きが活発化した。現在の街の幹線道路がかつての堀の跡だったところも多い。運河 フレッシュアイペディアより)

  • 等々力家

    等々力家から見た安土桃山時代安土桃山時代

    江戸時代の松本藩主の本陣として使用された施設で、安曇野市有形文化財(旧・穂高町文化財)に指定されている。桃山中期の様式須弥山石組の庭園と、長屋門、書院は江戸時代中期の作である。等々力家 フレッシュアイペディアより)

  • 桃山文化

    桃山文化から見た安土桃山時代安土桃山時代

    桃山文化(ももやまぶんか)または安土桃山文化(あづちももやまぶんか)は、織田信長と豊臣秀吉によって天下統一事業が進められていた安土桃山時代の日本の文化である。この時代、戦乱の世の終結と天下統一の気運、新興大名・豪商の出現、さかんな海外交渉などを背景とした、豪壮・華麗な文化が花ひらいた。桃山文化 フレッシュアイペディアより)

3666件中 31 - 40件表示

「安土桃山時代」のニューストピックワード