2605件中 41 - 50件表示
  • 伊予八藩

    伊予八藩から見た安土桃山時代安土桃山時代

    徳川家康が関ヶ原の戦いで西軍を破り江戸幕府を開く前、伊予国は織豊大名の加藤嘉明、福島正則、安国寺恵瓊などが伊予を治めていた。戦後の論功行賞で西軍についた恵瓊が領地没収・梟首に処され、東軍についた福島・加藤はそれぞれ備後・安芸49万石(広島藩)と伊予松山に20万石へ加増され、加藤が伊予松山藩を立藩した。伊予松山藩はのちに蒲生氏、久松松平氏と領主が変わり明治維新まで続いた。伊予八藩 フレッシュアイペディアより)

  • 光明寺 (伊勢市)

    光明寺 (伊勢市)から見た安土桃山時代安土桃山時代

    安土桃山時代の天正年間(1573-1591年)、伊勢神宮の要請により周辺で梵鐘を突くことが禁止された。これに抗議した当寺のみが豊臣秀吉から許可を得て近世の伊勢神宮周辺で唯一鐘楼を有したことから「光明寺の一つ鐘」と呼ばれるようになった。この鐘は鎌倉時代の建長年間(1249-1255年)に朝廷から贈られたものと伝えられるが、事実でないともいう。破損したため元和5年(1619年)に外宮権禰宜の出口延繁が寄進した。光明寺 (伊勢市) フレッシュアイペディアより)

  • 美濃焼

    美濃焼から見た桃山時代安土桃山時代

    平安時代に作られた須恵器から発展し、鎌倉時代以降、瀬戸市周辺の丘陵地帯ほどではないが古瀬戸系施釉陶器を焼く斜面を利用した窖窯による陶器生産が開始された。15世紀初頭に土岐市域に窯が散在的に築かれる。16世紀に織田信長の経済政策によって瀬戸市周辺の丘陵地帯の陶工たちも美濃地方(土岐川以北)の集落に移り住んで窖窯よりも焼成効率に優れた地上式の単室窯である大窯を多数築いた。桃山時代に、志野焼に代表されるような「美濃桃山陶」が焼かれ一大産地となり、美濃焼の基礎が築かれた。江戸時代になると、窯体構造は、大窯から連房式登窯となり、志野焼に加えて織部焼の優品が生み出された。江戸時代中期に「御深井」が焼かれる。江戸時代末期に磁器の生産が始まり現在では日本の和食器・洋食器の大半を生産する大窯業地となる。美濃焼 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝秀氏

    川勝秀氏から見た安土桃山時代安土桃山時代

    川勝 秀氏(かわかつ ひでうじ)は、安土桃山時代の武将、後に江戸時代前期の旗本。秀氏流川勝家(本家)の初代当主。川勝秀氏 フレッシュアイペディアより)

  • 市川満友

    市川満友から見た安土桃山時代安土桃山時代

    市川 満友(いちかわ みつとも、元亀3年(1572年) - 寛永14年1月20日(1637年2月14日))は安土桃山時代から江戸時代の武将、旗本。通称は茂左衛門。長篠の戦いで討ち死にした市川内膳正の嫡子で、市川昌忠の孫に当たる。妻は駒井昌長の娘、子は市川友昌、娘(須田盛正妻)、娘(堀内重勝妻)。市川満友 フレッシュアイペディアより)

  • 武光忠棟

    武光忠棟から見た安土桃山時代安土桃山時代

    武光 忠棟(たけみつ ただむね、生没年不詳)は、安土桃山時代の武将。官位は、式部少輔。武光忠棟 フレッシュアイペディアより)

  • 安井秀勝

    安井秀勝から見た安土桃山時代安土桃山時代

    安井 秀勝(やすい ひでかつ、生没年不詳)は、安土桃山時代から江戸時代初期の武将。安井秀勝 フレッシュアイペディアより)

  • 松浦宗清

    松浦宗清から見た安土桃山時代安土桃山時代

    松浦 宗清(まつうら むねきよ、生年不詳 - 寛永5年(1628年)?)は、安土桃山時代の武将。本姓寺田氏。寺田知正の子。通称、安大夫。別名定一とも。兄に寺田生家。松浦宗清 フレッシュアイペディアより)

  • 落合重清

    落合重清から見た安土桃山時代安土桃山時代

    落合 重清(おちあい しげきよ、生年不詳 - 万治3年6月21日(1660年7月28日))は、安土桃山時代の武将。落合重清 フレッシュアイペディアより)

  • 佐多久政

    佐多久政から見た安土桃山時代安土桃山時代

    佐多 久政(さた ひさまさ、天文15年(1546年) - 天正15年3月14日(1587年4月21日))は戦国時代から安土桃山時代の武将。薩摩国島津氏の家臣。通称は又太郎、常陸介。別名は忠常。父は佐多忠将。妻は島津尚久の長女。子は佐多久慶、佐多久作、佐多久英。佐多久政 フレッシュアイペディアより)

2605件中 41 - 50件表示

「安土桃山時代」のニューストピックワード