2605件中 71 - 80件表示
  • 藤井美術民芸館

    藤井美術民芸館から見た安土桃山時代安土桃山時代

    高山市の医師藤井糺一(ふじい ただいち)が大正中期から約70年にわたり収集した、古くから伝わる美術工芸品や安土桃山時代からの古美術品約2,500点を収蔵し公開している。藤井美術民芸館 フレッシュアイペディアより)

  • 苅安賀城

    苅安賀城から見た安土桃山時代安土桃山時代

    苅安賀城(かりやすかじょう)は、現在の愛知県一宮市苅安賀にかつて存在した、戦国・安土桃山時代の平城である。東西42間、南北32間の規模で内外二重堀の構えであった。苅安賀城 フレッシュアイペディアより)

  • 安中城

    安中城から見た安土桃山時代安土桃山時代

    安土桃山時代になり徳川家康が関東の地に入封すると安中城も本格的に築城をしなおされ、井伊家がまず入封した。安中城 フレッシュアイペディアより)

  • 醍醐寺三宝院庭園

    醍醐寺三宝院庭園から見た安土桃山時代安土桃山時代

    当初、三宝院庭園は表書院から眺めるための鑑賞式庭園として設計されたが、義演の死後に庭園内に茶室が置かれ、回遊もできるように造り変えられた。庭園の中心を占める池には「亀島」「鶴島」が配され、橋が架けられている。正面に据えられている「藤戸石」は、元々は管領家の細川氏の邸宅にあったもので、秀吉が聚楽第から運ばせたものである。背後には水の音が変化するようにしつらえられた三段の滝石組が造られている。三宝院庭園は、安土桃山時代の華やかな雰囲気を今日に伝える日本庭園として貴重なものであり、1952年(昭和27年)に国の特別史跡および特別名勝に指定された。醍醐寺三宝院庭園 フレッシュアイペディアより)

  • 南条信光

    南条信光から見た安土桃山時代安土桃山時代

    南条信光(なんじょう のぶみつ、? - 元和5年(1619年)4月)は安土桃山時代の武将。父は南条信正、幼名・元(源)四郎、通称・與兵衛。南条信光 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良義成の妹

    奈良義成の妹から見た安土桃山時代安土桃山時代

    奈良義成の妹(ならよしなりのいもうと、生没年不詳)は、安土桃山時代の貞婦。和歌を好み、書をよくした。奈良義成の妹 フレッシュアイペディアより)

  • 堰八安高

    堰八安高から見た安土桃山時代安土桃山時代

    堰八 安高(せきはち やすたか、生年不詳 - 慶長14年(1609年)4月14日没)は、安土桃山時代 - 江戸時代の陸奥国・津軽地方の義民。通称は太郎左衛門。本姓は安倍。堰八安高 フレッシュアイペディアより)

  • 栗ケ沢城

    栗ケ沢城から見た安土桃山時代安土桃山時代

    栗ケ沢城(くりがさわじょう)は、現在の千葉県松戸市栗ケ沢字北之内及び同市根木内字殿内、同市小金原にかけてあった城。室町時代後期から、戦国・安土桃山時代にかけて存在したとされている。栗ケ沢城 フレッシュアイペディアより)

  • 持明院基久

    持明院基久から見た安土桃山時代安土桃山時代

    持明院 基久(じみょういん もとひさ、天正12年(1584年) - 慶長20年5月7日(1615年6月3日))は、安土桃山時代から江戸時代初期の公家。官位は従四位上、左近衛権中将。 正親町季秀の子で、持明院基孝の養子。妹に基子(後陽成天皇典侍、了性院)。子女は、持明院基征、河鰭基秀(河鰭公虎のちの西洞院時慶養子)、富小路頼直(富小路秀直養子)、持明院基定室。持明院基久 フレッシュアイペディアより)

  • 和田信維

    和田信維から見た安土桃山時代安土桃山時代

    和田 信維(わだ のぶただ、天文4年(1535年) - 文禄元年(1592年))は安土桃山時代の武将。通称は八郎、子に正信。『因府録』所収の和田系図には秀三とあり、和田新助貞秀の子と記されている。一方で『因府年表』には長惟と記されており、実名については諸説ある。和田信維 フレッシュアイペディアより)

2605件中 71 - 80件表示

「安土桃山時代」のニューストピックワード