96件中 51 - 60件表示
  • 安土桃山時代

    安土桃山時代から見た歴史学者

    戦国大名の中で織田信長の勢力が次第に強大になり、足利義昭を奉じて京都に上洛したことで、信長による政権が始まった。元亀4年(1573年)に信長が足利義昭を京から放逐すると、室町幕府は事実上崩壊し、織田政権が確立する。さらに、天正4年(1576年)に安土城が築城されて、天正10年(1582年)まで在城したので、この期間を歴史学者の蔵並省自はこの安土時代(織田政権の天下布武の時代)を近江在国時代と呼称している。名実共に天下布武への流れが現実のものとなっていた。こうした中、信長の支配により平和を取り戻した京を中心に新たな文化が花開いていった。信長はその後も勢力を拡大し日本中央部を制圧するに至るが、天正10年(1582年)に本能寺の変によって自害した。安土桃山時代 フレッシュアイペディアより)

  • 安土桃山時代

    安土桃山時代から見た高取焼

    高取焼:福岡県直方市や福岡市で焼かれる。安土桃山時代 フレッシュアイペディアより)

  • 安土桃山時代

    安土桃山時代から見た福智町

    上野焼(あがのやき):福岡県田川郡福智町で焼かれる。細川忠興が小倉藩主となった際に、家臣となった朝鮮人陶工に命じて焼かせたものが発祥とする。安土桃山時代 フレッシュアイペディアより)

  • 安土桃山時代

    安土桃山時代から見たわび茶

    茶の湯が流行し、唐物の名物茶道具が珍重された一方で、それへの反抗としてのわび茶も発達した。茶器が大名から家臣への報奨とされたり、茶会が武将と豪商を結ぶなど政治にも影響した。安土桃山時代 フレッシュアイペディアより)

  • 安土桃山時代

    安土桃山時代から見た日本の歴史

    安土桃山時代(あづちももやまじだい)は、日本の歴史において、織田信長と豊臣秀吉が中央政権を握っていた時代である。2人の名前を取って、織豊時代(しょくほうじだい)ともいう。安土桃山時代 フレッシュアイペディアより)

  • 安土桃山時代

    安土桃山時代から見た天守

    織豊系城郭と呼ばれ、野面積み石垣が用いられるようになり、天守を持つ城郭建築が主流となる。安土桃山時代 フレッシュアイペディアより)

  • 安土桃山時代

    安土桃山時代から見た小田原征伐

    小田原征伐、北条氏が豊臣秀吉に降伏、天下統一(天正18年・1590)安土桃山時代 フレッシュアイペディアより)

  • 安土桃山時代

    安土桃山時代から見た唐物

    茶の湯が流行し、唐物の名物茶道具が珍重された一方で、それへの反抗としてのわび茶も発達した。茶器が大名から家臣への報奨とされたり、茶会が武将と豪商を結ぶなど政治にも影響した。安土桃山時代 フレッシュアイペディアより)

  • 安土桃山時代

    安土桃山時代から見た江戸幕府

    安土桃山時代の始期と終期には複数の見解が存在する。始期は、織田信長が足利義昭を奉じて京都に上洛した永禄11年(1568年)、義昭が京都から放逐されて室町幕府が倒された元亀4年(1573年)、安土城の建設が始まった天正4年(1576年)とする考えもある。終期は、豊臣秀吉が死去した慶長3年(1598年)、関ヶ原の戦いで徳川家康が勝利した慶長5年(1600年)、家康が征夷大将軍に任じられ江戸幕府を開いた慶長8年(1603年)などがある。何れにしても、「織田・豊臣の時代」という概念をどこで区分するかの違いではあるが、室町時代、戦国時代と重複してしまうことが、その定義を難しくしている。安土桃山時代 フレッシュアイペディアより)

  • 安土桃山時代

    安土桃山時代から見たイエズス会

    朝鮮人技術者の技術を移植した木版による活字印刷と、イエズス会のヴァリニャーニが伝えた西洋の活字印刷によるものがある。安土桃山時代 フレッシュアイペディアより)

96件中 51 - 60件表示

「安土桃山時代」のニューストピックワード