115件中 11 - 20件表示
  • 高橋尚弥

    高橋尚弥から見た安川電機安川電機

    高橋 尚弥(たかはし なおや、1993年8月28日 - )は、日本の陸上競技選手。専門は長距離走。岩手県北上市出身。岩手県立黒沢尻北高等学校、東洋大学理工学部卒業。安川電機所属。身長180cm 体重62kg。高橋尚弥 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のスポーツ

    2017年のスポーツから見た安川電機安川電機

    【陸上競技】 別府大分毎日マラソンで、中本健太郎(安川電機)が2時間9分32秒でフルマラソン初優勝。2017年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 八幡西区

    八幡西区から見た安川電機安川電機

    1915年(大正4年) - 安川電機製作所(当時は合資会社)が操業開始八幡西区 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のスポーツ

    2016年のスポーツから見た安川電機安川電機

    【陸上競技】 日本陸連は理事会を開きリオ五輪に派遣する男女マラソン代表を発表した。男子は2015年福岡国際3位の佐々木悟(旭化成)、2016年びわ湖2位の北島寿典(安川電機)と同4位の石川末廣(ホンダ)の3名。石川は1996年アトランタ五輪での谷口浩美を上回る36歳329日の日本マラソン史上最年長代表選手となった。一方女子は2015年世界陸上で7位に入賞し内定済みの伊藤舞(大塚製薬)に加え、2016年大阪国際で陸連派遣設定記録を突破し優勝した福士加代子(ワコール)と2016年名古屋で2位に入った田中智美(第一生命)の2名を選出した。→1月31日の出来事も参照2016年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 九州工業大学

    九州工業大学から見た安川電機安川電機

    東京帝国大学(現在の東京大学)の総長を務めた山川健次郎と安川財閥の創始者である安川敬一郎によって、1909年(明治42年)に私立の旧制工業専門学校・明治専門学校として開校(安川敬一郎は明治専門学校以外に安川電機、明治鉱業、黒崎窯業(現・黒崎播磨)、明治専門学校附属小学校(現・明治学園)等を設立した)。1921年(大正10年)に官立に移管され、1949年(昭和24年)5月31日に国立九州工業大学は設置された。国立大学の中では唯一の情報工学部を持ち、また大学院生命体工学研究科は北九州学術研究都市に進出していて、安川電機、早稲田大学、北九州市立大学、九州歯科大学、産業医科大学、英国クランフィールド大学、理化学研究所脳科学総合研究センターなどと連携している。九州最大の工業地帯である北九州工業地帯に位置する国立工業大学であり、わが国の産業発展と人材育成に努めている。小惑星イトカワに到達した小惑星探査機はやぶさ(MUSES-C)の試験を行ったことでも有名。卒業生の就職率が良く、企業からは非常に高い評価を得ている。九州工業大学 フレッシュアイペディアより)

  • 黒崎駅

    黒崎駅から見た安川電機安川電機

    駅改札内には「黒崎神社」として安川電機が製造したロボットがボールを転がし、着いた先を占いの結果としておみくじを差し出すものがある。黒崎駅 フレッシュアイペディアより)

  • ファナック

    ファナックから見た安川電機安川電機

    ファナック株式会社(英:FANUC Corporation)は、日本の電気機器メーカー。社名のFANUCは「Fuji Automatic NUmerical Control」の頭字語。工場の自動化設備に特化したメーカーで、工作機械用CNC装置で世界首位(国内シェア7割、世界シェア5割)、産業用ロボットでも世界首位(世界シェア2割)。安川電機、ABBグループ、クーカと並ぶ世界4大産業用ロボットメーカーのひとつであり、2011年にはTOPIX Core30銘柄に加えられた。日本の大企業として珍しく村に本社を構えており(山梨県南都留郡忍野村)、富士山麓の広大な敷地には本社機能のほか、研究所、工場、厚生施設などが集約されている。かつて古河グループに属していたが、最近では独立性が高まっている。ファナック フレッシュアイペディアより)

  • 安川第五郎

    安川第五郎から見た安川電機安川電機

    安川 第五郎(やすかわ だいごろう、1886年(明治19年)6月2日 - 1976年(昭和51年)6月25日)は、日本の実業家。安川電機社長、九州電力会長、日本原子力発電初代社長、日本原子力研究所初代理事長、日本原子力産業会議会長、1964年東京オリンピック組織委員会会長。安川第五郎 フレッシュアイペディアより)

  • プロデュース (新潟県)

    プロデュース (新潟県)から見た安川電機安川電機

    2009年1月16日 - 安川電機グループである株式会社ワイ・イー・データの100%子会社、株式会社ワイディー・メカトロソリューションズとの間で、事業の一部譲渡につき合意。プロデュース (新潟県) フレッシュアイペディアより)

  • 浦上豊

    浦上豊から見た安川電機安川電機

    戦後の1947年には東洋工業(現・マツダ)、安川電機、三菱重工業などの大手企業と取引を開始し経営が軌道に乗り始めた。特に三菱電機福山工場から受注した積算電力計受注で金型完全自給体制を確立し同社発展の礎を築く。1957年、1958年にスイスビューラー社から最新鋭の大型油圧式鋳造機5台を導入し設備の近代化が進み、生産量も飛躍的に伸びて創業14年目にしてダイカスト業界で、設備、生産量とも第1位に躍進した。その後はダイカストを基盤に小型印刷機、ドアクローザー、釣具、電動工具、建築用品、ゴルフクラブなどの関連製品分野へ拡大路線を続けた。浦上豊 フレッシュアイペディアより)

115件中 11 - 20件表示

「安川電機」のニューストピックワード