63件中 31 - 40件表示
  • 浦上豊

    浦上豊から見た安川電機安川電機

    戦後の1947年には東洋工業(現・マツダ)、安川電機、三菱重工業などの大手企業と取引を開始し経営が軌道に乗り始めた。特に三菱電機福山工場から受注した積算電力計受注で金型完全自給体制を確立し同社発展の礎を築く。1957年、1958年にスイスビューラー社から最新鋭の大型油圧式鋳造機5台を導入し設備の近代化が進み、生産量も飛躍的に伸びて創業14年目にしてダイカスト業界で、設備、生産量とも第1位に躍進した。その後はダイカストを基盤に小型印刷機、ドアクローザー、釣具、電動工具、建築用品、ゴルフクラブなどの関連製品分野へ拡大路線を続けた。浦上豊 フレッシュアイペディアより)

  • 安川敬一郎

    安川敬一郎から見た安川電機安川電機

    大正3年(1914年)、衆議院に補欠当選し、1920年(大正9年)1月13日これまでの功績により男爵の爵位を授爵。1924年(大正13年)貴族院男爵議員に互選される。公正会に所属。功により勲三等に叙し、瑞宝章を賜る。その後1918年(大正7年)にかけ明治紡績、安川電機、九州製鋼(のち八幡製鐵所が買収)、黒崎窯業を設立する。また、九州鉄道取締役、若松築港社長、筑豊石炭鉱業組合総長、明治鉱業社長、九州製鋼会長等を務め、1922年(大正11年)4月経済界から引退した。安川敬一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 箕作家

    箕作家から見た安川電機安川電機

    正五郎の長男・誠太郎は地質学者、次男・忠二は寺田寅彦門下の地球物理学者である。化学者の坪井正道は誠太郎の長男。忠二の妻は医学者・島薗順次郎の長女。坪井忠二の娘が安川第五郎の四男で医師の幾島明に嫁いでおり、島薗の三女、すなわち忠二の妻の妹が5代目武田長兵衛の息子・武田敬之助に嫁いでいる。故に坪井家及び島薗家の係累をたどると安川電機の創業者一族・安川家や武田薬品工業の創業者一族・武田家に繋がっており、岡谷家との閨閥同様箕作家が実業界の名門家系を係累としているのがみられる。ただし、翻訳家の幾島幸子、中国近現代史研究者の川島真は忠二の孫にあたる。箕作家 フレッシュアイペディアより)

  • 松本健次郎

    松本健次郎から見た安川電機安川電機

    その後1918年(大正7年)にかけ明治紡績、安川電機、九州製鋼(のち八幡製鐵所が買収)の設立に携わる。1918年(大正7年)黒崎窯業設立。また、帝国鋳物(日立金属の前身)、若松築港各社の社長も務めた。松本健次郎 フレッシュアイペディアより)

  • ロボジー

    ロボジーから見た安川電機安川電機

    安川電機 - スマートパル?、モートマンSDA10ロボジー フレッシュアイペディアより)

  • 現代重工業

    現代重工業から見た安川電機安川電機

    現代重工業は2003年に日本の産業ロボット製造会社がダンピング(不当廉売)したとしてファナック、川崎重工業、不二越、安川電機の4社を提訴。現代重工業 フレッシュアイペディアより)

  • 筑豊御三家

    筑豊御三家から見た安川電機安川電機

    筑豊御三家(ちくほうごさんけ)は、福岡県中部の筑豊地方に地盤を置く地方財閥、麻生・貝島・安川のこと。筑豊御三家 フレッシュアイペディアより)

  • 第七高等学校造士館 (旧制)

    第七高等学校造士館 (旧制)から見た安川電機安川電機

    安川寛 - 元安川電機製作所社長第七高等学校造士館 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 北九州学術研究都市

    北九州学術研究都市から見た安川電機安川電機

    北九州学術研究都市では、北九州学術研究都市連携大学院という取り組みが行われている。世界全体で起きている自動車の電子化についての競争に対応すべく、連携大学院にカーエレクトロニクスコースを設けている。北九州学術研究都市では、早稲田大学大学院情報生産システム研究科、北九州市立大学国際環境工学部・大学院国際環境工学研究科、九州工業大学大学院生命体工学研究科、九州歯科大学、産業医科大学、英国クランフィールド大学、理化学研究所脳科学総合研究センター、安川電機などが連携している。北九州学術研究都市 フレッシュアイペディアより)

  • 生命体工学研究科

    生命体工学研究科から見た安川電機安川電機

    九州工業大学大学院生命体工学研究科は北九州学術研究都市 にある若松キャンパスに設置されている。九州最大の工業地帯である北九州工業地帯に位置する。生体の持つ機械的、電気的、物質的な機能を対象とする生体機能専攻、脳の情報処理能力を対象とする脳情報専攻が存在する。脳情報専攻の21世紀COEプログラム「生物とロボットが織りなす脳情報工学の世界」(拠点リーダー・山川烈)は中間評価でA評価を受けている。隣接する早稲田大学大学院、北九州市立大学大学院との連携大学院である北九州学術研究都市連携大学院では生命体工学研究科の強みである人間親和性技術、脳情報工学を生かしカーエレクトロニクス分野の人材育成を行っている。九州工業大学大学院生命体工学研究科は、安川電機、早稲田大学大学院情報生産システム研究科、北九州市立大学国際環境工学部・大学院国際環境工学研究科、九州歯科大学、産業医科大学、英国クランフィールド大学、理化学研究所脳科学総合研究センター等と連携している。生命体工学研究科 フレッシュアイペディアより)

63件中 31 - 40件表示

「安川電機」のニューストピックワード