115件中 61 - 70件表示
  • 中本健太郎

    中本健太郎から見た安川電機安川電機

    拓大卒業後の2005年4月に安川電機に入社し、同社陸上競技部選手として活動。駅伝では力が出せず、陸上部監督の山頭直樹に勧められマラソンに転向。初マラソンは2008年の延岡西日本マラソンで3位だった。同年8月の北海道マラソンでは、優勝した高見澤勝(佐久長聖高校)に次ぐ2位と健闘したが、その後フルマラソンでは暫く不本意な結果が続いていた。中本健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 北島寿典

    北島寿典から見た安川電機安川電機

    北島 寿典(きたじま ひさのり、1984年10月16日 - )は、日本の陸上競技選手。専門は長距離走・マラソン。安川電機陸上部所属。2016年リオデジャネイロオリンピック男子マラソン日本代表。北島寿典 フレッシュアイペディアより)

  • ELEVENPLAY

    ELEVENPLAYから見た安川電機安川電機

    安川電機ロボット村オープニングセレモニー「YASKAWA × Rhizomatiks × ELEVENPLAY」(2015年)ELEVENPLAY フレッシュアイペディアより)

  • 新光工業地域

    新光工業地域から見た安川電機安川電機

    ワイ・イー・データ(本社) - パソコン関連機器の製造企業。安川電機の子会社。新光工業地域 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木康博

    鈴木康博から見た安川電機安川電機

    1969年、小田、地主とともにジ・オフ・コースを結成。ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテストに東北地区から出場。東北から出場したのは「東京だとレベルが高そう。東北のほうが勝ち抜きやすいのでは」という理由だったが、実際に出てみると東北地区も大変レベルが高く、最後まで勝ち抜けるか不安だったという。しかし東北地区1位となり、全国大会でも2位の好成績を残した(1位は赤い鳥)。大学卒業後、鈴木は内定していた安川電機への就職を断り、プロとして音楽の道に進む決意をする。鈴木康博 フレッシュアイペディアより)

  • 山田晁

    山田晁から見た安川電機安川電機

    パッケージエアコンの開発は1951年(昭和26年)であるが、その後、三菱電機、日立製作所、新三菱重工と相次ぎ、各社とも全国の電話局の自動交換機用がターゲットであった。1953年(昭和28年)10月に福岡県香春電話中継局用を納入したのを皮切りに、日本電電公社の要求水準に応えるべく全力を尽くし、一時電電公社納入エアコンの70%の占めるまでになった。そのほか、銀行や料亭、パチンコ店などへも納入し1958年(昭和33年)にはエアコン売上高は冷凍機部門の50%以上となった。このほか、漁船や商船への冷凍機納入も相次いだが、大型ターボ冷凍機への進出は出遅れ、1962年(昭和37年)10月の開放型ターボ冷凍機の住友化学茨木工場への納入が初めてであったが、その後、米国ウォーシントン社と技術提携し、1965年(昭和40年)から密閉型ターボ冷凍機の発売を開始した。1958年(昭和33年)1月には一般家庭向けのロータリーコンプレッサーを使用したウィンドクーラーを開発したが独自の販売網を持たないため、大阪金属ブランドの「ダイキンエヤコン」のほか、日本コロムビア、日本電気、安川電機、八欧電機の各社ブランドで併売したが、採算の悪化もあり1966年(昭和41年)3月にはいったん外販を打ち切り、改めて百貨店や量販店ルートを開拓して販売促進を図る一方、1973年(昭和48年)3月から各地に自前の空調機だけの販売会社を新設して売上増強を図った。山田晁 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2017年7月

    訃報 2017年7月から見た安川電機安川電機

    7月21日 - 永次廣、日本の実業家、元安川電機会長(* 1937年)訃報 2017年7月 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方竹虎

    緒方竹虎から見た安川電機安川電機

    福岡師範学校附属小学校から福岡県立中学修猷館に進学。緒方は小学校から中学校を通じて、無欠席・無遅刻・無早退を通した。修猷館の1年上級に中野正剛(後の政治結社東方会総裁、衆議院議員)、同期に安川第五郎(後の安川電機会長)、斎村五郎(後の剣道範士十段)がいる。12歳で一到館に入門して剣道を習い始め、修猷館時代に小野派一刀流免許皆伝となり、既に剣道の達人の域に達した。終生交友を保った斎村五郎は「あの人が剣道一本に精進していたら、ぼくなどよりはるかに強くなっていたろう」が口癖だったという。博多銘菓鶏卵そうめんが大好物で鶏卵素麺と鶴の子で巣を模した鶴の子を愛していた。緒方竹虎 フレッシュアイペディアより)

  • 東元電機

    東元電機から見た安川電機安川電機

    2005年、安川電機と合弁で北九州市に、安川TECOモータエンジニアリングを設立東元電機 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原新

    藤原新から見た安川電機安川電機

    諫早高校卒業後の2000年4月、拓殖大学商学部に入学。拓殖大時代も陸上競技部に所属し、箱根駅伝には第77回(1区10位)と第79回(4区4位)の2回出場している。なお同陸上部の1年後輩には、奇しくものち夏季オリンピック日本代表へ二人共に選出される中本健太郎(安川電機)が所属していた。2004年3月、拓殖大学を卒業。藤原新 フレッシュアイペディアより)

115件中 61 - 70件表示

「安川電機」のニューストピックワード