前へ 1 2 3 4 5 6 7
64件中 1 - 10件表示
  • 柄本佑

    柄本佑から見た安藤サクラ安藤サクラ

    柄本 佑(えもと たすく、1986年12月16日 - )は、日本の俳優。東京都出身。アルファエージェンシー所属。父は俳優の柄本明、母は女優の角替和枝、弟は俳優の柄本時生、妻は女優の安藤サクラ柄本佑 フレッシュアイペディアより)

  • キネマ旬報

    キネマ旬報から見た安藤サクラ安藤サクラ

    助演女優賞 安藤サクラ(『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』『TORSO』『SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』)キネマ旬報 フレッシュアイペディアより)

  • 日本インターネット映画大賞

    日本インターネット映画大賞から見た安藤サクラ安藤サクラ

    助演女優賞 安藤サクラ(『愛と誠』、『かぞくのくに』、『その夜の侍』)日本インターネット映画大賞 フレッシュアイペディアより)

  • フォルツァ総曲輪

    フォルツァ総曲輪から見た安藤サクラ安藤サクラ

    アート系作品、カルト作品、社会派ドキュメンタリー、富山出身監督作品などを積極的に上映した。ジョン・カサベテス、エミール・クストリッツァ、ジャック・タチ、若松孝二などの監督の特集上映も行っている。監督では若松孝二や塚本晋也、俳優では奥田瑛二、安藤サクラ、井浦新などがフォルツァ総曲輪を訪れている。2016年2月に閉館決定と報じられた時には、『ベトナムの風に吹かれて』、『アンジェリカの微笑み』、『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』、『恋人たち』、『真珠のボタン』、『創造と神秘のサグラダ・ファミリア』などを上映していた。フォルツァ総曲輪 フレッシュアイペディアより)

  • 百円の恋

    百円の恋から見た安藤サクラ安藤サクラ

    第88回アカデミー外国語映画賞の日本代表に選ばれた。主演の安藤サクラは、この作品で第39回日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞を獲得。他に最優秀脚本賞も受賞した。。百円の恋 フレッシュアイペディアより)

  • 毎日映画コンクール

    毎日映画コンクールから見た安藤サクラ安藤サクラ

    女優助演賞 安藤サクラ『愛と誠』毎日映画コンクール フレッシュアイペディアより)

  • 日本映画批評家大賞

    日本映画批評家大賞から見た安藤サクラ安藤サクラ

    主演女優賞 - 安藤サクラ(『かぞくのくに』)日本映画批評家大賞 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーリボン賞 (映画)

    ブルーリボン賞 (映画)から見た安藤サクラ安藤サクラ

    主演女優賞 安藤サクラ 『かぞくのくに』ブルーリボン賞 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 愛のむきだし

    愛のむきだしから見た安藤サクラ安藤サクラ

    この作品のメインとなる若い3人(ユウ(西島隆弘)、ヨーコ(満島ひかり)、コイケ(安藤サクラ)に共通していることは、親からの愛がほぼ完全に欠如していることであり、その愛を穴埋めするために変態行為、暴力、宗教等に走っている。盗撮、パンチラ、レズビアン、勃起などのキーワードがたびたび登場するためR-15指定である。愛のむきだし フレッシュアイペディアより)

  • 安藤桃子

    安藤桃子から見た安藤サクラ安藤サクラ

    2014年、3月14日に一般男性と結婚。自身の小説『0.5ミリ』を映画化し、自身で監督・脚本を務めた。主演には妹の安藤サクラを迎え、姉妹共作を実現した。同作のロケを行った高知市に移住。安藤桃子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
64件中 1 - 10件表示

「安藤サクラ」のニューストピックワード