31件中 11 - 20件表示
  • 罪とか罰とか

    罪とか罰とかから見た安藤サクラ安藤 サクラ

    安藤サクラ 耳川モモ(売れっ子のグラビアアイドル)罪とか罰とか フレッシュアイペディアより)

  • それでも、生きてゆく

    それでも、生きてゆくから見た安藤サクラ安藤 サクラ

    臼井 紗歩(24) - 安藤サクラそれでも、生きてゆく フレッシュアイペディアより)

  • 僕らは歩く、ただそれだけ

    僕らは歩く、ただそれだけから見た安藤サクラ安藤 サクラ

    安藤サクラ - カメラマン・みゆき役僕らは歩く、ただそれだけ フレッシュアイペディアより)

  • ケンタとジュンとカヨちゃんの国

    ケンタとジュンとカヨちゃんの国から見た安藤サクラ安藤 サクラ

    『ゲルマニウムの夜』の大森立嗣監督の監督作品第2作目となる、松田翔太 、高良健吾、安藤サクラ主演のロードムービー。第60回ベルリン国際映画祭フォーラム部門正式招待作品、第10回東京フィルメックス特別招待作品。第19回あきた十文字映画祭でも上映。キャッチコピーは「三人なら、生きられる」。ケンタとジュンとカヨちゃんの国 フレッシュアイペディアより)

  • 大森 立嗣

    大森立嗣から見た安藤サクラ安藤 サクラ

    高校生までは映画にほとんど興味がなかったが、大学で偶然入った映画サークル『8ミリ同好会』に所属したことから映画に興味を持ち始め、自主映画を作り始める。大学卒業後は俳優として活動し、その後荒井晴彦監督、阪本順治監督、井筒和幸監督、ホンマタカシの短編映画など様々な作品で助監督を務める。2001年(平成13年)、自らプロデュースし、出演した『波』(奥原浩志監督)で第31回ロッテルダム映画祭最優秀アジア映画賞“NETPAC AWARD”を受賞。2003年(平成15年)、『赤目四十八瀧心中未遂』(荒戸源次郎監督)の制作・公開に携わる。2005年(平成17年)、荒戸源次郎のプロデュースにより、花村萬月の芥川賞受賞作を原作に『ゲルマニウムの夜』で初監督。東京国立博物館の敷地内に特設映画館「一角座」にて、約半年に渡りロングラン上映。2010年(平成22年)、監督第二作目 『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』(松田翔太、高良健吾、安藤サクラ主演)が公開。なお同作品で2010年度(第51回)日本映画監督協会新人賞受賞。2011年(平成23年)、『まほろ駅前多田便利軒』(三浦しをん原作、瑛太、松田龍平主演)が公開。大森立嗣 フレッシュアイペディアより)

  • おひさま (朝ドラ)

    おひさま (朝ドラ)から見た安藤サクラ安藤 サクラ

    宮本ミツ(みやもと みつ) - 安藤サクラおひさま (朝ドラ) フレッシュアイペディアより)

  • 日本インターネット映画大賞

    日本インターネット映画大賞から見た安藤サクラ安藤 サクラ

    助演女優賞 安藤サクラ(「愛と誠」、「かぞくのくに」、「その夜の侍」)日本インターネット映画大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 奥田瑛二

    奥田瑛二から見た安藤サクラ安藤 サクラ

    身長175cm、体重60kg。血液型はAB型。東邦高等学校卒、明治学院大学法学部中退。エッセイストである妻・安藤和津との間に娘が2人おり、長女の安藤モモ子は助監督として、二女の安藤サクラは女優として父親の作品に参加するなど芸術一家でもある。兄・安藤豊彦は苔玉作家、父・安藤豊(故人)は元春日井市議会議員である。俳優・声優の伊武雅刀は高校の1学年先輩にあたる。奥田瑛二 フレッシュアイペディアより)

  • きいろいゾウ

    きいろいゾウから見た安藤サクラ安藤 サクラ

    カンユ(声) - 安藤サクラきいろいゾウ フレッシュアイペディアより)

  • かぞくのくに

    かぞくのくにから見た安藤サクラ安藤 サクラ

    2013年1月11日、2012年公開の映画を対象とした第86回キネマ旬報ベストテンで日本映画の1位に選ばれた。また、主演の安藤サクラはこの作品による同賞の主演女優賞と、他複数作の演技で助演女優賞を受賞し、同賞史上初の同じ俳優による主演・助演ダブル受賞を獲得した。かぞくのくに フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示

「安藤サクラ」のニューストピックワード

  • VOGUE JAPAN Women of the Year 2016

  • 劇場版 ソードアート・オンライン ―オーディナル・スケール―

  • ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅