前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
90件中 1 - 10件表示
  • 上野弘文

    上野弘文から見た安藤優也安藤優也

    朝日中学校では軟式野球部に所属。高校時代、1998年のセンバツ(初戦敗退)、1999年の夏の甲子園(準決勝進出)に出場。高校では鶴岡慎也が同級生、青野毅が一学年下にいた。社会人時代は安藤優也、川岸強、金子千尋、吉見一起らと同僚であった。2006年には抑えのエースとして都市対抗野球大会に出場。上野弘文 フレッシュアイペディアより)

  • 十川孝富

    十川孝富から見た安藤優也安藤優也

    3年目の2002年に初めて1軍に昇格し同年は13試合に出場。その後は出場機会に恵まれなかったが、2005年から内野の控えとして一軍に定着。次第にスタメン出場の機会も増え、7月には阪神タイガース戦で安藤優也から初本塁打を放った。十川孝富 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーバンド

    スーパーバンドから見た安藤優也安藤優也

    スーパーバンドはストリートミュージシャンとして、高知市内での路上ライヴを中心に活動を始めた。2003年12月、高知県の通信企業「くろしお通信サービス」のCMで、CMソングを手掛けると共に出演もしたことから県内で衆目を集めるようになる。2004年3月にリリースしたミニアルバム『明日吹く風』は、前述CMソングのリメイク版「明日吹く風」も収めており、インディーズとしては異例のセールスを記録した。このことで高知県から四国へと知名度が上がり、四国各県でのCMソング採用も増加した。2005年9月リリースのマキシシングル「赤い橋」は全国デビューへの第一歩となり、2006年9月には阪神タイガースの安藤優也のテーマソング「元気だしていこうぜ!!」が収録されたミニアルバム『元気だしていこうぜ!!』でメジャーデビューを果たした。また、2006年6月にマキシシングル「笑顔のゆくえ」をリリースし、現在に至るまで、高知県出身で阪神タイガースの藤川球児らと共に骨髄バンク支援のイベントに参加するなど応援活動を継続している。スーパーバンド フレッシュアイペディアより)

  • 三輪正義

    三輪正義から見た安藤優也安藤優也

    一軍キャンプスタートとなり、オープン戦でも主に代走として起用された。4月9日の対阪神タイガース戦に1番レフトでスタメン起用され、最初の打席で安藤優也からプロ入り初安打を放った。内野手登録だが、2010年は左翼手としての出場しかなかった。三輪正義 フレッシュアイペディアより)

  • 石川駿

    石川駿から見た安藤優也安藤優也

    も春季キャンプから二軍だったものの、3月に一軍合流し、オープン戦で結果を残し自身初の開幕1軍登録を果たしたが、5打数ノーヒットで4月10日に登録抹消された。その後は長らく一軍登録されず、9月30日に一軍再登録され、10月3日にJX-ENEOS時代に慣れ親しんだ横浜スタジアムで一軍初安打を記録し、さらに一軍初猛打賞も記録した。その後10月10日に阪神甲子園球場でこの日が引退試合となった安藤優也から左翼ポール際に一軍初本塁打を放ち、同時に一軍初打点を記録した。試合翌日10月11日には宮崎に移動し2年連続でフェニックスリーグへ参加し、同年11月22日の契約更改では現状維持の推定650万円でサインした。石川駿 フレッシュアイペディアより)

  • 武内晋一

    武内晋一から見た安藤優也安藤優也

    は新人ながら開幕一軍でシーズンスタート。4月1日の阪神タイガース戦で安藤優也からプロ初安打となる同点3ラン本塁打を放ち、チームのサヨナラ勝ちと開幕2連勝に貢献。しかし、大学4年間一塁手だったためか外野守備は不安定で、この試合では飛球を落球して先制点を与えるタイムリーエラーをしている。その後すぐに二軍落ちしたが、イースタン・リーグでは主に外野手として50試合に出場し、打率.285、出塁率.340、28打点、リーグ2位の6犠飛を記録した。武内晋一 フレッシュアイペディアより)

  • 福原忍

    福原忍から見た安藤優也安藤優也

    は腰痛で出遅れたもののスローカーブを主とした緩急を使った投球で抜群の安定感を見せ、勝ち星に恵まれるようになる。ペナントレース終盤では井川慶を押しのけ、ローテーションの中心を担った。9月10日の横浜ベイスターズ戦で自己新となる11勝目を挙げ、最終的に12勝5敗、リーグ2位となる防御率2.09の好成績を残した。オフにはチームメイトの安藤優也と共に映画『青空のルーレット』(2007年公開)に出演。福原忍 フレッシュアイペディアより)

  • 松元ユウイチ

    松元ユウイチから見た安藤優也安藤優也

    2009年は開幕一軍に残るがシーズン中盤まで代打での出場がほとんどであり、勝負どころでは左の中継ぎをコールされて代打の代打を送られるシーンも間々あった。8月7日に登録抹消されるが、この後主砲のジェイミー・デントナ、さらには主将である宮本慎也まで抹消されてしまうなど主力の離脱が相次ぎ8月28日に再登録される。その後投手の補充によって9月10日に再び抹消されるが、この後今度は川島慶三の怪我による離脱などもあって9月25日に再々登録される。9月28日の阪神との直接対決で5番ファーストでデントナの代わりにスタメン出場し、ヤクルトを得意とする安藤優也投手から6回裏に均衡を破るセンターオーバーの2点タイムリー二塁打を放ちお立ち台に上がった。さらにCS出場を決める阪神との直接対決第一戦の10月8日の試合にも先発出場し、この日も先発であった安藤から3回裏に貴重な追加点となるライトオーバーのタイムリー二塁打を放った。初のCS出場となった打席は代打で出場したが結果は三振であった。松元ユウイチ フレッシュアイペディアより)

  • 上本孝一

    上本孝一から見た安藤優也安藤優也

    カウント2-3、阪神の安藤優也の投球がボールで四球となり、佐伯は一塁に行こうとしたが上本が呼び止めて打席に戻した。この後佐伯はレフト前にヒットを放ったが、セ・リーグは9月6日に上本へ厳重戒告処分を下した。上本孝一 フレッシュアイペディアより)

  • 衣川篤史

    衣川篤史から見た安藤優也安藤優也

    初本塁打:2008年5月16日、対阪神タイガース7回戦(阪神甲子園球場)、9回表に安藤優也から左中間へ3ラン衣川篤史 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
90件中 1 - 10件表示

「安藤優也」のニューストピックワード