90件中 11 - 20件表示
  • サン虎検定

    サン虎検定から見た安藤優也安藤優也

    安藤優也(阪神タイガース・投手/第3回)サン虎検定 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の阪神タイガース

    2005年の阪神タイガースから見た安藤優也安藤優也

    最高勝率:安藤優也(.688、初受賞)2005年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 高木時夫

    高木時夫から見た安藤優也安藤優也

    浦和高校時代はサッカーをやっていた事もあった。高校卒業後は日本大学へ進学し、東都大学リーグでは在学中3度の優勝を経験。宮田征典とバッテリーを組み、1959年秋季リーグの優勝に貢献。リーグ通算31試合出場、73打数20安打、打率.274、0本塁打、6打点、ベストナイン1回受賞。大学同期に会田豊彦・黒木基康(大洋)・笹木士朗(日本鋼管)らがいた。大学卒業後は富士製鐵釜石に入社し、1961年に常磐炭砿の補強選手として都市対抗に出場。同年のシーズン途中に中日ドラゴンズへ入団。1964年には小川敏明とレギュラーを争い、83試合に出場。その後は新宅洋志と共に木俣達彦の控え捕手として活躍。1968年には1年だけ二軍コーチを兼任し、1969年からは選手専任に戻る。1969年5月5日の広島戦(福井)では星野仙一とバッテリーを組み、初勝利をアシスト。1972年からは一軍コーチを兼任し、一軍出場の無かった1974年に引退。その後は中日の一軍バッテリーコーチ(1975年 - 1977年, 1979年 - 1980年)・二軍バッテリーコーチ(1978年)・スカウト(1981年 - 1991年)を務め、スカウト時代には当時無名だった山本昌を獲得。1992年からは母校・日大の先輩である田宮謙次郎の招聘で阪神タイガースに移籍し、編成部スカウト(中部地区担当)を務めた。阪神では舩木聖士・安藤優也・上坂太一郎を獲得し、定年後も2001年まで務めた。星野が監督に就任した2002年からは嘱託で球団広報(課長待遇)を務め、2003年限りで退団。高木時夫 フレッシュアイペディアより)

  • シェーン・スペンサー

    シェーン・スペンサーから見た安藤優也安藤優也

    メジャー時代同様に左投手に強く、同年に放った本塁打9本中3本がヤクルトスワローズの藤井秀悟からのものだった。7月22日の対ヤクルト戦(阪神甲子園球場)では藤井-五十嵐亮太-石井弘寿の投手リレーに対し、チームがわずか3安打1得点と抑え込まれる中で、その1得点はスペンサーの本塁打によるものであった。8月21日の同カード(明治神宮野球場)にはチームが藤井に5回まで1点に抑えられる中、6回まで好投していた安藤優也の代打で出場してレフトスタンドへ値千金の8号2ラン本塁打を放った。試合後に藤井との相性を尋ねられた際には「たまたまだよ」と謙虚に答えている。また、9月4日の対横浜ベイスターズ戦(札幌ドーム)では相手先発の土肥義弘相手に2安打1得点と攻めあぐねていたが、この2安打1得点はすべてスペンサーのバットから生まれたもので、延長10回に入ってからも犠牲バントを試みるなど、チームの勝利に対する熱意を見せた。シェーン・スペンサー フレッシュアイペディアより)

  • 加藤幹典

    加藤幹典から見た安藤優也安藤優也

    初安打・初打点:2010年7月8日、対阪神タイガース11回戦(阪神甲子園球場)、4回表に安藤優也から一塁適時内野安打加藤幹典 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂将商

    小坂将商から見た安藤優也安藤優也

    安藤優也、田中聡は大学時代の同期。また廣瀬純は一つ下の後輩。小坂将商 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本プロ野球

    2010年の日本プロ野球から見た安藤優也安藤優也

    3月26日 - 阪神対横浜戦(京セラドーム大阪)で阪神の安藤優也が球団史上初の3年連続開幕投手。試合は阪神が勝利し、横浜は球団ワースト記録の開幕戦7連敗2010年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • ジェロッド・リガン

    ジェロッド・リガンから見た安藤優也安藤優也

    2003年当初抑えとして期待されていたルー・ポートが不振だったため、シーズン途中にニューヨーク・メッツ傘下3Aノーフォークから阪神タイガースが急遽獲得。安藤優也、金澤健人、ジェフ・ウィリアムス、吉野誠らとともに強力リリーフ陣の一角に加わり、その年の阪神18年ぶりの優勝に貢献した。ジェロッド・リガン フレッシュアイペディアより)

  • 加藤康介

    加藤康介から見た安藤優也安藤優也

    は開幕当初から中継ぎとして活躍、開幕当初の守護神だった久保康友の不調によりセットアッパーとして起用される事が増えている。6月28日の対広島戦(阪神甲子園球場)では、プロ13年目にして一軍公式戦での自身初セーブを記録した。加藤曰く、復活への支えになったのは横浜時代の同僚で先輩だった工藤公康の存在を挙げている。8月21日のDeNA戦(横浜)では、古巣を相手に、一軍公式戦で4年振りの勝利を記録している。シーズンを通じて自己最多の61試合に登板し16ホールドを挙げるなど大活躍し、福原忍と安藤優也らと共にリリーフ陣を支えた。加藤康介 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴直人

    鶴直人から見た安藤優也安藤優也

    は、安藤優也の復調もあって、先発から中継ぎに転向した。シーズンを通じて一軍に帯同するとともに、自己最多の43試合に登板。チームがリードを許している場面での救援登板が多かったが、2年ぶりの白星を挙げたほか、防御率も1.89を記録した。鶴直人 フレッシュアイペディアより)

90件中 11 - 20件表示

「安藤優也」のニューストピックワード