69件中 41 - 50件表示
  • 一場靖弘

    一場靖弘から見た安藤優也安藤優也

    初安打:2005年5月13日、対阪神タイガース1回戦(阪神甲子園球場)、5回表に安藤優也から右前安打一場靖弘 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ自動車硬式野球部

    トヨタ自動車硬式野球部から見た安藤優也安藤優也

    安藤優也投手(2001年阪神タイガース自由獲得枠)トヨタ自動車硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • アテネオリンピック (2004年)

    アテネオリンピック (2004年)から見た安藤優也安藤優也

    三浦大輔・小林雅英・岩瀬仁紀・黒田博樹・上原浩治・清水直行・石井弘寿・安藤優也・松坂大輔・和田毅・岩隈久志・城島健司・相川亮二・宮本慎也・木村拓也・中村紀洋・小笠原道大・金子誠・藤本敦士・和田一浩・村松有人・谷佳知・高橋由伸・福留孝介(日本、野球)アテネオリンピック (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • 井川慶

    井川慶から見た安藤優也安藤優也

    将棋は初段でチーム内外(今岡誠、古田敦也、吉野誠、広澤克実、桧山進次郎、安藤優也など)で対局、ピッチャーでリーグを作ったり、登板前に気持ちを落ち着かせるためロッカーで詰将棋をしていた。2006年のオフには棋王戦の本戦準決勝(羽生善治-深浦康市)を観戦。番組企画で投了図からのかなりのハンデ戦であるが森内俊之名人に勝利。2007年1月、日本将棋連盟は日本国外での将棋普及のため「将棋親善大使」に任命、初段の免状と委嘱状を贈呈した。井川慶 フレッシュアイペディアより)

  • 大分市

    大分市から見た安藤優也安藤優也

    安藤優也 - プロ野球選手(阪神タイガース)大分市 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ザラテ

    ロバート・ザラテから見た安藤優也安藤優也

    シーズンは、7月24日までにウエスタン・リーグで中継ぎ投手として21試合に登板し、23回を投げて防御率0.00(失点1、自責点0)と好成績を残す。この活躍もあって、7月24日、同じく育成選手の玉置隆と共に支配下選手登録された。背番号は95に決定した。ちなみに、阪神の背番号95を背負う初めての現役選手となった。支配下登録から約2週間後の、8月5日に安藤優也との入れ替わりで、一軍登録される。同日の対広島戦(マツダ)で、7回裏より2番手でプロ初登板。速球は154km/hを記録したものの、四球や自身の失策も絡んで3失点 (自責点2)を喫し、ほろ苦い初登板となった。ロバート・ザラテ フレッシュアイペディアより)

  • 三浦 大輔

    三浦大輔から見た安藤優也安藤優也

    2500投球回数:2009年9月21日、対阪神タイガース22回戦(横浜スタジアム)、2回表2死目に安藤優也を捕邪飛で達成 ※史上44人目三浦大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雅規

    石川雅規から見た安藤優也安藤優也

    初安打:2002年5月6日、対阪神タイガース7回戦(阪神甲子園球場)、3回表に安藤優也から右前安打石川雅規 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野燿大

    矢野燿大から見た安藤優也安藤優也

    は野口が岩田稔や上園啓史ら若手とバッテリーを組み、矢野は主に安藤優也や下柳剛、福原忍らと組む併用でスタート。スタメン出場しなかった試合では終盤に代打で出場し、その後抑えの藤川球児とバッテリーを組むような起用が多く、2年ぶりに規定打席に到達。夏場には藤川、新井貴浩と共に北京五輪代表に招集された。矢野燿大 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た安藤優也安藤優也

    慶應義塾大学野球部で1年時からレギュラー。春季リーグ戦の開幕1試合目から5番・三塁手として出場、ルーキー新記録の3本塁打を放つ。3年時の東京六大学野球1996年春季リーグ戦では打率.512、5本塁打を記録して三冠王を獲得。4年時の1997年には主将に就く。相手が勝負を避けるようになり、2試合で7四球など敬遠も目立つ中、春季リーグ戦ではチームを9季ぶりのリーグ優勝に導く貢献。秋季リーグでは法政大学の安藤優也から田淵幸一の持つ東京六大学リーグ本塁打記録を更新して歴代1位となる通算23本塁打を放つ。リーグ通算102試合出場(4年間全試合フルイニング出場)し366打数119安打、62打点、打率.325。通算219塁打は歴代1位。日米大学野球においても日本代表の4番打者として3試合連続本塁打を打つなど活躍。インターコンチネンタルカップでも大学生ながら日本代表の4番打者として出場し、上原浩治が先発した国際大会151連勝中のキューバとの決勝戦で1回裏に先制点かつ決勝点となる3点本塁打を放ち、その後も2点三塁打を打つなど優勝に貢献。同年に大学を卒業。甘いマスクと走攻守を兼ね揃えた六大学のスターとして高い人気を誇っていた。ちなみに、リーグ戦では1度だけリリーフ投手として登板し無失点で切り抜け、球速149km/hも記録したことがある。当時の慶大監督の後藤寿彦は、「試合の勝敗にはすごくこだわるのに、自分の記録や賞についてはギラギラしていない」と語った。大学の後輩である佐藤友亮は、「後輩に怒ることが全く無く、後輩が叱られていたら庇ってくれる仏様のような人」「彼がいなかったら何人も野球部を辞めていた」とプロ入り後に語っている。また、同期である明治大学の川上憲伸投手とは六大学野球新記録となる本塁打を放つなど大学時代よりライバルであった。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

69件中 41 - 50件表示

「安藤優也」のニューストピックワード