90件中 41 - 50件表示
  • 吉村裕基

    吉村裕基から見た安藤優也安藤優也

    日本シリーズは5戦全てに出場。第1戦、第2戦は代打で結果が出なかったが、10月28日の第3戦で7番指名打者として先発出場すると、2回に藤浪晋太郎から四球を選び先頭で出塁し、今宮健太の犠打で進塁、続く細川亨への7球目が暴投となり、ファウルゾーンを転がる間に二塁から一気に生還した。日本シリーズでの暴投による二塁走者からの一気生還は1999年の日本シリーズの川上憲伸から得点した浜名千広以来15年ぶりとなった。6回にも藤浪から先頭打者安打で出塁すると、二死満塁となった場面で安藤優也が内川聖一を三塁前への打球で詰まらせたが、西岡剛の判断ミスによるフィルダースチョイスが発生し、三塁から生還した。12打数2安打で打率.167だったが以上の2得点が勝利へつながりチームの勝利に貢献した。10月30日、第5戦では同点の3回にランディ・メッセンジャーからショートへの内野安打でヘッドスライディングした際に左手を負傷したことにより、日米野球2014において、11月10日に開催される野球日本代表との強化試合に北海道日本ハム・福岡ソフトバンク連合側で選出されていたが、辞退した。突き指と発表していたが、オフの12月10日のV旅行中に左指を骨折していた事を明かした。吉村裕基 フレッシュアイペディアより)

  • 本多雄一

    本多雄一から見た安藤優也安藤優也

    CSには間に合わず、10月22日のみやざきフェニックスリーグ対千葉ロッテ戦で実戦復帰した。一軍にも復帰し、日本シリーズは全5試合に途中出場した。10月29日第4戦では延長10回同点無死一塁の場面でのバントが捕手・藤井彰人の野手選択を呼び、これにより安藤優也は降板、中村晃のサヨナラスリーランホームランによりチームは日本一へ王手をかけた。10月30日第5戦は途中出場で二塁を守り日本一の瞬間をグラウンドで迎えた。本多雄一 フレッシュアイペディアより)

  • 日本シリーズにおける各種記録

    日本シリーズにおける各種記録から見た安藤優也安藤優也

    安藤優也(阪神タイガース、2005年)日本シリーズにおける各種記録 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た安藤優也安藤優也

    は矢野が右ひじの故障で開幕に間に合わなかったこともあり、初めて開幕スタメン出場をした。その後も実質的に正捕手として投手陣をリードし、打撃でも勝負強さを発揮した。矢野が復帰した後も安藤優也や下柳剛以外の先発投手が登板した試合で捕手を務め、自己最多の127試合に出場し、二桁盗塁、リーグトップの敬遠数を記録した。ちなみに阪神生え抜きの捕手としては、1992年の山田勝彦の114試合、1988年の木戸克彦の121試合を超える出場数を記録した(しかし両者は130試合制での記録である)。同年オフに城島健司が加入したことから、出場機会を増やすため外野手へのコンバート話も一時持ち上がったが、結局この時は捕手を続けることが決まった。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 次は〜新福島!

    次は〜新福島!から見た安藤優也安藤優也

    2017年10月10日(火曜日)には、最終戦および安藤優也の引退セレモニーを21:27まで中継したため、21:28から21:50まで生放送。通常は当番組で21:15頃から放送する「MBSニュース」「お天気のお知らせ」については、当番組の終了後(21:50 - 22:00)に単独番組としてセットで放送した。次は〜新福島! フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・ズレータ

    フリオ・ズレータから見た安藤優也安藤優也

    、小久保裕紀の長期離脱による攻撃力不足を補うために、シーズン途中に福岡ダイエーホークスに入団。「サードを守れる大砲」という触れ込みで入団したものの、送球に難があり三塁手での起用は見送られた。日本での初出場は、6月23日の対日本ハムファイターズ戦(福岡ドーム)で8番・ライトでスタメン出場したが、外野守備走塁コーチの島田誠が「想像を絶する守備のまずさ」と嘆くお粗末な守備を披露。ズレータは「まだシューズが届いていなかった」とスパイクシューズを履かずに外野の守備に就いたせいで思うように動けなかったことを主張したが、それ以降は指名打者に定着。当時スコアラーの金森栄治の打撃指導の下、持ち前のパワーを生かした特大本塁打を多数放ち、「パナマの怪人」と呼ばれる。チームのパシフィック・リーグ優勝・日本一に大きく貢献。日本シリーズ第1戦では阪神タイガースの安藤優也からサヨナラヒット、第2戦では金澤健人からダメ押しの3ランを放っている。フリオ・ズレータ フレッシュアイペディアより)

  • 高崎健太郎

    高崎健太郎から見た安藤優也安藤優也

    初安打・初打点:2007年10月2日、対阪神タイガース24回戦(横浜スタジアム)、2回裏に安藤優也から右前適時打高崎健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 一場靖弘

    一場靖弘から見た安藤優也安藤優也

    初安打:2005年5月13日、対阪神タイガース1回戦(阪神甲子園球場)、5回表に安藤優也から右前安打一場靖弘 フレッシュアイペディアより)

  • 高宮和也

    高宮和也から見た安藤優也安藤優也

    には、春季キャンプ前の1月6日から、背番号を34に変更した。久保康友が国内FA権の行使でDeNAへ移籍したことに伴う補償措置で入団した鶴岡一成捕手が、背番号40を着用することによる。高宮自身は、5月1日にシーズン初の出場選手登録を果たすと、7日の対中日戦(ナゴヤドーム)延長11回表2死から登板。代打に起用された左打者の野本圭を三邪飛に打ち取ると、12回表の打席で梅野隆太郎と交代した。その梅野が2点本塁打を放ったなどことによって、チームは3点リードの末に逃げ切り勝利。高宮にも、一軍公式戦6年振りの白星が付いた。シーズン終盤には、自身と同じ左の中継ぎ要員(加藤康介や筒井和也)が軒並み不振になり、登板の機会が増加。レギュラーシーズン全体では、一軍公式戦22試合の登板で防御率2.89を記録した。さらに、チームのレギュラーシーズン2位で迎えた読売ジャイアンツ(巨人)とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(東京ドーム)では、巨人の左打者・阿部慎之助対策のワンポイントリリーフとして、第1戦から3戦連続で対戦。通算で3打数無安打2三振と抑え込んだことによって、チームの日本シリーズ進出に貢献した。ソフトバンクとの日本シリーズでも、5試合中2試合に救援で登板した。福岡ヤフオク!ドームでの第3戦(10月28日)では、2点ビハインドの6回裏2死1塁から登板したが、対戦した2人の打者を死球と安打で出塁させた末に、1死も取れないまま降板。後を継いだ安藤優也が以上の走者を全て生還させたため、高宮には自責点2が付いた。高宮和也 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の阪神タイガース

    2017年の阪神タイガースから見た安藤優也安藤優也

    石崎がENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ 2017日本代表に選出され、セットアッパーとして優勝に貢献。安藤優也、狩野恵輔、新井良太の3選手が引退した。安藤、新井の2人はファーム育成コーチに就任。掛布雅之が二軍監督の職を離れオーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザーに就任、それに伴い矢野燿大一軍作戦兼バッテリーコーチが二軍監督に就任することが発表された。梅野が第17代選手会長に就任。また、大和がFA宣言しDeNAに移籍した。2017年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

90件中 41 - 50件表示

「安藤優也」のニューストピックワード