90件中 51 - 60件表示
  • 2003年の阪神タイガース

    2003年の阪神タイガースから見た安藤優也安藤優也

    2年目の星野監督の元で断行された「血の入れ替え」によって選手を大きく入れ替えた阪神は、開幕直後から首位を独走し、7月終了時点で2位に17.5ゲーム差の大差を付け、そのまま2位以下を全く寄せ付けず、18年ぶりのセ・リーグ優勝をぶっちぎりで飾った。しかし、日本シリーズでは、王監督率いるダイエーに3勝4敗で敗れ、日本一を逃した。戦力としては、「第三次ダイナマイト打線」と称された金本・矢野・今岡・アリアス・赤星らの野手陣が140試合で728得点と1試合5点以上を獲る得点力を発揮し、投手陣も井川・伊良部ら先発陣、安藤・ウィリアムスらリリーフ陣がともに活躍し、チーム防御率はリーグ1位を誇った。2003年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 岡田彰布

    岡田彰布から見た安藤優也安藤優也

    2003年オフ、星野仙一が健康問題のために監督を勇退したのを受け、後任として一軍監督に就任。球団史上唯一の大阪府出身の監督である。就任時の挨拶は「期待してもらって結構です」。監督初年度のは井川慶ら優勝に貢献した選手の不調に加え伊良部秀輝のセットポジションの欠点、ジョージ・アリアスの好不調の波の激しさ、マイク・キンケードの度重なる死球によるけが、さらにジェロッド・リガンの負傷やその年に開催のアテネオリンピックの野球に出場したジェフ・ウィリアムスと安藤優也の不在による戦力低下が響いて4位に終わった。岡田彰布 フレッシュアイペディアより)

  • 熊代聖人

    熊代聖人から見た安藤優也安藤優也

    初打点:2011年6月12日、対阪神タイガース4回戦(西武ドーム)、2回裏に安藤優也から中前適時打熊代聖人 フレッシュアイペディアより)

  • MBSヨル隊

    MBSヨル隊から見た安藤優也安藤優也

    火曜日における2017年度ナイターオフ編成の初日(2017年10月3日)には、『金村義明のええかげんにせぇ〜!』ではなく、『ありがとうボクらの虎戦士たち』(阪神の掛布雅之二軍監督退任および安藤優也・狩野恵輔の現役引退に関する特別番組)を18:00 - 20:00に生放送。『ええかげんにせぇ〜!』で金村のパートナーを務める井上雅雄(毎日放送のスポーツアナウンサー)・市川いずみが進行役を務めるとともに、『ホームイン』のレギュラーでもあった藪恵壹・亀山つとむ(いずれもMBSラジオ野球解説者)の出演で、同番組のPRを兼ねた金村のコメント音源(事前収録)も放送した。MBSヨル隊 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯貴弘

    佐伯貴弘から見た安藤優也安藤優也

    1000三振:2009年6月26日、対阪神タイガース10回戦(阪神甲子園球場)、5回表に安藤優也から ※史上44人目佐伯貴弘 フレッシュアイペディアより)

  • 帆足和幸

    帆足和幸から見た安藤優也安藤優也

    初安打・初打点:2006年6月10日、対阪神タイガース5回戦(阪神甲子園球場)、4回表に安藤優也から左越2点適時二塁打帆足和幸 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野燿大

    矢野燿大から見た安藤優也安藤優也

    は野口が岩田稔や上園啓史ら若手とバッテリーを組み、矢野は主に安藤優也や下柳剛、福原忍らと組む併用でスタート。スタメン出場しなかった試合では終盤に代打で出場し、その後抑えの藤川球児とバッテリーを組むような起用が多く、2年ぶりに規定打席に到達。夏場には藤川、新井貴浩と共に北京五輪代表に招集された。矢野燿大 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のラジオ (日本)

    2011年のラジオ (日本)から見た安藤優也安藤優也

    THE・安藤優也(MBSラジオ、20:00。出演:安藤優也(阪神タイガース)、井上雅雄)2011年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 法政大学野球部

    法政大学野球部から見た安藤優也安藤優也

    安藤優也 - 投手、大分雄城台高出身法政大学野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た安藤優也安藤優也

    慶應義塾大学野球部で1年時からレギュラー。春季リーグ戦の開幕1試合目から5番・三塁手として出場、ルーキー新記録の3本塁打を放った。3年時の東京六大学野球1996年春季リーグ戦では打率.512、5本塁打を記録して三冠王を獲得。4年時の1997年には主将に就いた。相手が勝負を避けるようになり、2試合で7四球など敬遠も目立つ中、春季リーグ戦ではチームを9季ぶりのリーグ優勝に導くなど貢献する。秋季リーグでは法政大学の安藤優也から本塁打を放ち、田淵幸一の持つ東京六大学リーグ本塁打記録を更新した。リーグ通算102試合出場(4年間全試合フルイニング出場)し、通算打率.325、119安打(当時歴代4位)、23本塁打(歴代1位)、62打点(当時歴代12位)、219塁打(歴代1位)と記録的な成績を残す。日米大学野球においても日本代表の4番打者として3試合連続本塁打を打つなど活躍。インターコンチネンタルカップでも大学生ながら日本代表の4番打者として出場し、上原浩治(大阪体育大学)が先発した国際大会151連勝中のキューバとの決勝戦で1回裏に先制点かつ決勝点となる3点本塁打を放ち、その後も2点三塁打を打つなど優勝に貢献した。同年に大学を卒業し、甘いマスクと走攻守を兼ね揃えた六大学のスターとして高い人気を誇っていた。ちなみに、リーグ戦では1度だけリリーフ投手として登板し無失点で切り抜け、球速149km/hを記録したことがある。当時慶大の後藤寿彦監督は高橋のことを「試合の勝敗にはすごくこだわるのに、自分の記録や賞についてはギラギラしていない」と語った。高橋の大学の3学年後輩である佐藤友亮は、「後輩に怒ることが全く無く、後輩が叱られていたら庇ってくれる仏様のような人」「彼がいなかったら何人も野球部を辞めていた」とプロ入り後に語っている。また、高橋と同期である明治大学の川上憲伸とは六大学野球新記録となる本塁打を放つなど大学時代よりライバルであった。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

90件中 51 - 60件表示

「安藤優也」のニューストピックワード