90件中 61 - 70件表示
  • 島本浩也

    島本浩也から見た安藤優也安藤優也

    投手としては足が速いことから、2015年9月12日の対広島戦では、同点で迎えた12回裏2死でマウロ・ゴメスの代走を務めた。この回には、2死無走者から5番打者のゴメスが単打で出塁したため、当時の一軍監督・和田豊が6番に入れていた投手・安藤優也の代打に田上健一を起用。この起用によってベンチ登録の野手を使い切ったことから、救援要員として待機していた島本を、田上への2球目に入る直前で代走に送った。結局、田上が三塁へのゴロを放ったため、一塁走者の島本は二塁でフォースアウト。試合は2-2の引き分けに終わった。なお、阪神に在籍した投手では、嶋田哲也(1996年)と西村憲(2011年)が島本と同じ状況で一軍公式戦の代走に起用されている。島本浩也 フレッシュアイペディアより)

  • 岩崎優

    岩崎優から見た安藤優也安藤優也

    には、春季キャンプを二軍選手主体の安芸組で迎えた。しかし、実戦登板で無失点を続けたことから、オープン戦の序盤から一軍で登板を重ねた。公式戦の開幕こそ二軍で迎えたが、4月2日の対中日戦(京セラドーム大阪)に先発投手として一軍デビューを果たすと、5回無失点という内容で一軍初勝利を挙げた。一軍公式戦での初登板で初勝利を挙げた阪神の新人投手は通算8人目で、の小嶋達也以来7年振りであった。5月7日のの中日戦(ナゴヤドーム)では、同期入団で同い年の梅野隆太郎とバッテリーを組んで先発。阪神ではの安藤優也 - 浅井良以来12年振りに、新人同士のバッテリーで一軍の公式戦に臨んだ。7月5日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)では、梅野とのバッテリーで3勝目を記録。阪神の一軍公式戦では、1983年の御子柴進 - 木戸克彦以来31年振りの新人バッテリーによる勝利でもあった。7月後半から約1ヶ月間の二軍調整を経験したが、一軍では先発一本で5勝4敗、防御率3.50を記録。阪神にドラフト6位以下の順位で入団した新人投手が、一軍で5勝を挙げたのは球団史上初めてであった。チームがシーズン3位で臨んだポストシーズンでは登板の機会がなかったものの、シーズン終了後の11月11日に甲子園で開かれた「日本プロ野球80周年記念試合」では、阪神・巨人連合チームの3番手投手として登板(1回2失点で敗戦投手)。同月21日には、推定年俸1,500万円(前年から840万円増)という条件で契約を更改した。岩崎優 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎剛

    石崎剛から見た安藤優也安藤優也

    には、春季キャンプを、主力選手中心の宜野座・一軍キャンプでスタート。オープン戦の中盤までは先発要員として調整していたが、勝ちパターンでの登板を視野に、救援要員として開幕一軍登録を果たした。3月29日には、中日ドラゴンズとの開幕カード第3戦(京セラドーム大阪)で、5番手投手として一軍デビュー。セットアッパーの安藤優也が右肩の違和感で戦線を離れていた4月4日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(東京ドーム)では、安藤の代役としての起用を想定した首脳陣の判断で、1点ビハインドの6回裏1死満塁から登板した。しかし、2つの押し出し四球と2点適時打で失点を重ねた結果、チームは巨人戦通算1,000敗を喫した。4月20日に出場選手登録を抹消されてからは、先発投手としての二軍調整を経て、5月26日に救援要員として一軍に復帰した。5月30日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武プリンスドーム)では、中村剛也の2点本塁打などで4点を失った先発・横山に代わって、3回裏の途中から登板。ところが、4回裏2死満塁で中村に2打席連続本塁打を浴びるほど乱調だったため、翌31日に再び登録を抹消された。この抹消以降は、2度にわたって一軍と二軍を往復。一軍公式戦では、オール救援で通算8試合に登板するとともに、防御率7.15ながら1ホールドを記録した。また、ウエスタン・リーグ公式戦では29試合に登板。10セーブを挙げてリーグ最多セーブ賞を獲得したが、シーズン終了後の契約交渉では、推定年俸1,180万円(20万円減)で契約を更改した。石崎剛 フレッシュアイペディアより)

  • 堂林翔太

    堂林翔太から見た安藤優也安藤優也

    初打点:2012年4月12日、対阪神タイガース3回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、2回裏に安藤優也から左前適時打堂林翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 真砂勇介

    真砂勇介から見た安藤優也安藤優也

    ''には、オープン戦途中の3月からプロ入り後初めて一軍へ合流。3月4日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)7回表の打席では、安藤優也からの適時二塁打によって、一軍の対外試合における初安打・初打点を記録した。しかし、翌5日に二軍へ戻ると、一軍復帰を果たせないままシーズンを終えた。ウエスタン・リーグ公式戦には、通算で89試合に出場。打率.232、3本塁打、20打点、8盗塁を記録した。真砂勇介 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野誠

    吉野誠から見た安藤優也安藤優也

    翌2003年4月13日の読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)でプロ初勝利を挙げた。これ以降安藤優也、ジェフ・ウィリアムスとともに中継ぎでフル回転し、チーム最多の56試合に登板し、チームを18年ぶりのリーグ優勝に貢献した。この年の福岡ダイエーホークスとの日本シリーズでは7試合中6試合に登板。全ての試合で無失点に抑える活躍を見せ、第3戦では勝利投手になった。日本シリーズでの好投を見て、監督の星野仙一はインタビューで「何より吉野が素晴らしい!」と絶賛。吉野誠 フレッシュアイペディアより)

  • JFK (阪神タイガース)

    JFK (阪神タイガース)から見た安藤優也安藤優也

    このことは、2006年までは井川慶や安藤優也、福原忍と比較的完投能力のある先発が揃っていたため、特に大きな問題にはならなかったが、この年オフに井川がニューヨーク・ヤンキースに移籍、さらに2007年の開幕前に安藤と福原が共に故障したことで、チームはシーズンのスタートから深刻な先発不足に陥った。JFK (阪神タイガース) フレッシュアイペディアより)

  • 下柳剛

    下柳剛から見た安藤優也安藤優也

    は先発ローテーション候補の福原忍や安藤優也らが出遅れたこともあって、1リーグ制時代を含めても球団史上2位、2リーグ制になってからは球団史上最年長となる38歳10か月での開幕投手となり、6回2失点で敗戦投手となったものの黒田からチーム初安打を放つなど投打に渡り執念を見せた。7月6日通算100勝目を達成した。最終的には規定投球回数に到達せず防御率も4点台ながら、先発投手陣が崩壊したチームの中で唯一シーズン通して先発ローテーションを守り、チーム最多の10勝を挙げた。オフの11月7日に契約交渉を行ったが決裂し、翌日2度目のFA権行使をする意向を表明、11月13日付で公示された。メジャー数球団からもオファーがあったが、結局1月22日に正式に阪神と契約合意に達し、前回のFA宣言時と同じく阪神に残留した。下柳剛 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ自動車硬式野球部

    トヨタ自動車硬式野球部から見た安藤優也安藤優也

    安藤優也(投手) - 自由獲得枠で阪神タイガースに入団トヨタ自動車硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 湯浅明彦

    湯浅明彦から見た安藤優也安藤優也

    熱血!!タイガース党で安藤優也と一緒にロケに行った際に、安藤の好きな曲である長渕剛の『西新宿の親父の唄』を二人でカラオケで熱唱したことがある。湯浅明彦 フレッシュアイペディアより)

90件中 61 - 70件表示

「安藤優也」のニューストピックワード