1 2 3 4 5 6 7 次へ
69件中 61 - 69件表示
  • 岡田彰布

    岡田彰布から見た安藤優也安藤優也

    2003年オフ、星野仙一が健康問題のため監督勇退したのを受け、後任として一軍監督に就任。大阪人として史上初の阪神監督に就任。また2013年現在も唯一の大阪府出身の監督である。就任時の挨拶は「期待してもらって結構です」。監督初年度のは井川慶ら優勝に貢献した選手の不調に加え伊良部秀輝のセットポジションの欠点、ジョージ・アリアスの好不調の波の激しさ・マイク・キンケードの度重なる死球によるけが、さらにジェロッド・リガンの負傷やその年に開催のアテネオリンピックの野球に出場したジェフ・ウィリアムスと安藤優也の不在による戦力低下が響いて4位に終わった。岡田彰布 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯貴弘

    佐伯貴弘から見た安藤優也安藤優也

    1000三振:2009年6月26日、対阪神タイガース10回戦(阪神甲子園球場)、5回表に安藤優也から ※史上44人目佐伯貴弘 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のラジオ (日本)

    2011年のラジオ (日本)から見た安藤優也安藤優也

    THE・安藤優也(MBSラジオ、20:00。出演:安藤優也(阪神タイガース)、井上雅雄)2011年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 東出輝裕

    東出輝裕から見た安藤優也安藤優也

    チーム事情から一時期ショートを守ったが、オリックスから菊地原毅とのトレードで移籍してきた山崎浩司がショート、木村拓也がセカンドに定着。自身はセカンドや外野の守備固めなどで出場した。7月17日の阪神戦(阪神甲子園球場)では、好投を続けていた安藤優也から延長10回決勝本塁打を放った。東出輝裕 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た安藤優也安藤優也

    初打点:2009年5月28日、対阪神タイガース2回戦(阪神甲子園球場)、2回表に安藤優也から左越適時二塁打涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 清原和博

    清原和博から見た安藤優也安藤優也

    は前年オフに松井移籍数日後、燦々会の会合で原辰徳監督に早々と4番に指名され、故障に悩まされ続けながらも打率.290、26本塁打を記録。5月18日の対阪神戦で下柳剛と安藤優也から本塁打を放ち門田博光を抜いて本塁打を打った投手が185人でトップに立ったりして記録を作ったが、シーズン後半にはロベルト・ペタジーニが4番を打つことが多くなり、(ただ、ペタジーニも規定打席不足)清原は主に5番を打ち114試合、341打数と評価の分かれるシーズンとなる。なお7月5日PLの2年後輩で中日の立浪和義が先輩清原に先んじて通算2000本安打をドームの巨人戦で達成、その際一塁守備に就いていた清原が花束贈呈し、祝福。清原和博 フレッシュアイペディアより)

  • トニ・ブランコ

    トニ・ブランコから見た安藤優也安藤優也

    、前年に退団したタイロン・ウッズの穴埋め候補として中日ドラゴンズへ入団。4月3日の横浜との開幕戦、初打席で三浦大輔からバックスクリーン中段に飛び込むソロ本塁打を放ち、初安打・初打点・初本塁打を記録。5月7日の対広島戦では前田健太からナゴヤドームの高さ50mの位置にある天井スピーカーに直撃する推定飛距離160mの大飛球を放ち、ナゴヤドーム初の認定本塁打を記録。交流戦では、日本生命賞(セ・リーグ優秀選手賞)を受賞。7月1日の対阪神戦(ナゴヤドーム)で、6回裏に福原忍から3点本塁打を放ち、アーロン・ガイエル(ヤクルト)に次ぐ外国人史上2人目の、1年目でセ・パ11球団に対し本塁打を放つなど、球宴休みまでに打率.295、28本塁打の成績を挙げていた。しかしシーズン終盤には徹底的なマークに苦しめられた。9月8日の対阪神戦で安藤優也から36号本塁打を放って以降、26日の同じく対阪神戦で下柳剛から37号本塁打を放つまで実に66打席を費やすほど警戒された。来日1年目から全試合で4番に座り、39本塁打・110打点で本塁打王、打点王の二冠を獲得する大活躍を見せた。シーズン終了後に2011年までの2年契約を結ぶ。トニ・ブランコ フレッシュアイペディアより)

  • ブラッド・エルドレッド

    ブラッド・エルドレッドから見た安藤優也安藤優也

    初本塁打:2012年8月4日、対阪神タイガース12回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、2回裏に安藤優也から※次の打席でも本塁打ブラッド・エルドレッド フレッシュアイペディアより)

  • 川尻哲郎

    川尻哲郎から見た安藤優也安藤優也

    翌2001年は3月30日の読売ジャイアンツとの開幕戦で3対12と大敗していたため、6番手として調整のためにマウンドに上がるも清水隆行に満塁本塁打を浴びた。結果的に巨人に1994年のダイエーに並ぶ開幕戦最多得点記録(17点)を献上した。その後も不振で、1勝6敗、防御率は6.38の成績に終わった。しかし、同年オフの契約更改の席でこれまでの実績を盾に年俸のアップを要求、認められない場合はポスティングシステムでのメジャー移籍を要求。球団、ファンの両方から大いに反発を買う。この騒動は新監督の星野仙一の仲裁で収まるが、その後、星野監督時代の2002年は故障で出遅れてしまい一軍での初登板が7月4日だったものの、藤川球児、安藤優也、藤田太陽といったローテの谷間の中では、5勝4敗、防御率3.02と一番の成績を残した。メジャー行きは断ったものの、新庄剛志ら知己からメジャーの情報は細かく聞き出しており、球界再編時はメジャー行きも視野に入れていたという。優勝を決めた2003年9月15日には、ケガのため二軍調整中だった藪、濱中治らが「これまでの功労者」として一軍帯同・胴上げ参加を認められたが、その年一軍登板の少なかった川尻は、胴上げ参加を「俺の行く所じゃない」と拒否した。同年の日本シリーズにも登板機会は無かった。2003年オフにはチームが優勝に沸く中で前川勝彦との交換トレードで近鉄に移籍。川尻哲郎 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
69件中 61 - 69件表示

「安藤優也」のニューストピックワード