66件中 21 - 30件表示
  • 安藤優也

    安藤優也から見た軟式野球

    卒業後は地元の大分銀行に就職して軟式野球に転向する予定だったが、のちに夫人となる大学の同級生の勧めもあり「23本目を打たれた投手と言われ続けるのは嫌だ」と、内定を辞退して社会人野球のトヨタ自動車に入社。なお、大分銀行には後にプロ入りの際の契約金を全額預金することで“恩返し”をした。トヨタ時代は最速150 km/hの速球を投げる本格派右腕として頭角を現し第71回都市対抗野球大会、第72回都市対抗野球大会に2年連続出場し、のIBAFワールドカップ日本代表にも選出された。同年秋のドラフト会議において大学の後輩でバッテリーを組んでいた浅井良と共に自由獲得枠で阪神タイガースに入団。安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優也

    安藤優也から見たオープン戦

    は春季キャンプからハイペースで調整を続けオープン戦でも好調を維持し、3月28日の対横浜戦で自身初の開幕投手を務め5回2失点で勝利投手となった。この年の援護率5.79は両リーグ最上位と打線の援護にも恵まれ、同年はシーズンを通して先発の柱として活躍、チーム最多で自己新記録となる13勝を挙げた。10月8日の読売ジャイアンツとの同率首位の直接対決(東京ドーム)に先発するも、先制を許し4回2失点で敗戦投手となった。安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優也

    安藤優也から見た大分市

    大分県大分市出身。小・中学校の後輩に鉄平がいる。大分雄城台高校時代は県大会ベスト8が最高成績で、比較的無名の存在だった。法政大学に進学後は2年時に慶應義塾大学の高橋由伸にそれまで田淵幸一が持っていた東京六大学リーグ通算本塁打記録を破る23本目の本塁打を打たれ、右肩の故障などもあって大学通算7勝4敗の成績だった。安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優也

    安藤優也から見た埼玉西武ライオンズ

    は右肩の故障の影響もあってオープン戦・公式戦ともに2軍スタートとなった。2軍戦での好投が認められて、1軍昇格後の6月12日の対埼玉西武ライオンズ戦で先発登板するものの、球威不足やボークが絡み、2イニング持たずに3失点でノックアウトされ、1軍登録を抹消となる。結局、1軍登板はこの1試合のみであり、プロ入り初の勝ち星なしで終わった。安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優也

    安藤優也から見た開幕投手

    は春季キャンプからハイペースで調整を続けオープン戦でも好調を維持し、3月28日の対横浜戦で自身初の開幕投手を務め5回2失点で勝利投手となった。この年の援護率5.79は両リーグ最上位と打線の援護にも恵まれ、同年はシーズンを通して先発の柱として活躍、チーム最多で自己新記録となる13勝を挙げた。10月8日の読売ジャイアンツとの同率首位の直接対決(東京ドーム)に先発するも、先制を許し4回2失点で敗戦投手となった。安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優也

    安藤優也から見たトヨタ自動車硬式野球部

    卒業後は地元の大分銀行に就職して軟式野球に転向する予定だったが、のちに夫人となる大学の同級生の勧めもあり「23本目を打たれた投手と言われ続けるのは嫌だ」と、内定を辞退して社会人野球のトヨタ自動車に入社。なお、大分銀行には後にプロ入りの際の契約金を全額預金することで“恩返し”をした。トヨタ時代は最速150 km/hの速球を投げる本格派右腕として頭角を現し第71回都市対抗野球大会、第72回都市対抗野球大会に2年連続出場し、のIBAFワールドカップ日本代表にも選出された。同年秋のドラフト会議において大学の後輩でバッテリーを組んでいた浅井良と共に自由獲得枠で阪神タイガースに入団。安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優也

    安藤優也から見た慶應義塾大学

    大分県大分市出身。小・中学校の後輩に鉄平がいる。大分雄城台高校時代は県大会ベスト8が最高成績で、比較的無名の存在だった。法政大学に進学後は2年時に慶應義塾大学の高橋由伸にそれまで田淵幸一が持っていた東京六大学リーグ通算本塁打記録を破る23本目の本塁打を打たれ、右肩の故障などもあって大学通算7勝4敗の成績だった。安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優也

    安藤優也から見た阪神タイガース

    安藤 優也(あんどう ゆうや、1977年12月27日 - )は阪神タイガースに所属するプロ野球選手(投手)。背番号は16。安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優也

    安藤優也から見た中日ドラゴンズ

    初勝利・初先発勝利:2002年4月29日、対中日ドラゴンズ4回戦(阪神甲子園球場)、7回3失点安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優也

    安藤優也から見たIBAFワールドカップ

    卒業後は地元の大分銀行に就職して軟式野球に転向する予定だったが、のちに夫人となる大学の同級生の勧めもあり「23本目を打たれた投手と言われ続けるのは嫌だ」と、内定を辞退して社会人野球のトヨタ自動車に入社。なお、大分銀行には後にプロ入りの際の契約金を全額預金することで“恩返し”をした。トヨタ時代は最速150 km/hの速球を投げる本格派右腕として頭角を現し第71回都市対抗野球大会、第72回都市対抗野球大会に2年連続出場し、のIBAFワールドカップ日本代表にも選出された。同年秋のドラフト会議において大学の後輩でバッテリーを組んでいた浅井良と共に自由獲得枠で阪神タイガースに入団。安藤優也 フレッシュアイペディアより)

66件中 21 - 30件表示

「安藤優也」のニューストピックワード