75件中 31 - 40件表示
  • 安藤優也

    安藤優也から見たトヨタ自動車硬式野球部

    卒業後は地元の大分銀行に就職して軟式野球に転向する予定だったが、のちに夫人となる大学の同級生の勧めもあり「23本目を打たれた投手と言われ続けるのは嫌だ」と、内定を辞退して社会人野球のトヨタ自動車に入社。なお、大分銀行には後にプロ入りの際の契約金を全額預金することで“恩返し”をした。トヨタ時代は最速150 km/hの速球を投げる本格派右腕として頭角を現し第71回都市対抗野球大会、第72回都市対抗野球大会に2年連続出場し、のIBAFワールドカップ日本代表にも選出された。同年秋のドラフト会議において大学の後輩でバッテリーを組んでいた浅井良と共に自由獲得枠で阪神タイガースに入団。安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優也

    安藤優也から見たIBAFワールドカップ

    卒業後は地元の大分銀行に就職して軟式野球に転向する予定だったが、のちに夫人となる大学の同級生の勧めもあり「23本目を打たれた投手と言われ続けるのは嫌だ」と、内定を辞退して社会人野球のトヨタ自動車に入社。なお、大分銀行には後にプロ入りの際の契約金を全額預金することで“恩返し”をした。トヨタ時代は最速150 km/hの速球を投げる本格派右腕として頭角を現し第71回都市対抗野球大会、第72回都市対抗野球大会に2年連続出場し、のIBAFワールドカップ日本代表にも選出された。同年秋のドラフト会議において大学の後輩でバッテリーを組んでいた浅井良と共に自由獲得枠で阪神タイガースに入団。安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優也

    安藤優也から見たNPB

    阪神球団では、一軍の2017年レギュラーシーズン最終戦に当たる甲子園球場での中日戦を、安藤の「引退試合」として10月10日に開催。安藤は、この試合の8回表に現役最後のマウンドへ臨んだが、最初に対戦した石川駿から一軍公式戦初本塁打を浴びた。次に対戦した代打の野本圭にも三遊間に痛烈なゴロを打たれたものの、試合前に現役引退を表明したばかりの三塁手・新井良太のダイビングキャッチ(記録は三塁へのゴロ)によって、この年唯一の一軍公式戦登板を終えた。試合終了後に催された引退セレモニーでは、「大した能力もなく大した選手ではなかったが、阪神で能力を出し切った。現役生活にほぼ悔いはない」と述懐しつつも、「日本シリーズに3度出場しながら、1度も日本一(日本シリーズ)を達成できなかったことだけが心残り」と告白。そのうえで、4日後(10月14日)からクライマックスシリーズに臨む阪神ナインを念頭に、「『日本一』という名誉や目標を、今ここにいるチームメートや、鳴尾浜で一軍を目指して必死に頑張っている後輩に託してユニホームを脱ぎたい」と語った。その後でナインから胴上げされると、新井と一緒に甲子園の場内を一周することで、阪神一筋の現役生活を締めくくった。10月26日付で、新井と共に、NPBから任意引退選手として公示。安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優也

    安藤優也から見た広島東洋カープ

    1000投球回:2014年5月13日、対広島東洋カープ7回戦(どらやきドラマチックパーク米子市民球場)、9回裏に廣瀬純を一邪飛に打ち取って達成 ※史上339人目安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優也

    安藤優也から見た福岡ソフトバンクホークス

    ''には、再び中継ぎに転向。6月2日の交流戦対福岡ソフトバンクホークス戦で9年ぶりのセーブを挙げた。開幕から公式戦で12試合連続無失点を記録するなど、58試合に登板し23ホールドを挙げた。その結果、シーズン終了後には、推定年俸7,500万円(2,500万円増)で契約を更改した。安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優也

    安藤優也から見た阪神甲子園球場

    初勝利・初先発勝利:2002年4月14日対横浜ベイスターズ6回戦(阪神甲子園球場)、8回無失点安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優也

    安藤優也から見た大分銀行

    卒業後は地元の大分銀行に就職して軟式野球に転向する予定だったが、のちに夫人となる大学の同級生の勧めもあり「23本目を打たれた投手と言われ続けるのは嫌だ」と、内定を辞退して社会人野球のトヨタ自動車に入社。なお、大分銀行には後にプロ入りの際の契約金を全額預金することで“恩返し”をした。トヨタ時代は最速150 km/hの速球を投げる本格派右腕として頭角を現し第71回都市対抗野球大会、第72回都市対抗野球大会に2年連続出場し、のIBAFワールドカップ日本代表にも選出された。同年秋のドラフト会議において大学の後輩でバッテリーを組んでいた浅井良と共に自由獲得枠で阪神タイガースに入団。安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優也

    安藤優也から見た横浜スタジアム

    初完封勝利:2006年9月3日、対横浜ベイスターズ20回戦(横浜スタジアム安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優也

    安藤優也から見た横浜DeNAベイスターズ

    ''は4月14日の対横浜ベイスターズ戦でプロ初勝利を挙げるが、その後は打ち込まれるケースが多く3勝に終わった。安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優也

    安藤優也から見たリリーフ

    ''には、中継ぎに転向。この年に阪神へ移籍してきた伊良部秀輝のアドバイスもあって、一軍公式戦51試合の登板で、1点台の防御率を記録した。シーズン中盤からクローザーに定着したジェフ・ウィリアムスとの「勝利の方程式」でチームの18年振りセントラル・リーグ優勝に貢献したため、シーズン終了後には、推定年俸4,100万円(2,600万円増)で契約を更改した。安藤優也 フレッシュアイペディアより)

75件中 31 - 40件表示

「安藤優也」のニューストピックワード